学校時代の同窓会は友達を掘り起こす絶好のチャンス

暇ができるとふらりと旅に出るのが趣味のDさん。2週間の音信不通も珍しくないことは友人の間でも有名だったが、ある日、Dさんは自室で倒れた。友人がたまたまメールを送ったが無反応。きっと「いつもの放浪」と気にも留めない。

Dさんは1週間後に息絶えた。死後3週間、異臭をきっかけに発見……。

「ブログやメールも使いようです。もし何日か経っても返事が来なかったら心配して、というようなことを普段からお互いに話しておくべきです」とキーパーズの吉田太一氏は言う。

おひとりさまは、友人が頼り。自由だからこそ、まめな連絡がいざというときに役に立つ。そのためにも友達はたくさんつくっておきたい。

「30代、40代は仕事に縛られるのでプライベートの友達をつくりにくいのは確か。職場の同僚が友達と思っていて、転職したとたん友達がいなくなってしまう人もいます。だから学校時代の同窓会は友達を掘り起こす絶好のチャンスです」とFPの飯田道子氏。

習い事なら料理。友達ができるうえ生活力も上がる

吉田氏は、「私は懐かしい友達にも突然、平気で電話を入れますよ。ただ、50歳、60歳になると、同窓生とはいえ、社会的な立場や経済状況に大きな格差がついていたりします。金ない、家ない、家族がないおっちゃんが、大企業の部長になっている友達に、何十年ぶりに電話はできません。でもまだ40代だったら声をかけやすい。自分の死も一度は意識して、早いうちから連絡をこまめに取ってもらいたいですね」。

友達候補は同窓生だけではない。

「趣味のグループでも習い事でもいいんです。日常の行動範囲を広げる努力が大切です」(飯田氏)

「買い物ひとつとっても、コンビニより八百屋や魚屋を回れば、人と接触する機会が増える」と吉田氏。

FPの山田静江氏は「マンションの近所付き合いもあります。積極的に管理組合の役員を引き受けてもいいですね。それも友達づくりにつながりますから」。

友達づくりのチャンスはあらゆるところにある。

「何か習い事をするなら料理教室がお勧め」(飯田氏)。友達が増えるうえ、家事ができるようになれば、生活力も上がるのだから、一石二鳥なのだ。いろいろと気にかけてくれる女性の友達も増やしやすい。

しかし、友達をつくるのであれば、くたびれた身なりは何とかしたいもの。山田氏は「やっぱり身ぎれいに清潔にしておくことです。ましてお風呂に入ってないなんて最低です。親父臭には気をつけないと、近所の奥さんにも嫌われるし、パートナーなんて絶対にできない」と釘を刺す。

嫌われては気にも留めてもらえないのだから深刻。過去の地位で人はついてこないことを嫌でも思い知るわけだ。

吉田氏は「一人の親友よりもたくさんの友達。友達は消えて、またできてでいい」と助言する。

いくつになっても男を捨てない一方、誰とでも気軽に声を掛け合う“おばちゃん精神”も、男おひとりさまには必修科目なのだ。