「五輪延期すべき」論の“火付け役” 山口香JOC理事が「密室」の外で声をあげた理由(プチ鹿島)

東京五輪がいよいよ盛り上がってきた。

「五輪通常開催『されない』オッズ1.17倍 『される』4.5倍と大差」(スポニチ3月23日)

もう欧州のブックメーカーでは賭けの対象にされてるらしい。ついでに「森喜朗会長がマスクをしないで最後まで頑張る」「頑張れない」のオッズもほしいところ。

ついに、安倍首相も国会答弁で

「安倍首相『オリンピック、完全な形困難なら延期判断も』参院予算委で」(毎日新聞WEB3月23日)

3月23日、参院予算委員会で東京五輪について答弁する安倍晋三首相 ©︎時事通信社

考えてみれば「東京2020」は下世話さが常につきまとっていた。

たとえばこれ。招致成功直後の記事。

「安倍首相と猪瀬都知事 東京五輪大会組織委人事で足並みに乱れ」(スポニチ2013年10月12日)

安倍首相は大会組織委員会会長に森喜朗元首相を充てる方向で調整しているが、東京都の猪瀬直樹知事は「人選はぼくのところでやる」と否定したというのだ。揉めてます。

《猪瀬氏は都庁で取材に「人選は安倍首相がやるわけではなく、ぼくのところでやる」と森氏の起用を否定。その上で、「(会長は)東京都とJOCで決める。いろんな人が今、こういう時期に便乗して出てくる」と不快感を表明。》

猪瀬都知事キッパリ!

しかしこの直後に猪瀬氏に「徳洲会・5000万円」スキャンダルが発覚。五輪招致成功の絶頂からわずか3カ月で辞任。会長に就任したのは森喜朗氏。アスリートよりまず目立ったのは政治の話題だったのである。