「むーざーい!むーざーい!」傍聴席からまさかの“コール”

〈その(4)2004年9月3日 罪名:建造物損壊 被告人:書店店員の男性(25)〉

起訴されたのは、東京都内の公園のトイレにペンキで落書きしたという内容。

第一審では懲役1年2月執行猶予3年という判決が言い渡された事件で、被告人は納得いかないと控訴しての判決公判。傍聴席はほぼ満席で、座っているのは被告人の支援者。きっと逆転無罪の判決を期待していたのでしょう。

裁判官「主文……本件控訴を棄却する」

と主文を述べると「ん?」「え?」という戸惑ってる小声が傍聴席から漏れました。控訴審判決は「有罪」とか「無罪」とは言わないのでピンと来ないんですよね。裁判官が判決理由を述べ終えると、誰が音頭を取ったのか

傍聴席「む~……ざーい。むーざい」

とコンサートでの「アンコール、アンコール」のリズムで手拍子付きで合唱が始まったのです。もちろん傍聴席は私語禁止。

裁判官「傍聴席は静かにして下さい! 退廷して下さい!!」

傍聴席「む~ざーい!む~ざーい!」

すると30秒程で警備員7人が法廷にやって来て、傍聴席にしがみつきながら「無罪! 無罪!」と不規則発言を止めない傍聴人を1人ずつ取り押さえるという珍しいスタイルで閉廷となりました。被告人じゃなく傍聴人の不規則発言というレアケースです。

仮に不満があったとしても、ルールに則って裁かれたいものですね。

オリジナルサイトで読む