弱肉強食の世界

そんな弱味を、弱肉強食の世界に生きるヤクザたちが見逃すわけがなかった。ライオンが真っ先に狙うのは、怪我をしている鹿だ。弱体化した安藤組はヤクザたちの集中砲火を浴びる。

〈社長さえいれば……(安藤組では組長の安藤を社長と呼んだ)〉

花形は何度もそう思ったのではないか。社会現象にもなった安藤組という組織は、それだけ安藤昇というたった一人の男に依存していたのである。

昭和38年9月27日。安藤組の組員が町井一家の人間をめった斬りにした事件の報復が、組長代行の花形に向けられた。待ち伏せていた町井一家組員のドスが、川崎市の路上で花形のはらわたをえぐった。享年33歳。強いものほど殺される。その定理がまた一つ証明されたのである。

伝説というものは多かれ少なかれ脚色されている場合が多い。とくに裏社会のことは、いい加減な伝承が大手を振ってまかり通っている。マスコミから黙殺されるジャンルであり、確かめようとする人間もいないから、どうしたって話が大げさになるのかもしれない。

伝説になる価値のあった“強さ”

戦後の東京にはこういった裏社会の伝説がたくさんあった。個々の事例をあげつらうのは避けるが、それら伝説のほとんどは贋作だ。花形に関しても、美化された部分があることは否定しない。たとえば加納貢は花形を、

「軍曹だったが、大将ではなかった」

そう短い言葉で評する。花形には人の上に立つ器量がなかったということだろう。

だが、彼の素手ゴロが神がかり的だったのは本当の話だし、ヤクザたちにとって恐怖の存在であったことも事実である。

彼の強さはまさに伝説になる価値がある。花形に関してはそう保証する。

だいいち、どれだけマイナスポイントがあっても関係などない。強い男はそれだけで充分魅力的じゃないか。

【続きを読む】腹を刺す、耳を削ぎ落とす、腕は根元から切断する…呉で最も恐れられたヤクザの“狂気”に満ちた生涯

腹を刺す、耳を削ぎ落とす、腕は根元から切断する…呉で最も恐れられたヤクザの“狂気”に満ちた生涯 へ続く

オリジナルサイトで読む