プレジデントオンライン > 

著者一覧 > 

山岡 淳一郎(やまおか・じゅんいちろう)

著者
プロフィール

山岡 淳一郎(やまおか・じゅんいちろう)

ノンフィクション作家 1959年、愛媛県生まれ。出版関連会社、ライター集団を経てノンフィクション作家となる。「人と時代」「21世紀の公と私」を共通テーマに近現代史、政治、医療、建築、エネルギーなど分野を超えて旺盛に執筆。時事番組の司会、コメンテーターも務める。東京富士大学客員教授も兼務。主な著書に『気骨 経営者 土光敏夫の闘い』(平凡社)、『原発と権力』(ちくま新書)、『田中角栄の資源戦争』(草思社文庫)、『後藤新平~日本の羅針盤となった男』(草思社文庫)、『成金炎上~昭和恐慌は警告する』(日経BP社)、『長生きしても報われない社会 在宅医療・介護の真実』(ちくま新書)、『神になりたかった男 徳田虎雄』(平凡社)ほか。『勝海舟 歴史を動かす交渉力』(草思社)を近刊予定。

PR
PR

インフォメーション PR

最新号

PRESIDENT 2018年8月13日号 年収400万父さんの極上家計簿 入門!