トップ > 

プレスリリース

[ブルーイノベーション株式会社] 『ドローンによる鹿検知コンペティション』参加チームの募集開始について 2017.7.5

~日本初(※)のドローン競技会で、ドローンによる有害鳥獣対策の技術・技能の向上を図る~



長野県伊那市(市長:白鳥孝)と一般社団法人日本UAS産業振興協議会(略称:JUIDA)(本部:東京都千代田区/理事長:鈴木真二)、ブルーイノベーション株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:熊田貴之)は、10月18日~21日に「ドローン・フェスin INA Valley」を開催いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/24707/1/resize/d24707-1-169021-0.jpg ]

本イベントは、地域活性化及び地域課題の解決にドローンを活用していく指針を定めている伊那市において、そのキックオフの位置づけとなるものです。開催期間集中、「ドローン空撮体験会」や「最新技術デモンストレーション」、「鹿検知コンペティション」、「ローカルMICE(シンポジウム、ビジネスマッチング)」、「子ども対象のドローン体験ゲーム大会」などを実施いたします。
この度、メインイベントである「鹿検知コンペティション」について、別紙実施要項により、参加チームの募集を開始することになりました。なお、本イベントの実施にあたり、日本最大のドローン業界団体であるJUIDAが全体的な監修を行い、ドローンの利活用に多様な実績を持つブルーイノベーションが企画・運営を担当いたします。

長野県伊那市(市長:白鳥孝)と一般社団法人日本UAS産業振興協議会(略称:JUIDA)(本部:東京都千代田区/理事長:鈴木真二)、ブルーイノベーション株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:熊田貴之)は、10月18日~21日に「ドローン・フェスin INA Valley」を開催いたします。

本イベントは、地域活性化及び地域課題の解決にドローンを活用していく指針を定めている伊那市において、そのキックオフの位置づけとなるものです。開催期間集中、「ドローン空撮体験会」や「最新技術デモンストレーション」、「鹿検知コンペティション」、「ローカルMICE(シンポジウム、ビジネスマッチング)」、「子ども対象のドローン体験ゲーム大会」などを実施いたします。この度、メインイベントである「鹿検知コンペティション」について、別紙実施要項により、参加チームの募集を開始することになりました。なお、本イベントの実施にあたり、日本最大のドローン業界団体であるJUIDAが全体的な監修を行い、ドローンの利活用に多様な実績を持つブルーイノベーションが企画・運営を担当いたします。

【「鹿検知コンペティション」の背景】

伊那市は、野生鳥獣による農林業被害の中でも特にニホンジカによる被害が大きく、その対応は喫緊の課題となっています。また、ニホンジカによる被害は、伊那市だけの問題ではなく日本全国の広範囲にわたっており、わが国の社会課題とも言える問題です。ドローンの活用によりニホンジカの駆除が効率化されることは、全国的な有害鳥獣の被害防止対策につながることと期待し、技術・技能の向上を目的として「鹿検知コンペティション」を実施することとなりました。

ドローンによる鹿検知コンペティションは、日本初(※)のイベントです。ドローンによる獣害対策を実現するにはまだ多くのハードルがありますが、こうしたドローンの技術・技能の確立化を促進することは、ドローン産業全体の活性化にもつながり、ひいては日本全体の産業振興にも寄与するものと考えています。(※)当社調べ

伊那市では、本事業で優秀な成果を出した団体に対して研究の支援を行い、ドローンによるニホンジカの効率的な駆除の実現に向けて、スピードアップを図る予定です。

【「鹿検知コンペティション」の概要】
[画像2: https://prtimes.jp/i/24707/1/resize/d24707-1-743879-1.jpg ]

1.実施期間
2017年10月19日(木)~10月20日(金)の2日間
※表彰式・結果発表会を21日(土)に高遠さくらホテルにて実施

2.実施会場
長野県伊那市 鹿嶺(かれい)高原
(長野県伊那市長谷非持(はせひじ)3817-1)

3.参加費参加費無料
※参加チームに交通費と宿泊費の補助をいたします。詳しくは、実施要項をご覧ください。

4.競技ルール
○鹿嶺高原における指定エリア(約700m×200m)に設置した鹿ダミーについて、ドローンを活用していかに正確に速く検知できるかを競っていただきます。
○ドローンの飛行方法は、原則、自律飛行にて行っていただきます。
○検知の方法や使用する機器は自由です。
<鹿ダミーの特徴>
○鹿ダミーは木製で、特定の色の布を被せ、周囲より高い温度を発する特徴を有しています。
○鹿ダミーのサイズ・色は統一します。サイズや色情報、発熱方法、温度等の詳細データについては、事前に参加チームにお知らせいたします。

5.募集チーム数
15チーム以内(先着順にて受付します/参加受付には一定の審査がございます)

6.賞金
[表: https://prtimes.jp/data/corp/24707/table/1_1.jpg ]

 

7.詳細・申込方法
特設サイトを通じて告知します。
URL:http://www.dronefes-inavalley.jp
※上記「鹿検知コンペティション」概要は事前の予告なく変更させていただく場合がございます。変更点は都度特設サイトにてお知らせいたします。

SNSでこの記事をシェア

バックナンバープレスリリース

最新記事

最新号

PRESIDENT 2017年9月4日号 この夏こそ、親子で話そう「実家の大々問題」