「文章力は関係ない」。ビジネス作家育成のプロとして圧倒的な支持を集める土井英司氏は断言する。では、どうすれば本を出せるのか。ベストセラー作家2人の証言を交え、その最短ルートを明らかにする。

『バカでも年収1000万円』の著者、伊藤喜之さんは22歳のころ、コンビニで夜勤のアルバイトをしていた。昼間の仕事だけでは食べていけないほど、当時の給料は安かったが、数年後、同じコンビニに伊藤さんの本が並んだ。しかも、コンビニで最も売れたのが、その店だったという。

伊藤さんはこう話す。

「当時、書棚の整理を担当していたので、仕事の合間によく雑誌や本を読んでいたんです。まさか、その中に自分の本がまじるなんて思いませんでした。夜勤の兄ちゃんからここまでこられたんですから」

本を書くなんて、文章力があって才能のある人だけの特権だと思う人もいるかもしれない。だが、伊藤さんは高学歴というわけではなく、大企業に就職できたわけでもない。それでも、16万部のベストセラーを書くことができたのだ。

ビジネス作家を養成する「出版戦略セミナー」を主宰するエリエス・ブック・コンサルティング代表の土井英司さんは、「本は誰でも書ける」という。

「人はみな、何か積み重ねてきた自分だけの経験や技術、コツみたいなものがあります。それを引き出して、読者目線を持つことができれば、それだけで一冊の本になるんです」

問題はその「金脈」がどこにあるか、自分でわかっていないことだ。

「字が大きくてスカスカに見える本でも8万字くらいはあります。それだけ書くには、日ごろから自分がよほど興味を持って、ストックしているものをテーマにしないといけません。でもそれは、自分が好きだと思っていることとは違うことが多いし、読者が共感できるものである必要があります」

では、どういったテーマが読者の共感を呼びやすいのか。土井さんは2つのタイプを挙げる。

一つは、業界では常識だが一般にはあまり知られておらず、かつ知っておくとメリットがあるようなこと。医者であれば、体温を上げることがいかに健康にいいかとか、不動産業界で働く人なら、マンションを買うにあたって知っておきたいことを心得ているはずだ。消費者の知らない裏側を知っていることは売りになる。

もう一つは、仕事や生活で役に立つノウハウを教えること。教師やコンサルタントなどを職業にしていて、日ごろから人にものを教えている人は、それをそのまま本にできることが多い。若くして出世した人や起業したサラリーマンなど、自分なりの「成功のコツ」を知っている人も強い。たった3年で、年収200万円の平社員からベンチャー企業の取締役となった前述の伊藤さんも、このパターンだ。

文章に関しては、土井さんに言わせれば編集者がサポートしてくれるから「どうにでもなる」そうだ。書くのが苦手な場合は、口述筆記、つまり自分で話したことを録音し、書き起こせばいいという。

テーマも決まり、いざ書くべし!となれば、出版社に持ち込むことになる。そのときに必要なのが企画書だ。なかでも大事なのはプロフィールだと土井さんは強調する。

「うちのセミナーで時間をかけて教えているのがプロフィールの書き方です。コツは、この人変わってるなと思わせる“違和感”を持たせること。人って自分のネガティブな側面やコンプレックスをさらけ出すことを嫌いますが、出版はそれができた人のほうが生き残れる世界です」

発売3カ月で5万部を突破した『プロフェッショナルサラリーマン』の著者、俣野成敏さんも、自身が落ち込んでいた過去をプロフィールに生かしている。俣野さんは東証一部上場のメーカーに勤めているが、一時期はリストラの対象者になるという現実を突きつけられた。そこからグループ企業の現役最年少役員、本社の史上最年少上級顧問へと這い上がった経歴を持っている。俣野さんは、この「振れ幅」が大きければ大きいほどいい、という。

「そのためには勇気を出して恥部をさらす必要がある。いいことばかり書いたら、読者は共感してくれません。読者が共感するのは、頂点から穴に落ちていくか、どん底から這い上がるか、そのどちらかなんです」

俣野さんは、リストラ要員になったことで危機感を持ち、一念発起して社内ベンチャーを立ち上げた。その経験や、そのときに培った自分なりの仕事哲学を本にしようと思ったのがきっかけだった。まず、自分の考えをブログやメルマガに書くことから始めたという。

「社内メルマガを100本書いて、感想をフィードバックしてもらい、読者には何が響いて、何が伝わらないのかを分析しました。かなり書きためたころに知人の紹介で編集者に出会い、書籍化が決まったんです」

本を書くきっかけは人それぞれだ。冒頭の伊藤さんの場合は仕事の付き合いを広げていたら、周囲に本を書いている人が多いことに気づき、「これなら自分でも書けるんじゃないか」と軽い気持ちで考えたことが発端だ。結果的には、本を書いたメリットは大きかった。

「やっぱり人脈が広がったことが一番ですね。メディアに出たり、講演やセミナーに呼ばれることも多くなり、いろいろな人と会うことができました。読者に自衛隊の方がいて、『この本は軍事に通じる!』と仰っていただき、自衛隊の駐屯地で講演したこともあります。本当かなと半信半疑でしたが、実際話をしたらめちゃくちゃ受けました(笑)」(伊藤さん)

俣野さんも「本は最強の名刺」と話す。やはり、人脈づくりに絶大な効果があるようだ。土井さんが言う。

「外資系のヘッドハンターはメディアをよく見ていますから、本を書いたことで他社から誘いがきたという話はよく聞きます。あとは、単純に印税も出ますからね。定価の6~10%が相場ですから、よほど売れないと濡れ手で粟、とはいきませんが」

しかし、「動機が目立ちたいとか、稼ぎたいというものだと、大抵続かない」と土井さんは続ける。やはり、自分の仕事をさらに探求したい、自分の経験を伝えることで人を助けたいと思って書く本が、ロングセラーとなるのだ。