「不動産界のダイハード」と評される男がいる。不動産会社クリードを率いる宗吉敏彦社長だ。宗吉氏はリーマンショックで負債650億円を抱えたが、いま東南アジアで奇跡の復活を遂げつつある。日本経済新聞記者の前野雅弥氏は「急成長を支えたのは、年率7%というカンボジアの経済成長率の高さだった」という——。(第2回/全2回)

※本稿は、前野雅弥、富山篤『アジア不動産で大逆転「クリードの奇跡」』(プレジデント社)の一部を再編集したものです。

夕暮れ時のカンボジア・プノンペンで道路が混雑する様子
写真=iStock.com/tbradford
※写真はイメージです

コロナが一段落すれば、溢れたマネーが暴れ出す

2020年春。宗吉敏彦は久しぶりに日本で桜の季節を過ごした。クリードが会社の再建を完了したのを契機に宗吉は仕事の拠点も家庭もシンガポールに移した。「日本には未練は全くない」という宗吉だが、それでも街が淡い桃色に染まる風景を見るのはどこか懐かしい。

とはいえ特別の感慨にふけるわけでもない。慣れ親しんだ日本の風景も今はよく知る異国の1シーンだ。それよりも今、宗吉の心を捉えているのは新型コロナウイルスだ。世界は動乱に突入した。動乱はすべてをリセットする。固定化しつつあった秩序をぶち壊す。弱者やこれから成り上がろうとする者たちが這い上がる。

それはマネーの動きが証明していた。世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が「パンデミック(世界的な大流行)とみなせる」と表明すると、1カ月もしないうちに主要20カ国・地域(G20)は新型コロナウイルス危機の経済対策として計5兆ドル(約550兆円)を拠出することを表明、米国も過去最大の2兆ドル(約220兆円)規模の景気刺激策法案に署名し、法律を成立させた。世界にマネーが溢れ出てきている。

コロナが一段落すればこうして市場(マーケット)に拠出されたマネーが暴れ出す。うねるマネーの波頭を捉えるために俺は何でもやる。そのためには世界中のどこにだって俺は行く。宗吉はそう思っている。