「馬鹿なのかな?」下っ端から順番にウェブ会議にログインしてエライ人を“お迎え”(山本 一郎) どうしようもないお作法をデジタルに導入した結果……

みなさん、「DX」の時代ですよ!

最初に見たときはマツコ・デラックスのことかと思いましたが、正確には「デジタルトランス・フォーメーション」の略でありまして、要するに「お前らちゃんとネット使って仕事しろよ」という話であります。

「Zoom飲み会」は残業代を請求しましょう

そういえば、コロナ禍が酷くなるに応じて偉い会社さんほどリアル対面をしないで会議を進める「ウェブ会議」に移行し、やれZoomだGoogle MeetsだマイクロソフトTeamsだFacebookメッセンジャーだとワイワイやっておりました。高齢者キラーでもあるコロナから逃れてデジタル化を進めたいと思っているのは、会社のお偉いさんがみんな高齢者だからなんでしょうか。使われているソフト、みんな外資系のもんばっかりやがな。

さらには、家にずっといて寂しい上司や取引先の偉い人が「Zoom飲み会」なるものを企画して、オンラインなのに飲みニケーション促進とかいう意味不明の企業文化まで勃発。頭おかしいと思うんですよね。何で自宅でネットに繋がってるのに、お前の顔を肴に酒を飲まなければならんのだ。

あのね、Zoom飲み会、悪いけど全然面白くねえんだよ。好きで喋ってる友人とのZoom飲み会も微妙な雰囲気になるのに、なんで気を遣う宴会まで自宅でしなければいけないのでしょうか。独身者ならともかく、妻帯者が妻や子どもを放ってパソコンの前で酒を飲んで上司や取引先と馬鹿話をするの、変な空気になることぐらい分からんのかと。強制参加させられる系のZoom飲み会は残業代を請求しましょう。

 

印鑑は全廃してくれ

オンラインで終わらせられる仕事はオンラインでパパッとし上げて終わらせる、というのは実に良い働き方ですし、残業という概念もなく、自宅で設備さえ整っていれば快適に業務がこなせるという点では、デスクワークや創造性を発揮する仕事にはもってこいのビジネス環境になりつつあります。これらをひっくるめて「DX」と言うわけなんですが、でも契約文書を作るために出社したり訪問したりする必要があるのが難点です。いまだに、企業の印鑑証明取ってきて契約書製本して捺印しなきゃいけないんですよ。そのためだけに、ちんたら電車に乗って会社まで行くことが何度あったか。これのどこがDXなのかと悩みます。