女優 広末涼子

1980年、高知県出身。94年にCMでデビューするや、抜群の存在感で脚光を浴び、歌、ドラマ、映画、舞台へと活躍の場を広げる。97年に『20世紀ノスタルジア』で映画初主演。映画賞の新人賞を総なめにする。2000年に『秘密』でシッチェス・カタルーニャ国際映画祭最優秀主演女優賞、日本アカデミー賞では00年『秘密』、08年『おくりびと』、09年『ゼロの焦点』で優秀主演女優賞を受賞。4月6日から『桜、ふたたびの加奈子』が公開されている。


 

普段、外食はほとんどしないのですが、公演のあるときには、出演者の方やスタッフのみなさんと食事をする機会が増えますね。お酒も飲みますよ。日本酒もワインも大好き。でも、飲める年になってまだ10年ちょっとですから。最近は母に焼酎を教えてもらったりして、でもまだ芋焼酎は飲めないんです。今は進化中ってところですね。

実家は高知で、親戚や友人と集まってはお酒を飲む文化の中で育ちました。お酒って、みんなで楽しくその場所、時間を共有することだと思います。初めての人でも飲めば友達か兄弟かっていうくらい、南国土佐の人たちは、人が大好きで愛県心が強くて、ウェルカムな感じです。そんな県民の血を自分も引いているなって、この頃すごく感じます。

お盆とお正月には、必ず高知に帰ります。自分が育ってきた土地の味は、やっぱり体に染み付いているのでホッとしますね。それに、家族や友人を連れていって、食べさせてあげたいものがたくさんあるのも幸せです。おいしい野菜や、小夏や文旦などの柑橘類、それに鰹のたたき! みんなとっても喜んでくれるんですよ。

舞台中などは不規則になりますけど、毎日、朝は5時半に起きて、6時半には朝ご飯です。夕ご飯も17時半で、いたって健康的。個人的には和食が好きで、お米は食べずにおひたしとかの副菜が数品あればいい、という感じなので、たまに外食するときは和食が多くなりますね。こうしてちょっとずついろいろなものが食べられるのが、本当に贅沢な気分になれるんです。

体調管理はどうしてますか? と、よく聞かれるのですが、私の場合は本当に、食事と睡眠が一番。昔、CMのコピーで「くうねるあそぶ」というのがありましたよね。大好きな言葉なのですが、これって本当に大事なこと。お仕事してがんばることは、大人なら当たり前のことだけど、それに加えて、ちゃんと食べること、ちゃんと寝ること、ちゃんと遊ぶことは、すごく自分自身のバランスを調えてくれる。お仕事をがんばって、ちゃんと食べて寝るだけでもいいけれど、友達と遊ぶとか、自然と遊ぶとか、そういうことをプラスするだけで、すごく人生って豊かになるんだなって、最近感じています。

[鳥料理] 宵の口

――情緒ある伝統的な日本家屋で鳥鍋に舌鼓

趣のある一軒家で楽しむ鳥料理。アラカルトも楽しめるテーブル席や、それぞれに雰囲気の異なる個室など、使い勝手もよい。

東京都港区赤坂4-3-29 TEL.03-5575-7433
営業時間/12:00~14:30(ランチ土曜休)、18:00~23:00 日祝休 喫煙可
全78席、2~16人まで収容できる個室7部屋 個室はコースのみで要予約

鳥鍋コース5000円、鳥鍋会席6500円。鳥料理コース5000円、鳥料理会席6500円。ほか一品料理。日本酒、焼酎、ワインも揃えている。

1 一番人気の鳥みそ鍋(1人前2500円。写真は2人前)。ニラとキンカンの下には、鶏もも肉、レバー、九条ねぎ、玉ねぎ、豆腐、こんにゃくなどがぎっしり。ある程度火が通ったところで、上にのった味噌を溶かし込む。見た目よりも優しい味わいで食べやすい。

 

2 鳥鍋、鳥会席の両コース料理で登場する前菜。海老としめじの胡麻酢がけ、肝と牛蒡の当座煮など。料理の内容は月替わり。箱盛りで見た目も美しい。

3 鳥会席コースのメーン、炭焼き盛り合わせ。もも、手羽、ハラミの塩焼きに、せせりの木の子クリームパイ包み焼き、野菜料理など、これだけでも十分に満足できそうなボリュームだ。

4 こちらもコース共通の向付。むね肉のたたきや、合鴨ロースなど、酒肴が少しずつ盛り合わせに。

[串揚げ]風の音

――神楽坂の路地裏。家庭的な雰囲気に和む串揚げ専門店

東京都新宿区神楽坂3-2 神楽坂MKビル2F TEL.03-3260-9540
営業時間/11:30~14:00(LO)、17:30~22:15(LO)、土日祝は~21:30(LO)月曜休
カウンター10席、テーブル12席 カードは1人5250円以上で可 喫煙可 お任せのみ予約可]

串15本で4500円程度が目安。串10本に小付、野菜、食事、シャーベットが付く楓コース2800円もある。

1 串揚げの種類は、常時30種ほど。1本120~400円。海老やアスパラの豚肉巻きなどの定番のほか、今ならふぐ、牡蠣など季節替わりの串が加わる。年間を通して100種ほどの串があるそうだ。お任せコースは、ストップをかけるまで次々と串が出てくるシステム。好みでソース、ポン酢、山椒塩をつけて。細挽きのパン粉をつけてカラッと揚げた串は油切れがよく、軽い食感。次は何が出てくるのかと、待つ時間も楽しい。

2 ねっとりとした食感の黄金玉子300円、酒粕に浸けたクリームチーズと、いぶりがっこを混ぜた、がっこチーズ500円など、酒の進むつまみも用意してある。

3 お任せコースは、初めにスティック野菜と小付、串揚げの途中で中皿が出る。この日の小付は三色ナムル、中皿は牡蠣のグラタン。

4 食事の締めに人気の、おぶ漬け500円。塩昆布をのせたお茶漬けで、ほうじ茶をかけてさっぱりと食べられる。