消費税5%で買って10%で売ろう!

厳しい財政難が続くなか、消費税アップはもはや避けられない情勢だ。震災復興の財源のためと言われると納得せざるをえないが、不景気に苦しむわれわれ一般国民としては、消費税アップは頭が痛い事態といえる。

だが、この消費税アップを逆手にとって利益を得る方法がある。それが「金投資」だ。

金は、購入するときに消費税を払い、売却するときに消費税を受け取る仕組みになっている。

たとえば、金1キログラムが400万円だとすると、買うときに5%の消費税20万円を支払う。これを売るとき、もし金価格が同じ400万円なら、5%の消費税20万円を受け取るという仕組みだ(手数料などを考慮しない場合)。となると、消費税がもし5%から10%に上がれば、売るときには消費税40万円を受け取ることになり、差額20万円が儲かるという計算だ。ちなみに、消費税の課税事業者を除く個人には消費税の納税義務はない。

とはいえ、金なら何でもいい、というわけにはいかない。金のアクセサリーでは価格のうち加工賃の割合が高すぎるので、投資には不向き。ここは、ストレートに金価格を反映する金地金が最適だ。

一般のサラリーマンにとって、金地金は馴染みのない商品だろう。どこで買えるのか? といえば、たとえば田中貴金属工業、三菱マテリアル、住友金属鉱山といった金地金商で扱っている。種類は5グラムから1キログラムまで数種類あり(会社により異なる)、純度99.99%という正真正銘の純金製だ。

ただし、金地金の売買にも手数料がかかる。特に消費税の差額を狙うなら、手数料を考慮することが大切だ。

金地金の売買にかかる手数料には2種類がある。まずは買い値と売り値の差額、つまり為替でいうところのスプレッド。表のように、これは現在のところ1グラム当たり50~70円程度で、買い値に対して1.2~1.7%程度。

もう一つが、購入時・売却時に別途かかる手数料。これは、各社とも500グラムと1キログラムは無料、500グラム未満では表のように各社手数料が異なる。このため、金地金を買うなら、できれば500グラムか1キログラムのものがいい。500グラム未満の場合、小さなものほど手数料が割高になってしまう。そこで、500グラム未満のものを買うときは、小分けして買わずに、予算の中でなるべく大きなものを買うのがポイントだ。

なお、田中貴金属工業はこの4月に手数料を値上げしたばかり。他社も追随する可能性があるので、注意しておきたい。

また、金の売却益は譲渡所得となるが、この所得は50万円まで税金がかからない。50万円を超えると超えた額に課税されるが、保有期間が5年超になると、課税対象額を2分の1にできるという優遇がある。そこで、特に多額の投資をする人は、保有期間5年超を目指したほうが有利になる。

高騰を続ける金価格のゆくえはわからない。金価格が購入時より下がれば、消費税のアップ分など消し飛んでしまう可能性はもちろんある。ただ、国内金価格は金の国際価格×為替レートで決まる。すなわち、円安はそのまま国内金価格の上昇要因になるわけだ。その意味で、金投資は円安によるインフレヘッジにも役立つといっていい。

もし消費税アップの日の前日に買い、当日に売ることができれば、消費税の差額をそのままゲットできることもあるかもしれない。だが、それよりも相場をよくウオッチして下がったところで買っておき、長期保有で消費税アップを待つ方法をおすすめしたい。

※すべて雑誌掲載当時