▼講演の概要
サービス・外食産業の経営の基本を実践的に押さえる3時間!

ファミリーレストランの雄・ロイヤルホストや天丼のてんやなどの外食事業、リッチモンドホテルなどの食とホスピタリティを提供するロイヤルHD。2010年の社長就任当時、増収増益、減収減益の負のループにあったグループを増収増益基調にした立役者が菊地 唯夫(きくち・ただお)会長です。

サービス・外食産業の経営者が押さえておくべき経営の要諦とは? 数字に裏打ちされ説得力に満ちたロジックと、分かりやすく丁寧な話術で聴講者から熱烈な支持をうける菊地唯夫会長が、ついにプレジデント社の単独講演に登壇決定! 講演のみならず、質疑応答や懇親会でも稀代の経営者から学びを得る絶好の機会です。この機会をお見逃しなく!

▼講演について
厳しい市場状況下で、自社の財務体質を筋肉質にして業容拡大を目指すサービス・外食産業の経営者・経営幹部を対象に、経営計画で押さえておくべき実践的な要点について、現場でも使える数字や具体事例をもとに菊地唯夫会長が分かりやすく指南します。

▼講師紹介

菊地 唯夫氏
菊地 唯夫(きくち・ただお)/ロイヤルホールディングス代表取締役会長CEO
ロイヤルホールディングス代表取締役会長。1965年、神奈川県生まれ。88年早稲田大学政治経済学部卒業後、日本債券信用銀行(現あおぞら銀行)入行。ドイツ証券を経て、2004年ロイヤル(現ロイヤルホールディングス)入社。07年取締役総合企画部長。10年社長、16年に会長兼CEO。19年から現職。16年~18年日本フードサービス協会会長。

▼講演テーマ
○経営の数字を知る
○経営データを俯瞰的に捉え、ステークホルダーとの対話を通じ企業価値の向上を図る
○短期、中期、長期。計画の立て方の違い
○増収減益&減収増益からサステナブルな成長へ
○社員、顧客、取引先、株主……ステークホルダーとどう付き合うか?
○過去業績=循環サイクルからの脱却
○成長エンジンを作れ!
○アートとサイエンスのバランス
○安全性と資本効率をどう考えるか
○経営を時間軸と空間軸で考える
○既存店と新規店のバランス
○新規出店の戦略決定
○テクノロジーとサービス産業

▼今回の講演の特徴
○サービス・外食産業に必要な経営計画の要点を、卓越した手腕で際立った結果を残してきた大物経営者が伝授します。
○分かりやすく説得力に満ちた論旨で大人気の菊地会長の講演に質疑応答も含めて、ご参加いただけます。
○懇親会では経営者・経営幹部やサービス・外食産業で活躍する方たちがメインである参加者同士で親睦を深めていただきます。菊地会長にもご参加いただく予定です(予定は変更になる場合もございます)。

▼懇親会
講演と質疑応答終了後、参加者同士の懇親会を催します。情報交換や仲間づくりの場としてご活用ください。ビールやソフトドリンクなどのお飲み物とオツマミをご用意します。菊地会長にもご参加いただく予定です(予定は変更となる場合があります)。

▼主催者より
サービス・外食産業で際立った業績を残してきた希代の経営者から直接指南を受けられるほか、厳しく仕事に向き合い志を同じくする参加者同士での交流も深められます。ぜひご参加ください!