プレジデント編集部では、毎年働きがいや働き方に関する調査を行ってきた。今回も約2000人(回答総数1986)を対象に実施。いま、働く人たちはどのような仕事観、職場観を持っているのか。一橋大学大学院商学研究科教授の守島基博氏とともに読み解いていく。
調査対象/自営業者を除く全国の有職者1986人。回答者は男女比52:48、平均年収431万円(年収500万円未満が77%)、平均年齢36.1歳(20~50代。20代、30代が66%)、契約・派遣・パートなどの非正規社員は全体の28%。調査時期:2011年12月。アンケートはgooリサーチとの共同調査による。

仕事とお金について、さらに詳しく見ていこう。

「仕事はお金を稼ぐ手段にすぎない」と答えた人が半数近くを占める。これは「働くモチベーション=お金」という結果とも一致する。2年前の調査に比べてもこの比率は若干上昇しており、人々の意識が仕事の中身からお金にシフトしていることを物語っている。

20代>30代>40代>50代と若い世代ほど「仕事はお金を稼ぐ手段」と割り切っている人が多い。これは前述したように、若年層に非正規社員が多いことと無関係ではないだろう。

「仕事はお金を稼ぐ手段」と割り切る人が多い半面、仕事のおもしろさも捨てがたいと考える人もいる。3人に1人が「おもしろい仕事であれば、収入の高低は気にしない」と答えている。2年前に比べ、気にしないと答えた人の割合も増えた。

収入に対する満足度も低く、「給料は仕事内容に比べて少ないと感じる」と答えた人は正社員、非正規社員とも半数近くに及んだ。とはいえ、「自分の時間を犠牲にしても多く稼ぎたい」と答えた人は4人に1人にとどまっている。

「これは働く人たちの実感を表していて興味深いですね。『仕事のモチベーション=お金』で、収入アップを期待する人が多い現状を考えれば、残業を増やすなどしてさらに稼ごうとする人が多くいるように思うのですが、収入はもっとほしいけれど、負担を増やしてまで稼ぎたいとは思わない人が多数派のようです」

収入アップの手段として、副業を挙げている人が多いのも特徴的だ。「可能なら副業をして稼ぎたい」と答えた人が約74%。ここでは「副業」が何を指すのか明確ではないが、余暇の時間を使って苦労なく稼げる仕事といったニュアンスが強いように思われる。そんなオイシイ副業が簡単に見つかるか疑問だが、「お金はほしいが本業はこれ以上やりたくない」という本業に対する閉塞感がここにも顔を出す。一方、「副業」への期待感は、いまの状況でこれ以上の給料アップが望めないことの表れともいえるだろう。

「『自分の時間を犠牲にしても稼ぎたい』と答えた人が少数派だったことは、まさに日本のサラリーマンの仕事観が大きく変化していることを示しています。かつて働くことはお金を稼ぐ手段であると同時に自己実現の指標でもありました。だからこそプライベートな時間を注ぎ込んで余りあるものと思われていた。仕事より家庭や趣味を大事にするのは認められないといった空気もありました。しかし仕事は人生のほんの一部にすぎない、仕事のために自己犠牲を払うことは望まないと考える人が主流になってきた。これは大きな変化です」

「働くモチベーション=お金」ではあっても、それは莫大な額やなりふりかまわず稼ぎたいという意味ではない。

「自分の時間を犠牲にはしない。安心・安全を確保できる、ある程度のお金があればいいと考えているのでしょう」