娘がパワハラを受けた 300万払え!
温厚社長がクレーマーを訴えた、その結末
2018.4.11
温厚社長がクレーマーを訴えた、その結末

もし、事実無根の訴えを社員側から起こされたら、経営者はどう動くべきか。世の経営者は、営業は剛腕でも、人の問題となると弱腰で、ズルズルと問題を引っ張ってしまいがちだ。「問題を長引かせても、誰も得しない。裁判に持ち込む権利は、会社側にもある」と島田直行弁護士は言う――。写真…

続きを読む
誰より弁護士の実力を知る人とは?
弁護士が教える、頼れる弁護士の見つけ方
2018.3.21
弁護士が教える、頼れる弁護士の見つけ方

もし、トラブルに巻き込まれ、弁護士に頼りたいときが来たとしよう。顧問弁護士がいない場合、何を頼りに探せばいいのか。「弁護士から見ても、いい弁護士というのは見分けづらい。一般の方なら、なおさらだろう」と島田直行弁護士は言う。ただ、「判断材料なら、いくつか挙げることができる…

続きを読む
地方発!弁護士の労働トラブル解決
事業承継がうまくいく"先代社長の共通点"
2018.2.8
事業承継がうまくいく

後継者不足が深刻だ。継がせたい人がいない、という問題はある。しかし、事業承継が進まない大きな原因は、先代社長にある。仕事ができ、人望もある先代社長がなぜ、事業承継だけは進められないのか。日夜、経営者と向き合い、会社の裏側まで知り尽くした弁護士が、この謎を解き明かす――。…

続きを読む
地方発!弁護士の労働トラブル解決
「できない社員」に退職を勧めるのはOK
2018.1.17
「できない社員」に退職を勧めるのはOK

中小企業では「解雇」に関するトラブルが多い。原因は、多くの経営者が「1カ月分の賃金さえ支払えば解雇ができる」などという、解雇に関する誤った情報を信じていることにある。しかし、現在の日本では、解雇はほぼ認められていない。そのかわり、「退職勧奨」という形を取ることができる。…

続きを読む
「接触なし」なら80万円~が目安
「身体的接触あり」セクハラ慰謝料の相場
2017.12.14
「身体的接触あり」セクハラ慰謝料の相場

飲み会で肩に手をかけた――。このセクハラで「慰謝料5万円」の判例がある。実際のセクハラ慰謝料は、程度、期間、内容によって、かなり上下する。もし、会社でセクハラ事件が起きたら、どう対処すればよいか。慰謝料の目安はいくらか。そして、解決の肝は。労働問題を扱う弁護士が教える。…

続きを読む