仕事の効率を上げるにはITの導入が欠かせない。では何から取り入れていくのが、よいのだろうか。今後のトレンドを見据えたうえで、絶対に役立つツールを紹介しよう。

「放送後」の評判から見たい番組を選ぶ

時間は有限だ。できるだけ無駄な時間は減らしたい。まずはパソコンでの作業を見直そう。

「ウルトラブック」と呼ばれる新種のノートパソコンが各社から発売されている。これはインテルが提唱する規格を満たした次世代機で、主な特徴は2つ。軽量薄型でどこにでも持ち歩ける点と、起動が早くいつでもすぐに使えるという点にある。省電力にもかかわらず高性能なので、コンセントがない場所でもパワフルな作業を長時間できる。オフィスに閉じこもるのではなく、カフェなどで作業をしたほうが、効率が上がることもあるはずだ。

ウルトラブック】ウルトラブックとはインテルが提唱する次世代PCの規格。この秋冬商戦から対応機種が発売となった。数年前に流行した「ネットブック」とは異なり、性能面での妥協はなく、薄型で駆動時間も長い。とくに起動時間が短く、時間を有効に使うことができる。写真は「dynabook R631」。本機は13.3型ワイド液晶を搭載し、約9時間の長時間バッテリー駆動、約15秒の高速起動に加え、世界最軽量、最薄を謳っている。
dynabook R631(東芝ダイレクト価格:13万4800円)

自宅でくつろぐ時間でも、だらだらとテレビを見るのは、もう時代遅れだ。各社が「全録レコーダー」を市場に投入している。これは複数のテレビチューナーと大容量のハードディスクを内蔵した次世代のレコーダーだ。たとえば地上デジタル6チャンネルの2週間分の番組をすべて録画する、ということができる。もちろんすべては見きれない。見る予定の番組を録るのではなく、2週間の全番組から見たいものを選ぶわけだ。こうなると「番組表から予約する」という作業はいっさい必要がなくなる。放送が終わってから、じっくりと評価を見定めたうえで、上質な番組を見ればいい。

【全録レコーダー】大容量のハードディスクと多数の地上デジタル放送チューナーを備えることで、1~2週間のテレビ放送を全チャンネル録画するという高性能のレコーダー。これまでアナログ放送ではPTPの「SPIDE R」などがあったが、今冬からデジタル放送に対応した一般向けの商品が相次いで発売された。番組予約をせずに、あとから視聴番組を選ぶ感覚は新鮮。今後も性能向上により、同種の機能を持つ製品が増えることが予想される。
レグザサーバー(BR-M190実勢価格:約16万円)

一方、外出先ではモバイル機器を使いこなすことで、無駄な時間を減らすことができる。必須アイテムのひとつは「スマートフォン」だ。つり革にぶら下がったままでも、メールチェックやネットサーフィンができる。なおスマートフォンのタッチパネルは「静電容量タッチパネル」のため、手袋をはめたままでは動かない。しかし「スタイラス」を使えば、手袋を外さずにタッチ画面を操作できる。ひと手間が減り、便利だ。

【スマートフォン】アップルが開発した「iPhone」と、米グーグルが開発したOS(基本ソフト)を採用する各社の「Androidスマートフォン」が2強。このうちAndroidは最新版の「4.0」で、スマートフォン向けのAndroid 2.xと、タブレット向けの3.xが統合。操作性が一層向上している。
ドコモ GALAXY NE XUS SC-04D(現金販売価格:5万8590円)
【スマホ対応スタイラス】スマートフォンやタブレットでは「静電容量タッチパネル」が使われているため、硬いペン先では操作ができない。ただ一部には、やわらかい導電ゴムをペン先に使用した専用の「スタイラス」が発売されている。指よりもスケッチなどの「手書き」がしやすいのも魅力。
ワコム Bamboo Stylus(実勢価格:約3000円)

「作業できる場所を増やす」という点では、会議中のメモやレポートの執筆等に使える「テキスト入力専用機」、モバイルパソコンやスマートフォンなど複数のデジタル機器を無線LAN経由で高速データ回線につなぐ「モバイルルーター」などが役立つだろう。

【テキスト入力専用機】文具メーカー、キングジムの「ポメラ」が切り開いた商品ジャンル。テキストデータの入力に機能を限定することで、電源オンから2秒で入力開始、単3乾電池2本で約30時間の利用を可能とした。最新機種は電子辞書機能なども搭載。
ポメラDM100(実勢価格:約3万円)
【モバイルルーター】携帯電話回線などへのアクセス機能を持ちバッテリーを内蔵した携帯型の無線LAN親機(アクセスポイント)。パソコンやタブレット、ゲーム機等を、どこからでもインターネットに接続できる。
UQ WiMAX URoad-8000(実勢価格:約2万円)。低価格のデータ通信専用サービス「WiMAX」に対応。

出張時にプリンターを探し回ったり、資料を印刷し忘れて途方に暮れたりした経験はないだろうか。撮影直後に印刷できる小型のプリンターを内蔵した「デジタル版ポラロイドカメラ」や、コンビニエンスストアの多機能コピー機でパソコン文書や写真を印刷する「ネットプリント」は、イザというときに、慌てふためかずに済む。

【デジタル版ポラロイドカメラ】インスタントカメラの代名詞「ポラロイド」がデジタルで復活。デジタルカメラに小型のプリンターを内蔵。写真はメモリーカードに保存されるので、後からでも印刷できる。インクが塗布された特殊専用紙を加熱して発色させる方式を採用。インスタント写真サイズの用紙を使う。
Polaroid Z340(実勢価格:約3万円)
【プリントサービス】セブン-イレブンで利用できる「ネットプリント」が代表的。パソコン等から専用ウェブサイトにファイルを登録すると、店頭の多機能コピー機で呼び出し印刷できる。専用アプリを利用することでスマートフォンからもファイル登録が可能に。
サービス登録、アプリは無料。印刷は20円/枚より。

(※すべて2012年1月時点の情報です。現在の販売状況については各メーカーにお問い合わせください。)