病院でしつこく勧誘する業者には……

病院から霊安室への搬送や、院外への移送などをスムーズに行うため、大規模病院ではほとんどが、出入りの葬儀社を持っている。

葬儀社にとっても病院の出入り業者に指定されれば、ビジネスチャンスが広がるため、様々な名目で病院へお金を渡す習慣がいまだに横行している。

国公立病院では、あからさまな金銭授受は違法行為だが、看護師長への贈答品や接待攻勢など、葬儀社の担当者はあの手この手で気に入られる努力を惜しまない。さらに都内の私立病院のケースでは、指定業者は年間2000万~3000万円の「寄付金」以外に、一遺体につき2万~3万円を病院に支払うのが相場だ。葬儀を受注できなくてもこの金額は変わらない。

こうした巨額の経費は、もちろん葬儀代金に上乗せされ、遺族が負担することになる。さらに、僧侶に支払う寺関連費用も遺族にとっては重荷だろう。お布施や戒名、読経などにかかる金額は、全国平均で55万円(日本消費者協会調べ)と安くない。葬儀社に支払う葬儀費用と合わせれば、250万円が計上される。

なぜ葬儀費用はこれほど不透明なのか? それは、多くの人が誰かが亡くなってから初めて葬儀社を選ぶからだ。全く予備知識のない遺族は、悪徳葬儀社からすれば絶好のカモ。取って食われぬよう、葬儀社選びのチェックポイントを記したい。

病院で出合う葬儀社は、あの手この手で葬儀を半ば強引に請け負おうとするが、目に余る言動があれば、病院にクレームをつければ収まる。彼らのアキレス腱は、病院指定業者から外されてしまうことだからだ。

一度葬儀がスタートすればチェンジはできないので、葬儀社は冷静沈着に選びたい。インターネットで葬儀社を探す場合、名前に「NPO」とか「サポートサービス」などと冠して公的な印象を与える葬儀社も多いが、そこを使って安心であるという根拠は何もない。実体のない斡旋のケースもあるから注意が必要だ。あまりにも安すぎる値段を提示したり、割引を強調する葬儀社は、グレードアップやオプションサービスで上乗せすることが多い。上乗せされやすい項目を表に記したので、ぜひとも参照していただきたい。

さらに、見積書じたいにもよし悪しがある。サービスや品目ごとに詳細な明細が添えてあればいいが、「一式料金100万円」などと、詳細が何もわからない見積書しか出さない葬儀社もある。ちゃんとした請負契約書を発行してもらうようにしたいものだ。

昨今、葬儀はますます小規模化が進んでいる。核家族化が進み、親戚付き合いや近隣との付き合いが希薄化したり、平均寿命が延びて知人の会葬者が減る以外に、形にとらわれた見栄ばかりを追求する大規模な葬儀から、少人数で心のこもった葬儀をしたいという機運が高まっているからだ。

また、不透明な葬儀費用に嫌気がさしたり、葬儀費用が支払えないという理由から、葬儀そのものを省いて病院から直接、火葬場に送る「直葬」も増えている。ただし火葬場では読経や花をつけるケースが多いという。やはり譲れない一線というものがあるのだ。多種多様の葬儀の形態がある中で自分の思いを貫くためには、「縁起でもない」という抵抗感を払い去り、事前に葬儀社選びをすませておくといいのではないか。周到な準備があってこそ、心のこもった葬儀ができるものだ。

※すべて雑誌掲載当時