ルックスも中身も抜群の甘い宝石箱
元飴職人がたどり着いた至極のキャラメル
2018.5.25
元飴職人がたどり着いた至極のキャラメル

明治神宮のお膝元。東京メトロ「明治神宮前」駅から徒歩5分の場所にある「ナンバーシュガー」は、他に類を見ないキャラメルの専門店だ。2013年の開店以来、濃厚な味わい、洗練されたパッケージが受け、新しい東京土産として人気上昇中。自社の社員から、お世話になっている目上の方まで、幅…

続きを読む
毎日8000個が即完売の理由とは
最中を作れない店主だから守れた名店の味
2018.4.6
最中を作れない店主だから守れた名店の味

場所は銀座の並木通り沿い。東京メトロ銀座駅近くに佇む「空也」は、和菓子好きのあいだでよく知られる名店だ。看板商品は、最中。ほぼ毎日、予約分のみで売り切れてしまうため、“幻の最中”とも呼ばれている。お世話になった方へ、感謝の気持ちを込めて贈る手土産として、最適だ。創業は明…

続きを読む
尻尾まであんこギッシリ詰める理由
1日3000匹売れるたい焼き店はココが違う
2018.3.2
1日3000匹売れるたい焼き店はココが違う

JR四ツ谷駅から徒歩5分の場所に、行列の絶えないたい焼き屋「わかば」はある。たい焼きは、“めでたい”の“たい”をかたどった縁起のいい菓子。庶民的で気どりがないおやつなので、親しい相手への差し入れとして最適だ。甘党はもちろん、塩がきいた「わかば」のたい焼きなら、甘いものがあ…

続きを読む
気分よく話せ、しかもリーズナブル
「接待は朝食が一番でしょ」の時代が来る
2018.1.26
「接待は朝食が一番でしょ」の時代が来る

ホテル研究家の石原隆司さんは、「ビジネス接待をホテルの朝食で」というスタイルが人気になると見ている。3つの理由があり、まずホテルの朝食の質が高まっている。そして、朝は気分がよくミーティングの質も上がる。さらに料金が安い。朝からシャンパンを無料で出すホテルまであるという。1…

続きを読む
大御所の作品 焼き菓子詰め合わせ
東京でしか買えない珠玉の手土産、第3回
2018.1.25
東京でしか買えない珠玉の手土産、第3回

東京メトロ有楽町線、麹町駅近くのフランス菓子店「パティシエ・シマ」。ここでしか買えないのが「キュービック・セック」という焼き菓子の詰め合わせ。焼き菓子の詰め合わせは数もあり、日持ちもして無難だが、定番中の定番で記憶に残りづらい。しかし、この逸品ならそんな心配はない――。…

続きを読む