管理職の求人は増加傾向にあるという。だが、年収アップするケースは少ない。好条件で転職した3人から、成功法則を探った。

“転職モテ会社”はP&G、トヨタ、三菱商事

俗に「35歳転職限界説」という。確かに35歳以上の採用は何らかのニーズや空いたポジションの充足のために実施され、ポテンシャル採用は行われないので若い層よりも転職は難しい。

ただし、実際には35歳以上で転職し、キャリアアップにも年収アップにも成功した人は存在する。では、成功するのはどんな人か。年収1000万円以上の求人に特化した会員制転職サイト「ビズリーチ」を運営するビズリーチの南壮一郎社長は語る。

「従来、大企業は終身雇用で管理職の中途採用はあまりなかったのですが、最近は増えています。ビジネスモデルの移り変わりが早くなり、既存の人材だけでは対応できなくなったからです。いま、転職市場で需要があるのは新しいビジネスや技術に対応できるような高度な専門性を持った人。特にウェブアプリの開発ができるエンジニアや基幹系システムに携わるエンジニアは圧倒的に足りません。それからグローバルビジネスの経験者。海外駐在経験や海外企業との交渉経験のある人が求められています。そしてプロジェクトマネジメントや企業経営の経験がある、経営能力の持ち主です」

まとめると、いま35歳以上の転職市場における“モテ要素”は高度な専門性、グローバル対応力、マネジメント力の3つということだ。

「3つの要素を満たした経営幹部などへの転職は、年収5割アップを超えるケースもあります」(南氏)。

企業名で言うとマーケティングに強いP&GやGE、「カイゼン」のトヨタ自動車、グローバル展開する三菱商事、三井物産をはじめとする大手総合商社の出身者などは人気が高い。逆に会社のジョブローテーションに翻弄されて専門性を身に付けられずにいたり、国内ルートセールスに従事していたような35歳以上が転職で成功するのは難しいという。

では、以下に成功事例を見ていこう。

松井寿夫氏(仮名、43歳)は大手通販会社から30代半ばでメーカーへ転職し通販事業を担当した後、最近別の通販会社へ転職した人物である。

「最初の転職で年収は700万円から800万円に上がり、今回の転職で1000万円を超えました」(松井氏)

大手通販会社で商品開発から販促まで一通り業務を経験した松井氏は、「ビジネス全体を見られる立場で仕事をしたい」という思いから、食品メーカーに転職。当時、このメーカーでは手薄だった通販部門を伸ばすため、この分野の専門家を求めていたのである。

「ここでは既存のチャネルには乗りにくいが、お客様に理解されれば売れる商品がたくさんありました。そこで通販の特性を活かし、情報を整理しタイミングに合わせてお客様にお伝えするようにして定期購入者を増やしました」(松井氏)

そして松井氏はほとんど売り上げのなかった通販事業を数十億円規模に成長させていった。それほどの実績を残したにもかかわらず、さらに転職することになったきっかけは処遇面にある。社内で通販事業は傍流部門のため成果を出しても評価されず、職位が入社した時点の肩書のままで、今後も昇進の見込みはないと判断したのである。

「この会社ではアウトソースを使って通販事業を動かしてはいたものの、部下がおらず人をマネジメントする経験ができませんでした。このまま年を重ねると、ビジネスマンとしての成功はなくなると思いました」(松井氏)

「将来はビジネスオーナーになるか、最低でも1つの事業部をマネジメントする立場になりたい」という夢を持つ松井氏は、危機感から転職活動を開始。そしてマネジメント職を用意してくれた現在の通販会社への転職を決断した。

「この会社はBtoBで通販のコンサル事業も手がけていて、自分の土台を活かしながら新しいチャレンジができ、業績に貢献できる自信もあったのが決め手でした。40歳を超えて『チャレンジしました、でも失敗しました』というわけにはいきませんから」(松井氏)

成功者はみな数字で経験を語る

外資系IT企業を経て国内の中堅アウトソーシング会社に転職した高柳明氏(仮名、45歳)は、勤務先が別会社に買収されたのが転職のきっかけになった。

「体制が大幅に変わり、自分がやりたい仕事ではなくなったので、ならば自分が外に出ようと思いました」(高柳氏)

これまで高柳氏はSE、プロジェクトマネジャーとして主に顧客システムの運用サービスを手がけてきた。たとえばある顧客の大規模プロジェクトで当初、毎日2~3件発生していたシステムトラブルを4年後には3カ月に1回に激減させるなど多くの実績を持ち、新規プロジェクトの立ち上げ経験も豊富である。

「顧客ありきの仕事をしたい」という思いが強い高柳氏が転職活動を開始したのは、M&A後にセールス優先の体制が取られるようになったからだった。

高柳氏が転職エージェントに出した条件は、風通しのよい、上にモノが言える会社。職位にこだわりはなく、収入は下がっても将来上がる可能性があればいい。

そして高柳氏が転職先に選んだアウトソーシングサービス会社での仕事は情報システム部門の副本部長で、本部長は社長が兼務のため実質的に社長の直属となる。年収は以前より8%アップした。

「決めた理由は社長のカリスマ性です。会食したときに社員を思いやる言葉が端々に出てきて『この人と仕事するなら一緒に会社が潰れても構わない』と思いました。自分でシステムを組みたいという気持ちがあり起業も考えていたのですが、この会社なら自分のやりたいことが全部できます」(高柳氏)

前出の松井氏は専門性、高柳氏は専門性とマネジメント力を持った人材であるが、大手メーカーの部長職から中堅メーカーの執行役員に転職した秦和男氏(仮名、52歳)はそれらにグローバル対応力まで併せ持つ、転職市場の“モテ要素”すべてを兼ね備えた人物である。なお、年収はこの転職で30%増加したという。

「前の会社にはもともと経営のプロになりたいと思い入社しました。自分を成長させるため会社から設定される目標よりも常に高い成果を出し、さらに難しい仕事を与えられ続けてきました」(秦氏)

早口で、かつ丁寧に秦氏は振り返る。秦氏は転職前、海外現地法人のトップを務めていた。与えられたミッションは業績が低迷する経営の立て直しだったが、さらにリーマンショックの直撃を受け売上高が6割に激減。現地法人を存続すべきかどうかという窮地に立たされた。

「単に海外拠点をどうするかではなく事業全体の将来ビジョンを検討して『今後、この拠点が重要な役割を果たす』と判断し、異なる文化のなかで構造改革へ懸命に取り組みました。その結果、3年で売り上げが以前と同じ水準に回復し、利益も過去最高益を更新しました」(秦氏)

大きな成果を出した秦氏の転職理由は、海外で修羅場をくぐった後に本社へ戻っても自分の成長はないと考えたからだ。複数のオファーのなかから秦氏が転職先に選んだのは、経営再建に取り組んでいる中堅メーカーだった。

「入社前に工場を見学させてもらい『やれることがいっぱいある!』と思いました。ある意味、非常に期待の持てる会社です。自分の経験を活かしながら経営のスキルも磨きたい」(秦氏)

再建中の会社であるがゆえに、自分の目標である「経営のプロになる」には格好のポジションというわけだ。

ここに挙げた3人の共通点は、まず数字で成果を語れること。 そして将来のビジョンが明確で、それを実現する方向でキャリアの選択をしていることだ。

もう1つ、3人は熱っぽく楽しそうに自分の仕事を語る点でも共通していたが、それは素直に自分のビジョンに向かって仕事に取り組めているからであろう。

7職種別「転職天気予報」

●経営企画【晴れ】

外食や小売りなど、海外展開を加速する業界で求人が増加。海外事業経験者、戦略系コンサル出身者などが人気。

●人事・総務【曇り】

管理本部長ポジションの求人は恒常的にあるものの、倍率が高く難関。同業他社への転進事例が多いのも特徴。

●経理・財務【晴れのち曇り】

求人は常にあるが、採用ハードルが高い。常に募集ニーズをハンターや転職情報サイトから収集するのが吉。

●営業【曇り】

若手は晴れ。同業他社転職が圧倒的。ビジネスレベルの英語力+もう1言語使えれば、選択肢が格段に広がる。

●金融【雨】

欧州危機の影響で業績が悪化。証券を中心とした外資系各社は、採用活動を停止中。しばらく厳しい状況が続く。

●マーケティング【曇りのち雨】

若手の求人ニーズはあるが、35歳以上は厳しい。特に大手日系企業は人材流動性が低いため、募集枠が少ない。

●エンジニア【晴れのち曇り】

ウェブ系、特にアプリ開発は若手中心に売り手。メーカー系は特殊技能取得者か海外勤務経験者のニーズあり。