トップ > 

著者一覧 > 

山岡 淳一郎(やまおか・じゅんいちろう)

著者
プロフィール
山岡 淳一郎(やまおか・じゅんいちろう)

ノンフィクション作家 1959年、愛媛県生まれ。出版関連会社、ライター集団を経てノンフィクション作家となる。「人と時代」「21世紀の公と私」を共通テーマにエネルギー資源と政治、近現代史、医療、建築など分野を超えて旺盛に執筆。東京富士大学客員教授も兼務。主な著書に『気骨 経営者 土光敏夫の闘い』(平凡社)、『原発と権力』(ちくま新書)、『田中角栄の資源戦争』(草思社文庫)、『後藤新平 日本の羅針盤となった男』(草思社)、『成金炎上 昭和恐慌は警告する』(日経BP社)、『放射能を背負って』(朝日新聞出版)、『国民皆保険が危ない』(平凡社新書)、『インフラの呪縛 公共事業はなぜ迷走するのか』(ちくま新書)ほか多数。

最新記事

インフォメーションPR

最新号

PRESIDENT 2016年12月19日号 怒らない生き方