“強い会社”をつくるには

日本で新しい金融手法であったリース業を祖業として、融資、投資、生命保険、銀行、資産運用、自動車関連、不動産、環境エネルギー、コンセッション事業などへと、多角的に事業領域を拡大してきたオリックス。

同社の創業メンバーの一人で、2014年まで30年を超えてグループCEO(最高経営責任者)を務めたのが、“ミスター・オリックス”ともいうべき宮内義彦氏です。

創業当初は13人のベンチャーにすぎなかったオリックスを今日のグローバル企業に育て上げるまで、宮内氏の頭の中ではどのような決断と挑戦が繰り広げられてきたのか。

宮内氏が、「“強い会社”をつくるには――次世代リーダーに継ぐ! 企業経営の鍵」について、これからの企業経営を担うみなさんに向けて、自らの経験や持論を縦横に語り尽くします。

▼講師プロフィール

宮内 義彦氏/オリックス シニア・チェアマン

1935年神戸市生まれ。58年関西学院大学商学部卒業。60年ワシントン大学経営学部大学院でMBA取得後、日綿実業(現双日)入社。64年オリエント・リース(現オリックス)入社。70年取締役、80年代表取締役社長・グループCEO、2000年代表取締役会長・グループCEO、14年シニア・チェアマン。

▼学びの内容・テーマ

第1回:「経営者に必要なマクロ観」(仮)
第2回:「経営者の仕事とは」(仮)
第3回:「経営の実態――成功と失敗」(仮)