トップ > 

著者一覧 > 

三浦 展(みうら・あつし)

著者
プロフィール
三浦 展(みうら・あつし)

三浦 展

社会デザイン研究者/株式会社カルチャースタディーズ研究所代表 1958年、新潟県生まれ。82年、一橋大学社会学部卒、パルコ入社。86年、マーケティング情報誌「アクロス」編集長となる。90年、三菱総合研究所入社。99年、世代、家族、消費、都市問題等の研究を踏まえ、新しい社会デザインを提案している。2005年刊行の『下流社会』(光文社新書)が80万部のベストセラーとなる。『「家族」と「幸福」の戦後史』(講談社現代新書)、『ファスト風土化する日本』(洋泉社新書)、『これからの日本のために「シェア」の話をしよう』(NHK出版)、『無印ニッポン』(中公新書、堤清二との共著)など著作多数。最新刊『第四の消費』が話題に(朝日新書)。

PR

最新記事

インフォメーションPR

最新号

PRESIDENT 2017年1月2日号 医者の診断のウラ側