一流のエリートになるためには、どうすればいいか。ニューヨークコレクションデザイナーとして活躍したアケミ・S・ミラーさんは「カジュアルな服装の日でも、靴や時計は高級なものを身に着けていれば一目置かれます。一流のエリートとは、服装も仕事も自分のスタイルをしっかり確立している人です」と指摘する――。(第3回、全5回)
※写真はイメージです(写真=iStock.com/shironosov)

NYエリートは自分に合う装いを知っている

ニューヨークコレクションのファッションデザイナーとして25年間働く中で、数々のトップエリートとの出会いがありました。彼らの身なりの共通点は、確立された自分のスタイルを持っているということですね。エリートだからといってギラギラした感じはなく、ナチュラルに自分に似合う服を知っていて、それを身に着けています。

自分に似合う服はどうやって見つければいいのか? 答えは単純で、まずはデパートなどの専門店の店員に相談することです。きちんと採寸をしてもらい、肩幅や袖丈、後ろ身頃などを測ってもらった上で、肩や胸元のゆとりはどれくらいだときれいに見えるかを調整してもらいます。

ジャケットなら、その人の胸幅によってダブルが似合うかシングルが似合うか、第1ボタンの位置はどのあたりがいいのかも決まってきます。それによって顔の大きさが大きく見えたり小さく見えたりするのですよ。プロにきちんとジャッジしてもらうことが大事になってきます。

高級時計はカジュアルな格好でこそ光る

私の夫は超エリートと言われる弁護士でしたが、彼も収入がたくさん入ったときには事務所に洋服屋を呼んで、オーダーメードの服を仕立ててもらっていました。採寸と聞くとハードルが高いと思われる方もいるかもしれませんが、一度自分のサイズを知れば、2着目以降を買うときもフィットするものを選べますよね。加えて、4シーズンごとに流行の色や布地などもお店の人に聞いてみて、どんなものが自分に似合うかを知ることも大事です。

日本では、ぴちぴちで丈の短いスーツがはやっていますが、あれはお子さまっぽくてエリートの服装とはかけ離れていると思います。そのままニューヨークに着て行ったら大笑いですよ。インターナショナルなスタイルではないですから。そのときは何も言われなくても、後で間違いなく“He is crazy!”なんて言われてしまうはず……。

服装以外に、男性なら時計や靴も大切なポイントですね。すごく高級なスーツを着ているのに、せこい靴を履いていたり、1000円ぐらいのおもちゃのような時計をしていたりする男性って信用できないでしょう? 逆に、ちょっとカジュアルな服装の日でも靴と時計がバリっとしていたら、「今日はカジュアルだけど、やっぱりちゃんといいものを身に着けているんだ」と一目置いてしまいますね。

毎日身に着けるものだからこそ、飽きのこない品質の良いものを選びましょう。ダブルカフスのシャツにオシャレなカフスボタンを習慣にしている人は、スーツにこだわりがある人なんだと思います。