年末から年明けに、さらなる泥沼に陥った不動産・株式市場。つい先頃までわが世の春を謳歌していた投資家たちの悲鳴が聞こえる……。

「目の前で数字が綺麗に下がっていくのを見てびっくり」
主婦 小幡和江(仮名)●37歳。超大手メーカー勤務の夫と小学生2人。パートや家事の合間にデイトレを開始、2年間で700万円まで増やしたが、現在は200万円強まで目減りした。

「うーん、思い出したくもない銘柄だけど……」
出版社勤務 武井 聡(仮名)●49歳。年収1200万円。妻と小学生の子2人。学生時代から趣味で株投資を続ける。損失は最盛期から約800万円。ワンルームマンション投資も手がける。

「将来のテナント料を含めると、被害は10億近い」
不動産業者 滝上正文(仮名)●35歳。既婚。年商100億円の会社幹部。15億円のビル建設計画を進めていたが、リーマン・ショック直後に銀行融資を一方的に止められる。

「空き室率5割超だと、アパート経営は赤字」
自営業 大石憲司(仮名)●45歳。家業を継ぐ傍ら、関東某県の工場付近に派遣社員の入居を当て込んで7000万円でアパートを建てるも、工場の大量派遣切りが直撃、借金5000万円が残る。

「エルメス・バーキン、買っちゃった。120万円」

――DSの発売が04年暮れ、DS Liteが06年3月でしたね。

【小幡】すごかったです。本当にきれいに上がったの。その後にWiiがきたからよけい長生きしちゃって、任天堂サマサマでした。嬉しくて嬉しくて。で、バーキンいっちゃいました、エルメスの。

――バッグ買ったんですか? いくらで?

【小幡】120万円。

一同 ひえー(苦笑)。

【小幡】その後もう1回波がきたんです。テーマは北京オリンピックだったんですが。元大手証券マンがやってる有料サイトを参考にして新日本製鉄とかの鉄鋼株と、あとひそかに海運株がよかった。ズブの素人だったから、最初は海運の意味すらわからなかったぐらいですけど、中国で建物をたくさんつくらなきゃならないのと、いろんなモノが海を渡らなきゃならないっていうことで、商船三井とかをずっと追いかけてました。

【武井】最盛期はどれくらいありました?

【小幡】2年間で700万円以上いったでしょうか。服とかもいろいろ買いましたけど……でも、それが今では3分の1以下ですよ。去年1月、経済ショックでアジアの株式市場が急落したときに一度2分の1になって、ほんとにおっかないなと思ったんですけど、秋のアメリカの(リーマン・ショック)で今、200万円ちょっと。バーキンは今日は持ってきていません。怖くて持ち出せないですよ。500万円で買ったようなものですから。

――少し詳しくお話しいただけますか。

【小幡】昨年1月(22日)の急落は、つい前日まで絶好調だったのが、あれれれって一気に半額になっちゃって。目の前できれいに数字が消えていくのを見てもう、びっくりしちゃって。1万6000あった平均株価が1万2000、1万1000とどんどん落ちていった。あのときに今のような状態になる嫌な予感はあったんですけど。ちょっとオリンピックで調子づいちゃってたんで、とにかく下がった日には海運を必ず買って、次の日に利確出して、という自分のルールをつくっていたんです。

「新築を購入すれば、中古をつける」業者も

【武井】なるほど。

【小幡】でも、オリンピックが始まる(8月8日)とブームはもう去ってしまい、海運株の上昇も止まって、どうしよう、どうしようと思いながら、そのままにしていたんですよ。今考えると、オリンピックの開会式で、あの口パクの女の子の歌を聞きながら全部売って現金化しておけばよかったんです。

【武井】処分しないまま9月がきたんだ。

【小幡】私、大きいところしか買わなかったんですけど、もうトヨタ、東芝、日産もめちゃくちゃ。東証一部でジャスダックのような乱高下を見てる感じ。三菱東京UFJも銀行の中では手堅かったんですけどね。一番ひどかったのが東芝。有料サイトの言うがままに、145万円を目標に1182円(07年7月)のとき1000株買ったんですよ。毎日、利確して日当3万円くらい出ればいい、という感じでしたが、綺麗に下がって今は400円程度。嘘みたい。こことトヨタは、半年前までは1日3分で日当が軽く稼げたのに。

――ダンナさんはご存じなんですか?

【小幡】夫と話し合って、とりあえず目先の利益を追うのはもうやめようって。100年に一度の不況に当たっちゃったわけだから、塩漬けのまま子供に贈与して、「あんたらが好きなときに売りなさい。もしダメなら孫の代で売りなさい」ということにしています。配当は年4万~5万円ぐらいしかないし、二進も三進もいかないから節約一筋。今、3階建ての家を買って住んでいるんですが、生涯に家を3軒建てようと思って、ちょっと事業拡大したところもあるんですけど。

【滝上】リーマン以降、マンションの掘り出しモノ物件はひそかに出回ってますね。

【大石】マンションは今や投げ売り状態。元を取ろうなんてとんでもない。都心では、昨夏前なら5000万~6000万円、3LDKクラスの物件が今は2割安。埼玉、千葉あたりだと、元の値段はもう少し下がるけど3割安、ひどいところでは半値という物件さえ聞いてますよ。

一同 (うなずく)

【大石】例えば、一部上場の不動産業者が倒産して転売されたマンションなどは80平方メートル4000万円台のマンションが2000万円台まで暴落。一昨年初めに、購入していた客からは「カネ返せ!」と怒りの声も出る始末です。でも、最初に販売に携わった業者はもう倒産したり、ほかの業者に代替わりしてしまい、追及は実質的に不可能。でも、客からすれば怒りが収まるわけがない。

【小幡】でもそれ、ひどい話ですね。

【大石】このため、こうした先に高く購入した住民と後から安く購入した住民との間に、どうにも解決しにくい感情のしこりが残ってしまい、自治会も機能しない事態も発生しつつあるようです。

【滝上】オリンピック後の北京では、マンションを一戸購入すればもう一戸ただであげる突飛な業者も出ていると聞くけど、日本でも当初価格より1000万円も値引きとなると、新築購入すれば中古マンションをつける、などという業者がそろそろ現れそうですよ。

【大石】先ほどの武井さんのお話じゃないですけど、家賃保証制度などでマンションを投資用に購入した客に、業者が契約見直しという荒業を迫るケースもありますね。立地条件が悪くなくても空き部屋が増え、賃料がジリジリ下がっているから、違約金を払ってでも解約したほうが得と判断したんでしょう。空き室が続けばすべて業者持ち。半年くらいならいいけど、2年、3年と続くとさすがにねえ。なかには、最初から2年で契約破棄するつもりで、あらかじめ物件の価格に上乗せしておくとんでもない奴もいる。

【武井】ワンルームマンションなんて、今は購入時の半額でも売れませんねえ。新築ですら投げ売り状態なんですから。株だって今、「千載一遇のチャンス」とか言われるけど、とてもそうは思えない。

「落ちてくるナイフを素手でつかむ」という言葉があるけど、まさにそういう心境だよね。