トップ > 

著者一覧 > 

白取 春彦(しらとり・はるひこ)

著者
プロフィール
白取 春彦(しらとり・はるひこ)

白取 春彦

作家 1954年、青森県生まれ。ベルリン自由大学で哲学、宗教、文学を学ぶ。85年に帰国後、文筆業に従事。哲学と宗教に関する解説書の明快さには定評がある。著書の『超訳 ニーチェの言葉』はミリオンセラーとなった。ほかに『今知りたい世界四大宗教の常識』『図解「西洋哲学」と「東洋哲学」』『はじめて知る仏教』『仏教「超」入門』『哲学の実践ノート』『この一冊で「哲学」がわかる!』『ビジネスマンのための「聖書」入門』『超訳 聖書の言葉』『勉学術』『独学術』『超訳 仏陀の言葉』など多数。現在、週1回、青森市内の大学で哲学「人間と倫理」を教える。

PR

最新記事

インフォメーションPR

最新号

PRESIDENT 2016年12月19日号 怒らない生き方