プレジデントオンライン > 

プレスリリース

[サイシード] AI(人工知能)事業を展開するサイシード、不動産事業を展開するAMBITION社の問い合わせ対応業務に「パーソナル回答」を可能にしたAI Chat Supporter導入 2018.5.16

株式会社サイシード



株式会社サイシードは株式会社 AMBITION向けに、「不動産管理業務」を効率化するパーソナライズチャットボットを開発しました。同じ問い合わせ内容でも顧客ごとに回答が異なる質問に対して、AIが個々人に合わせた回答をすることができます。



株式会社サイシードは株式会社 AMBITION(マザーズ上場、証券コード「3300」、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 清水 剛、以下、(AMBITION)向けに、「不動産管理業務」を効率化するためにパーソナライズチャットボットを開発しました。

暗証番号や電話番号の確認など、同じ問い合わせ内容でも顧客ごとに異なる質問に対して、AIが個々人に合わせた回答をすることができるので、入居者からの問い合わせ対応を大幅に効率化することが可能になります。

●背景
不動産管理では入居者からの問い合わせが多く、対応コストが企業の大きな負担になっています。
現在、アンビションでは月間3000件の問い合わせがあり、5人のオペレーターが電話で対応していますが、
季節の変わり目など問い合わせが多い時期には顧客を待たせてしまうこともあり、入居者の満足度低下にもなっていました。

●ソリューション
AMBITIONが保有する入居者情報のデータベースとAI Chat Supporterを連携することで、問い合わせ内容に対し個々人に合わせた回答をすることが出来ます。
1.本人確認
1,アンビションLINEを友だちに追加
2,LINEで電話番号を送る
3,SMSで認証コードを送付
4,LINEで認証コードを送付
することで本人確認をし、DBと紐付けを行います。

[画像1: https://prtimes.jp/i/15946/24/resize/d15946-24-527338-4.jpg ]

2.質問対応
例えば、「宅配ボックスの暗証番号を忘れたので教えてください」という質問に対して、
田中さん「田中さんの暗証番号は"9999"になります」
小林さん「小林さんの暗証番号は"1234"になります」
というように、1人1人に異なる回答をすることが出来ます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/15946/24/resize/d15946-24-937709-5.jpg ]

●目標
今後、問い合わせの5割をチャットボット経由にし、解決までの大幅な時間短縮と、30%のコストカットを目標にしています。

■ AI Chat Supporterについて
サービス概要:http://ai-chat-supporter.com/products/chat-supporter/

■ 株式会社AMBITIONについて
本社: 東京都渋谷区神宮前2-34-17 住友不動産原宿ビル18F
代表: 清水 剛
創業: 2007年9月
事業内容: 賃貸不動産事業、売買不動産事業、プロパティマネジメント事業
Webサイト:http://www.am-bition.jp/

【株式会社サイシード 会社概要】
本社:東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿木村屋ビル15F
代表:代表取締役 中村 陽二
設立:2015年2月
事業内容:AIソリューション事業、広告・メディア事業
Webサイト:http://www.sciseed.jp/

【本件についてのお問い合わせ先】
株式会社サイシード
担当:大竹
連絡先: ootake@sciseed.jp

SNSでこの記事をシェア

PR
バックナンバープレスリリース

インフォメーション PR

最新号

PRESIDENT 2018年7月2日号 あなたは今、何を学ぶべきか?