とにかく、いきなり現場に飛び込んで人とコミュニケーションを取り、あとは綺麗な英語を話す夫や、映画から、言葉と一緒に「こういうことを喋るときにはこういうアクションをする」ということを学びました。文法はいまだに理解していませんが、ストレートな物言いのほうがかえって気持ちは伝わりやすいと感じます。

ニューヨークコレクション ファッションデザイナー アケミ・S・ミラー氏

【ラングリー】文法が正しい必要はありません。アメリカ人はそこを気にしてない人が意外と多いのですよ。逆に困るのは、日本人の多くは感情を顔に出さないので、表情と言葉が一致しないことなのです。アメリカ人はそこに戸惑うんです。日本人は義務教育の中でしっかり英語を学んできているので、あと肝心なのはボディランゲージだと思います。

ちなみに、私が日本に来た当時は外国人は珍しく、日本で暮らしていても日本語が喋れない、カタカナまではわかっても、高度な勉強をしようとしても挫折してしまった、という外国人がほとんどでした。私も大学院では勉強が優先で、日本語学校に通う時間はありませんでしたね。

日本語をきちんと覚えたのは、議員秘書時代です。デスクに電話が3つ並んでいて、片っ端から応対していました。敬語なんてまったくできませんでしたし、それはそれは大変でしたが、日本人って外国人が少し日本語を喋れるとすぐ褒めてくれるので、なんとかなりました(笑)。ただ、結局、日本語力がついたのはそのときでしたね。やはり実践で覚えるのが一番だと思います。

【ミラー】その言語しか喋れない、という環境がなければ、外国語を身につけるのは難しいですよね。

私は、ファッションショーを演出するにあたって、通訳を入れるよりもカタコトでも自分で伝えたほうがいいということに気づいたんです。最初は通訳を通して照明の指示などを出していたのですが、やっぱり二度手間になるんですよね。最高のショーを作るには英語を喋るしかなかった。だから、話せるようになったんだと思います。

【ラングリー】私は、まだまだカタコトの部分もありますが……。

【ミラー】ほとんど完璧だし、それも「個性」ですよ!

米国人を困惑させる日本人の英語

【ミラー】「マンション」はよく間違えて使われていますよね。アメリカでは、部屋やお風呂がいくつもあるような「豪邸」のことなんです。和製英語を使ってしまって戸惑われることはあるかもしれません。