『新九郎、奔る!』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)
『新九郎、奔る!』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)
戦国大名の先駆け、伊勢新九郎の物語!
織田信長、豊臣秀吉、徳川家康……かの有名な武将たちが活躍する少し前、戦乱の世のはじまりを生き抜き、切り開いた男がいた。
その名を伊勢新九郎。後の「北条早雲」として有名な彼は、いかにして戦国大名となったのか。彼はそもそも何者だったのか。「下剋上」のイメージを覆す全く新しい伊勢新九郎像が、軽妙かつ大胆に描かれる!
「応仁の乱」が長引くなか、戦により人々の困窮は重なり、さらに感染症の大流行――。戦国の足音迫る「室町後期」とは、どんな時代だったのか。
究極超人あ~る』『機動警察パトレイバー』のゆうきまさみが描く、本格室町大河コミックの第7巻第41話をお届けする。
>>『新九郎、奔る!』単行本
『新九郎、奔る!』©ゆうきまさみ/小学館
『新九郎、奔る!』©ゆうきまさみ/小学館
『新九郎、奔る!』©ゆうきまさみ/小学館
『新九郎、奔る!』©ゆうきまさみ/小学館
『新九郎、奔る!』©ゆうきまさみ/小学館
『新九郎、奔る!』©ゆうきまさみ/小学館
©ゆうきまさみ/小学館