うつ病の増加が社会問題化し、うつ病に対する認知度も高まってきた。とはいえ、うつ病に対する誤解も多い。

最近、「プチうつ」「新型うつ」といった言葉を耳にすることがあるが、私の見解では、それらはうつ病ではない。確かに、近年のうつ病の国際的な診断基準では、単に気分の落ち込みがひどいケースでもうつ病と診断されることが多い。しかし、本来、うつ病は一時的な感情の起伏によるものではなく、正常な精神状態が質的変化を起こしたものなのだ。

精神医学では、いわゆる中核的なうつ病の気分を「抑うつ気分」と呼ぶ。人間は正常な精神状態であれば、喜怒哀楽といった感情を自然に表す。ところが、抑うつ気分になると、そうした感情表現が乏しくなる。重症になると、無表情になり、文字通り無感情の状態になってしまう。

私は産業医としてこれまで数多くの企業のビジネスマンを診察してきたが、彼らの間で中核的うつ病が確実に広がっている。これは1960年代からの傾向で、バブル経済の崩壊以降、とくにこの10年間でジワジワと増えているように思える。また、その病態も大きく変化しつつあるというのが実感だ。

従来、中核的うつ病は40代、50代の中高年に多く、生真面目で几帳面な人がかかりやすかった。ところが、最近では中高年だけでなく、35歳以下の若年層にも増え、しかも、生真面目・几帳面でない人でも発症するようになっている。

そこで、私は、こうした中核的うつ病の新しい病態を「現代型うつ病」と呼ぶことにした。そんな現代型うつ病が増えている要因として、次の2つの変化に注目している。

1つ目はビジネスマンの意識の変化である。高度経済成長を支えてきた滅私奉公型の仕事人間やモーレツ社員は今や影を潜め、「仕事も大切だが、自分のこと、家族のことも大切にしたい」と考える人が若い世代を中心に増えている。彼らは体調や気分が悪いと、すぐに仕事を休んで医療機関を受診する傾向が強い、そこでうつ病も見つかりやすくなり、これまで潜在していた軽症のうつ病が顕在化するようになったのではないか。

2つ目は職場環境の変化である。高度経済成長から安定経済成長、そしてバブル経済の崩壊へ、という変化とともに進展した職場環境や職場倫理の変質が「現代型うつ病」の出現と連動しているのである。それは、端的にこの30~40年に広まった企業の年功序列・終身雇用制の見直し、成果主義の導入によって起きた変化である。

成果主義のもとでビジネスマンは、生産性・効率性を向上させながら、一定の期間内に成果を上げることを厳しく求められるようになった。その結果、ビジネスマンは絶えず時間に追いまくられ、徐々に生活リズムを乱され、精神的に追いつめられるようになったのだ。

このような「現代型うつ病」の成因からも、生活リズムの回復が治療の根幹であることは明らかである。入眠と起床、3度の食事、それにともなうさまざまな生活習慣は、1日を1つのストーリーとして構成している。そんな規則正しい生活習慣を取り戻すのが治療の基本となる。

さらには、四季に応じてゆっくりと生活リズムを変化させていくことも重要で、正月の行事、3月の雛祭り、4月のお花見などの文化的営みを通して季節の変化を肌で感じ取ることも、生活リズムの回復に役立つ。

最後に、予防という観点からは、細々とした心理的な注意事項よりもまず、十分な睡眠をとることが重要であることを強調したい。睡眠こそが精神状態をリセットして、生活リズムを正常に戻す最善策なのだ。

ただし、休日の寝だめは生活リズムを狂わせるので逆効果。毎日の睡眠時間をできるだけコンスタントに確保するのがコツである。就寝前に入浴する、寝室を暗くするなど、安眠のための工夫もすると効果が上がるだろう。

※すべて雑誌掲載当時