気分よく話せ、しかもリーズナブル
「接待は朝食が一番でしょ」の時代が来る
2018.1.26
「接待は朝食が一番でしょ」の時代が来る

ホテル研究家の石原隆司さんは、「ビジネス接待をホテルの朝食で」というスタイルが人気になると見ている。3つの理由があり、まずホテルの朝食の質が高まっている。そして、朝は気分がよくミーティングの質も上がる。さらに料金が安い。朝からシャンパンを無料で出すホテルまであるという。1…

続きを読む
大御所の作品 焼き菓子詰め合わせ
東京でしか買えない珠玉の手土産、第3回
2018.1.25
東京でしか買えない珠玉の手土産、第3回

東京メトロ有楽町線、麹町駅近くのフランス菓子店「パティシエ・シマ」。ここでしか買えないのが「キュービック・セック」という焼き菓子の詰め合わせ。焼き菓子の詰め合わせは数もあり、日持ちもして無難だが、定番中の定番で記憶に残りづらい。しかし、この逸品ならそんな心配はない――。…

続きを読む
まず、スタッフの粗相がなくて安心
「接待や会食はホテルがベスト」の理由
2018.1.12
「接待や会食はホテルがベスト」の理由

接待の場所選びは、ビジネスパーソンとして腕の見せ所。ホテル研究家の石原隆司さんは「ホテルこそ、会食に最適」と断言する。まず、ホテルのレストランは内装がしっかりしていて、席と席の間隔が広い。個室を備えている店も多く、密談にはもってこいだ。ほかにもメリットが多数あるという。…

続きを読む
大切な人の昇進祝い、就任祝いに
絶対に、東京でしか買えない特別な手土産
2017.12.22
絶対に、東京でしか買えない特別な手土産

港区・六本木交差点から徒歩3分。創業安政3(1856)年の和菓子店がある。その名は「麻布 青野総本舗」。祝い事といえば、紅白饅頭がポピュラーだが、大切な人の昇進や就任祝いには、もっとサプライズ感のある饅頭を贈るのも手。そんなシーンで「青野」の「五彩万頭」が力を発揮する。切ると…

続きを読む
絶対に東京でしか買えない絶品土産
「実は機械焼き」都内最強どら焼きの秘密
2017.10.20
「実は機械焼き」都内最強どら焼きの秘密

「都内最強」と呼ばれるどら焼きがある。台東区上野にある和菓子店「うさぎや」のどら焼きは、そこでしか買えない。賞味期限は翌日まで。「手みやげ」としては短いが、だからこそ「今日、足を運んで買ってきたんだな」と伝わる。そんな絶品の秘密を店主に聞いた――。*本稿はプレジデント社…

続きを読む