ペットを家族同然に可愛がる人が多い現代だが、特に集合住宅などで飼っている場合は、死んだ後のことも考えなくてはならない。埋葬だけでなく、希望すれば通夜や読経まで取り扱うサービスもある。

業者に頼む場合はまず火葬するのが一般的。ペットの火葬には大きく分けて、民間の葬送業者と自治体が行う「合同火葬」と「個別火葬」の2種類がある。民間の葬送業者の場合は、飼い主がペットを、火葬施設を備えた霊園に持ち込む例や、飼い主が立ち会わず、遺体を引き取ってもらい、遺骨を届けてもらう例もある。また、移動火葬車がやってきて、車載された炉で訪問火葬する場合も。オプションでは、本格的な豪華祭壇、また通夜や読経まで人間並みのさまざまなサービスがある。

「火葬費用や葬儀内容は、火葬方法や業者によって大きく違いますから、見積もりを複数取ることです。ペットの大きさや重さを告げれば、ある程度の相場を知ることができます。法外に高い料金には注意。ペット仲間のクチコミ情報やかかりつけの動物病院に相談して、業者を紹介してもらって検討するのもよいでしょう」とファイナンシャル・プランナーの和田雅彦氏は語る。

参考までに、民間業者の「常憲社」では、犬の火葬料金は、一任葬(お迎え→寺院で個別火葬→自宅に返骨)、および立会葬(飼い主は自分で火葬場へ移動→寺院内火葬場でお別れ→火葬→収骨)で、小型(1キロから5キロ)が2万1000円、中型(5キロから15キロ)が2万6250円、大型(20キロから35キロ)が4万2000円。家族送迎付立会葬(お迎え→寺院到着→寺院内火葬場にてお別れ→火葬→収骨→自宅へ送迎)が、小型で2万9400円、中型が3万6750円、大型が5万8800円だ。

最近では、個別火葬に、飼い主や家族が立ち会う「立会火葬」を望む飼い主が増えている。個別火葬より1万円から2万円程度高くなるが、人の火葬と同じように、お骨を拾って骨壷に入れ、持ち帰ることができる。

一方、自治体での火葬は、遺体を一般廃棄物の焼却炉で焼却後、一緒に埋めて処分する自治体から、専用の動物炉や斎場で、個別または合同で焼却する自治体まで、方法はさまざまだ。例えば東京都練馬区の場合は、区の清掃事務所に申し込むと、自宅まで引き取りにきてくれ(引き取り費用2600円、25キロまで)、動物炉で合同火葬し、遺骨は提携している霊園の合同霊園に埋葬している。

2010年4月に、ペットの遺体を火葬し、遺骨を届けると言いながら、埼玉県の山中に100頭もの犬や猫の遺体を遺棄していたペット葬儀業者が逮捕されるという事件が起きた。

また、訪問火葬を行う移動火葬業者のトラブルも多発している。前出の和田氏は、「悪質な業者に引っかからないためには、全国ペット葬祭業協会や、日本ペット訪問火葬協会などの団体に入っているかなどもチェックを」と、注意を促す。

最後に、遺骨の安置方法だが、自宅につくった祭壇に安置する、またはペット霊園や寺院にお墓を購入して埋葬する方法、納骨堂に安置する方法などがある。さらに、ペットが気に入っていた場所や、海や山などに遺骨をまく、散骨を選ぶ人も。

現在は、ペット霊園も増え始め、寺院の敷地内に併設される所も多くなっているが、あくまでも人間のお墓とは別の区画。都市部では、ペットの墓地を新たにつくるのが難しく、納骨棚や納骨堂に遺骨を納める霊園が多くなってきた。例えば、東京・江戸川区の城東動物霊園では、個別納骨の場合、本館納骨堂で、個別霊座2から5段目で1年間、2万円。契約期間経過後も希望すれば更新できるが、更新をしない場合は、無料で合同納骨祭祀供養に移行される。