すぐにビジネスにつながる「数字センス」を磨く練習問題を、ミリオンセラー『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』の著者が伝授。足し算、引き算、掛け算、割り算という、算数の知識があれば十分解けます。

Q.この会社への投資を考えている。着実に成長している企業かどうか。

【正解へのヒント】
・2009年、10年、11年、それぞれの決算報告書における数字の根本的な違いとは何か?
・ 会社の状況を正確に見る場合、使うべきなのはどの年度の数字か?

投資先を選ぶときも、過去の決算報告書を並列させ、数字の動きを見る必要がある。売り上げや利益が着実に伸びていて、財務も健全というのが理想だ。

では、ここに挙げたE社は、決算書から見て投資に値するだろうか。ざっと見たところ、現預金は着実に増えている。09年の実績が1926万円、10年実績が3888万円だが、11年の予測は約3倍の1億円に達している。売上高も09年実績が1億5108万円、10年実績が3億6638万円で、11年予測が5億3690万円と着実に伸びている。税引後当期純利益は09年、10年の実績は赤字だが、11年3月期の予測では415万円の黒字転換が見込まれる。

これだけ見ると、小さいながらも着実に伸びている、将来有望な企業というふうにも見えてくる。しかし、ここに落とし穴があるのだ。ポイントは11年3月期の数字である。09年3月期と10年3月期の数字は「実績」であるのに対し、11年3月期の数字は「予測」である。「予測」なのだから、本当に数字が達成できるかどうかは、実際に11年3月期の決算を締めてみないとわからないのだ。

決算書の中の「予測」や「計画」といった数字は、企業側がいかようにもつくることができる。ここを前年度に比べて悪くする企業はほとんどなく、現状を判断する材料には使えないと考えてよい。とすると使えるのは09年と10年の実績データのみということになる。

ここで、10年3月期の「売上高」と「売掛金」を見てみよう。売上高3億6638万円に対して、売掛金が1億8465万円で、何と売上高の半分を売掛金が占める計算だ。売掛金とは、製品やサービスなどを販売したがまだ現金が未回収の分をいう。企業にとっては債権になるが、取引相手が倒産するなどして、回収できないリスクがあることを意味する。これでは健全な経営体質であるとはいえないし、そもそも売り上げの数字自体を水増ししている可能性も考えられる。

もう1段階上級のテクニックになるが、「借入金」に注目してみよう。10年3月期実績で見ると、短期借入金、長期借入金の合計額が1832万2000円。この数字自体に何ら問題はない。

ただ、支払利息を見ると、22万6000円となっている。この支払利息を借入金で割れば、1年間の借入金利を大まかに計算することができる。借入金利は年1.2%。いくら低金利時代でも、ここまでの低金利融資が受けられる金融機関は存在しない。ということは、借入金は銀行などから借りているのではなく、社長個人が出しているという推測が成り立つ。そうなると社長がお金を出せなくなると資金繰りが悪化する可能性が高いため、社長の資産状況を別途チェックし、健全性を判断する必要が生じてくる。

逆に年15%といった高金利の場合も、一般の金融機関以外から借りた可能性が出てくるため、危険度が高い。

答え【NO】
公認会計士 山田真哉
1976年、兵庫県生まれ。大阪大学卒業後、一般企業を経て、公認会計士2次試験に合格。現在、公認会計士山田真哉事務所所長。『食い逃げされてもバイトは雇うな』などベストセラー著書多数。