創業時からテレワーク環境の強化に取り組んでいるITコンサルティング企業、アベニール・ジャパン。テレワーク下で生じるさまざまな問題には、最新のテクノロジーを活用して対応するのが同社の方針だ。今回、子育て中テレワーカーの課題や悩みを解決するために活用したのは、富士通の最新ノートパソコン「LIFEBOOK U9310/E」だった。

テレワークのセキュリティ課題は最新テクノロジーを活用

ワークライフバランスの実現や地域活性化などに役立ち、働き方改革の切り札ともいわれる「テレワーク」。ここにきて新型コロナウイルスの脅威から急速に普及し始めたが、アベニール・ジャパンでは2016年4月の創業時からテレワーク環境の強化に取り組んできた。

同社の鏑木優子代表はその主な理由を2つ挙げる。「一つは、育児や親の介護などが必要になったときにも、社員が時間や場所にとらわれず柔軟に働き続けられる体制を整えるため。もう一つは、地域を限定せず、優秀な人材を採用するためです」。

鏑木優子
アベニール・ジャパン代表取締役

育児や介護と仕事を両立したい社員にとって、テレワークは非常に有効な働き方になることは間違いない。うまく運用できれば、優秀な人材の採用だけでなく、社員の満足度や企業イメージの向上、離職率低下などの効果も期待できる。ただ、社員の勤怠管理や業績評価、利用条件・業務ルールの設定、デバイスのセキュリティ確保、社員教育、コミュニケーションロス対策をどうするかなど、課題が多いのも事実だ。

いち早くテレワーク環境を整えてきたアベニール・ジャパンでも、新型コロナウイルスの感染防止対策として2020年3月に急遽、全社員が一斉にテレワークを始めたときにはいくつかの課題に直面したという。

「当社ではお客様の機密情報を扱う業務が多いため、入社間もない若手社員もいる中でセキュリティをどのように徹底するか、社員間のコミュニケーションをどう円滑にするかという点が難しい問題でした。ただ、新たにルールを設けるといったことはしていません。あれもダメこれもダメと制約が増えると業務効率やモチベーションが下がってしまう。最新のテクノロジーを活用して課題解決を図るのが当社の方針です」(鏑木代表)

そこで鏑木代表は、富士通の最新ノートパソコン「LIFEBOOK U9310/E(13.3型ワイド ウルトラ・スリムモバイル)」のモニターに参加することにした。

「子育て中の社員からテレワークで働き始めるときに『子どもがパソコンを触ったりロックを解除してしまったりして、大事なデータにトラブルを与えてしまわないか、家族間でも心配』といった声を聞いていたのですが、『LIFEBOOK U9310/E』の性能をもってすれば解決できるのではないかと思ったからです」(鏑木代表)

実際の業務で「LIFEBOOK U9310/E」を利用したのは、週1日出社、4日間テレワークで働く、ともに子育て中の社員、入谷真紀さんと田中玲子さんの2人だ。

子育て中のテレワークで、どんな悩みを抱えていた?

子どもに画面の文字を読まれそうで心配

入谷真紀さん(アベニール・ジャパン社員)

「子どもは13歳と7歳の2人。何に興味を示すのかわからないので、子どもが部屋に入ってきたら画面を見せないように気をつけています。ただ、何かの拍子に画面を見てその内容を友達に話してしまうのではないかという心配がありました。たびたびロックしますが、『LIFEBOOK U9310/E』は静脈センサーに手のひらをかざすだけで簡単にログインできるからとても便利。専用のプライバシーフィルター(別売)で、横から覗かれる心配もないですね」(入谷さん)

入谷真紀さん(アベニール・ジャパン社員)

子どもの面倒を見ながら効率よく働けるか不安

田中玲子さん(アベニール・ジャパン社員)

「子どもは一人で3歳。ちょうど手のかかる年齢なので、面倒を見ながら効率よく働けるかが不安でした。親のやることを全部マネしたがるので、前職のとき、キーボードやトラックポイントを触られてしまい、『あわやデータ消滅か』ということも。『LIFEBOOK U9310/E』でまず驚いたのは片手でラクラク持ち運べる軽さ。子どもが近くに来てジュースをこぼしたときも、とっさに片手で持ち上げて助かりました。これも超軽量のおかげですね」(田中さん)

コロナ禍によりテレワーク導入が急速に進む中、経営者と社員が直面しているテレワークの課題とPCモニター体験による解決のヒントについて、詳細をホワイトペーパーにまとめ、公開しています。テレワーク下でも使いやすいノートパソコンを探している方に、ぜひご参考いただければと思います。

子育てテレワーカーの課題を解決!
超軽量&安心セキュリティでどこでも快適ワークを実現!

テレワークによる働き方が定着する中、ノートPCの充実は欠かすことのできない重要な要素である。特に家族と同じ空間で業務にあたるビジネスパーソンにとっては、なおさらだ。富士通のLIFEBOOK U9シリーズは圧倒的な軽さだけではなく、タッチ式指紋センサーを標準搭載し(※)、手のひら静脈センサーも選べるなど強固なセキュリティ対応が可能だ。さらにキーボードは心地のいい打鍵感も実現しており、安心・安全面だけでなく作業効率にも一役買ってくれるだろう。まさにニューノーマル時代のビジネスユースに最適なモデルと言える。

※Secured-core PC非対応モデルのみ

第10世代インテル®Core™ i5 vPro®プロセッサー
優れた使い心地をもたらすパフォーマンス

 

FUJITSU Notebook LIFEBOOK U9シリーズ
ビジネスニーズに応える Intel vPro® プラットフォーム U9310/Eの詳細については、こちらをご覧ください

取材協力
アベニール・ジャパン株式会社
https://j-avenir.co.jp/

テレワークをはじめとする働き方改革や学び直しのプロジェクトEmpowered JAPANについてはこちら