日本の経営者やミドルはいつからか叱らなくなった――。経営学の泰斗である加護野忠男氏は言う。かつては叱ることで人を育てる文化が日本企業に根付いていた。今こそ、「叱り上手」の名経営者に教えを請おう。

メールでの叱責はタブーである

今の会社組織は叱り方を忘れているように見える。その一番単純な理由は、みんな叱られ慣れていないことだろう。団塊の世代が入社した頃は、まだ会社では叱るという行為がずいぶん行われていた。しかし、団塊の世代の人たちはそのありさまを見て、こんなことをやってはいけないと考えて、あまり叱らなくなったように思う。

叱り慣れていない人々が部下を叱ろうとするとき、どのような点に気をつければよいか。基本は仕事に、会社にコミットすることである。コミットがなければ「叱らないほうが得」という考えに流れてしまう。

そのうえで、何よりも重要なのは自然な感情の表出である。感情の表出の大きさは、志や企業精神を伝える重要な手段だからである。

最近はメールで部下を叱責するような上司がいるというが、これでは効果的に叱ることはできない。メールでは感情が伝わらないからである。

隔週の火曜日の朝、大阪国際空港はセブン-イレブンの車でいっぱいになる。同社では隔週の火曜日、加盟店オーナーをバックアップするオペレーション・フィールド・カウンセラーを全国から東京本部に呼び集め、会議を開催するためだ。その人数は5000人とも6000人とも言われ、交通費だけでも相当な額がかかっている。

私は疑問に思い、セブン&アイ・ホールディングスCEOの鈴木敏文氏と対談した際、「なぜこれほどのお金をかけて、東京に人を集めるのか?」と尋ねてみた。

「トップがどれほど怒っているかということは、やはり唾の飛ぶ範囲で話をしないとわからない。それでも聞いてない奴がいる」

それが鈴木氏の答えだった。

いくら感嘆符や顔文字を駆使しても、メールでは感情は伝わらない。やはりフェース・トゥー・フェースでなければ、叱ることはできないのである。

何について叱るかも重要なポイントである。

叱り上手は、意外に小さなことをよく叱っている。小事について叱ることの意味は2つある。1つは、現場の気の緩みは、まず些細なことに表れる。些細なことが守られないのは、現場の緩みの初期警報なのである。

もう1つは、人々が短絡的合理性に陥るのを防ぐこと。短絡的合理性とは、小さなことに対応するのは効果が小さいからという理由で、それを軽視してしまうという間違った合理性である。

現役の経営者で叱り上手といえば、日本電産社長の永守重信氏がいる。永守氏も「小さなことをないがしろにする行為に対しては徹底的に叱責するという風土を根づかせている」と語っている。

「ここに5個だけつくる製品サンプルの設計図がある。そこにちょっとしたミスでもあれば、わたしはそのミスを指摘して技術の担当者を徹底的に叱りつける。

こんなとき、たいてい本人は不満そうな顔をする。それでも、わたしはこんなことが2度とないようしつこく厳重に注意を与える。これで会社が損をしたとしても、たかだか5万円程度のものだろう。だからこそ、わたしはこれ以上がないほど叱るのである」(『「人を動かす人」になれ!』永守重信)

家族もフォローした幸之助のマネジメント

しかし、厳しすぎる叱りは人の意欲をくじいたり、心を傷つけてしまったりする危険性もある。そこで叱った後には適切なフォローを行うことが重要なポイントの1つになる。

これがとてもうまかったのが松下幸之助氏である。実は前回紹介した、松下氏にこっぴどく叱られた経験をつづった後藤氏の文には続きがある。

「深夜であったが、秘書課長が呼び出され、私を送ってくれた。私の女房を露地(注・原文ママ)に呼び出して、耳打ち話。あとで女房に尋ねてみると、ひょっとして自殺せんとも限らん。奥さん、夜通し目を放さんといてくれ。一夜明ける。午前7時。始業前。リリンと事務所の電話のベルが鳴った。受話器をとる。大将自らの多少せっかちな声が優しい。“あッ 後藤君か、別に用事ないねん。気持ちようやってるか。そうか、そりゃ結構や”とすぐに電話を切られる。昨夜、こっぴどく叱られたモヤモヤが、一時にすっ飛んでしまった」

家族にまで注意を促し、翌日にはちゃんと自らフォローを入れていたのである。松下氏が「叱り上手」と言われる所以はここにある。

社員を腐らせた迷言

責任逃れは、社員の士気を削ぐ。仰天発言の数々をとくとご覧いただこう。
参考文献:『会社をつぶす経営者の一言』(村上信夫著)。「社員を腐らせた迷言」でとりあげた社長の肩書はすべて当時のもの。
こっちは寝ていないんだよ!!(雪印乳業社長 石川哲郎)

2000年6月に発生した雪印集団食中毒事件の際、記者会見場で放った言葉。以降、雪印グループの信頼が損なわれ、経営は大きく傾いた。

業績が悪いのは従業員が働かないからだ(富士通社長 秋草直之)

「週刊東洋経済」2001年10月13日号の取材で、業績悪化の責任を問われたときの言葉。約22年間取締役に在任し、同社のドンと呼ばれた。

わたしは知らなかったということで……(コクド会長 堤 義明)

インサイダー取引疑惑で釈明を求められた堤氏は、罪を否認し続けた。後に有罪判決を受け、西武鉄道グループ「堤王国」は崩壊することになる。

パート従業員が勝手にやったことだ(船場吉兆取締役 湯木尚治)

消費期限の偽装を問われた会見場で、湯木正徳社長の次男である尚治氏が言ったセリフ。会見から約半年後、同社は廃業に追い込まれた。

※すべて雑誌掲載当時