写真を撮らせてもらうのではないパターンは?

2.アシスタントの練習台

美容師は「スタイリスト(一人前)」と「アシスタント(見習い)」にランク分けされます。アシスタントの間は沢山練習が必要なため、練習させてもらえるモデルを探し続けています。

街で声をかけられた場合、多くは「人の頭で練習したいから、やらせてください」というオファーです。これには、先輩に教えてもらう「授業」形式と、個人の責任でやる「自主練」形式とあります。

「授業」形式

カラーやカット等、先輩美容師が監修しながら覚えたての技術を実践する形です。

「自主練」形式

覚えた技術を駆使する、実践形式の練習です。材料費程度のお金をいただきながら、ある程度の経験値を得たアシスタントが、自分の力でヘアスタイルを作ります。

モデルは格安でカット等をしてもらえる反面、まだ練習中のためオーダー通りにいかず、多少の失敗をする可能性もあります。また営業時間外に行うことが多いため、モデルには夜遅い時間や、朝早い時間に美容室にお越しいただくことが多いです。