ゆとりを圧迫する教育費や住宅ローン

このほどプレジデント誌では世帯年収1000万円台と同300万円台の家族に、家計の状況などについてアンケート調査を行った。回答を寄せてくれた世帯主の横顔だが、1000万円台では40代後半から60歳までの男性が多く、その大半は既婚者で、配偶者や子どもたちと同居をしている。一方、300万円台では30代から40代前半の男性が多く、そのうち約4分の3は独身で、一人暮らしというケースが多い。

1000万円台では、生活に対するゆとりについて、「ある」「どちらかというとある」という肯定派が66.0%を占めた。その理由を尋ねると、「持ち家がある」ことがトップに浮上し、ついで「定期的な貯蓄をしている」が続く。そうした余裕が結果的に、円満な家庭生活、趣味・余暇の充実、充実した子どもの教育環境などにつながっているのだろう。また、5000万円以上の貯蓄以外の金融資産を持っている人が11.2%もいた。

年収1000万世帯

一方、注目すべきなのが、生活に対するゆとりについて、1000万円台の人で「どちらかというとない」「ない」という否定派のビンボー世帯が34.0%もいること。ゆとりが感じられない理由のトップは、「貯蓄に回す余裕がない」こと。「1000万円もあるのにどうして」と思わざるをえないのだが、高所得層であっても家計が火の車という世帯も少なくないようだ。