《ついに関東上陸へ》誕生から半世紀…“九州のソウルフード”「ブラックモンブラン」って何?(荒井 健治) 4万8000個以上食べてきたアイスクリームマニアに聞いてみた

九州のご当地アイス「ブラックモンブラン」を製造・発売する竹下製菓が、埼玉県・幸手のアイス製造会社を買収したというニュースが流れた昨年10月。「いよいよ関東進出!」と、熱狂的なファンからSNS上をはじめとして大きな反響が巻き起こった。

それから初めての夏を迎えようとする今……。この「ブラックモンブラン」とは何なのか。そして、どうしてここまで愛されるのか。これまで4万8000個以上のアイスクリームを食べてきたアイスクリームマニアのシズリーナ荒井(本名:荒井健治)氏に聞いた。

◆◆◆

人口およそ4万5000人。羊羹の購入量が日本一を誇る「お菓子どころ」の佐賀県小城市には、今年で販売されて52年の「ご当地アイス」を作り続けている竹下製菓がある。その名も「ブラックモンブラン」。バニラアイス・チョコ・クランチの絶妙なバランスが人気を呼び、九州を中心に販売累計数はおよそ10億本。夏場で1日20万本以上、冬は9万本~10万本が製造されている。

このブラックモンブラン、実は「食べたことがある人」は全国的には決して多くない。2021年5月に自身のSNSを活用して実施した「“ブラックモンブラン”を食べたことがありますか?」という、アイスクリームを毎日1個は必ず食べている3000人(20歳~40歳、男女比4対6)を対象にしたアンケート調査でも、

「ブラックモンブラン」を知っているが食べたことがない人 92.6%

「ブラックモンブラン」を知っていて食べたこともある人 7.4%

という結果が出た。毎日アイスを食べている人たちでもこの結果である。

しかし、同時に食べたことがある方へインタビューしてみると、「急に食べたくなるアイス」「食感がいい」「子供の頃から食べていた味」「家の中や車の中で食べたら怒られる」などなど、各々の思い出を交えながら、誰もが笑顔で応えていた。まさに、一度食べたらその良さが分かる、子供から大人まで長年親しまれるアイスクリーム。それが「ブラックモンブラン」だ。

ザクザク食感へのこだわり

「ブラックモンブラン」の特徴をひと言で表せば、こだわりのバニラアイスをチョコレートとザクザク食感のクランチでコーティングしていることだ。とりわけ、ポイントはそのコーティング。2018年にはザクザク食感のナッツの塩気が特徴のクランチをリニューアルし、製造過程でより多くかかるように工夫された。

また、保存状況にもこだわりがある。工場で製造されたブラックモンブランはマイナス30度以下の倉庫に丸一日入れられ、クランチのザクザク食感が損なわれないように製造から3日以内で店頭に並ぶようにされているのだ。ちなみに、森永製菓のチョコモナカジャンボは製造から5日以内出荷のところ、竹下製菓はわずか3日以内で出荷してしまう……。