慶應義塾大学がチームでの「箱根駅伝」への出場を目指している。昨春にプロジェクトを立ち上げ、今年の箱根では12年ぶりに学生連合チームへ選手を出した。他大学はPRを目的として選手をスカウトしているが、慶應ではスポーツ推薦は受け入れていない。なぜ箱根にこだわるのか。その背景を追った――。

スタートではなく、ラインに立った

箱根駅伝8区終盤の難所、藤沢の遊行寺坂を、白地に「K」のユニフォームがじりじりと登ってくる。関東学生連合チームの8区を任された根岸祐太(慶應義塾大学3年)は、第82回大会以来12年ぶりとなる慶大生の箱根ランナーとなった。間断なく飛ぶ声援。21.4kmの間に立った競走部の幟(のぼり)は400本。それだけでなく、慶應三田会の幟も視界に入った。付属の慶應義塾志木高から6年間「K」のユニフォームを着る根岸は「今までで一番慶應を感じた」という。

慶大は2017年春に「箱根駅伝プロジェクト」を発表。日体大、実業団チームの日清食品グループで活躍した保科光作氏をコーチとして招聘し、大学の協力で「ランニングデザイン・ラボ」を設立。研究領域とも連携した、慶大ならではの強化施策の準備を進め、1994年の第70回大会以来となるチームでの箱根駅伝出場を目指している。競走部創立100周年の節目に際して立ち上がったプロジェクトだが、きっかけを作ったのは長距離ではなく短距離のOBだった。

今大会から遡ること約2週間前、慶大日吉グラウンドの一室では、根岸の応援に向けた慶大競走部OBによる会議が行われた。ホワイトボードに8区の道程が描かれ、応援スポットと動員状況が書き込まれている。発起人の1人である短距離のOBはこの日も会議の進行役を務めていた。

「発案当初は周囲の多くの人に『箱根なんて無理』と言われましたが、保科さんと出会った時に『無理じゃない』と言われ、励みになりました。根岸にも本当に感謝していて、本番は楽しんで走ってほしい」

高校時代は不本意な成績しか残せず、リベンジを誓って慶大競走部に入った根岸は、多くのサポーターに支えられ箱根路を踏んだ。「まずは学生連合に選手を送り込む」という初年度の目標を達成し、プロジェクトは良好なスタートを切ったといえる。

慶大がチームとして出場した94年当時、長距離部員でもあったランニングデザイン・ラボの代表を務める蟹江憲史氏(慶大大学院政策・メディア研究科教授)は言う。

「初年度でできる最大のことをやったと思います。その意味では、ようやくスタートラインに立てたんじゃないかな、と」

箱根には、人を変える力がある

箱根駅伝閉幕から約10日後。根岸に話を聞くと、「設定タイムからは3分遅かった」と頭をかきながらも、淡々と、しかし充実感のある表情で話した。

「箱根は独特の雰囲気がありました。左耳が応援と近く、規制がかかって応援が途切れる場所で耳の感覚がおかしくなるほどでした。タイムも悪かったはずなのに、今までのレースで一番楽しかったですね。一生分名前を呼ばれたんじゃないかと(笑)。Kのユニフォームを箱根に復活させられたので、あとはチームで出るしかありません」

他方、保科コーチの表情には安堵と悔しさが同居する。

「根岸は実力でメンバーを勝ち取りましたが、チームとして出場できないことで、やはりどこか蚊帳の外というか……。根岸もほぼ1人で走り終えたので、“駅伝”を経験させてやりたかった。選手、コーチとして9度ほど箱根駅伝を経験していますが、今回が一番悔しかったですね。私の力はチームを出してなんぼです」

箱根駅伝は、選手層が厚いチームが上位に行く。底力のあるチームの構築には時間がかかるが、1つひとつの出来事が起爆剤となり、チーム力は加速していくものだ。今大会における根岸の出走は、大きな一歩でもある。ただし、箱根駅伝の規定上、学生連合で1人の選手が出場できるのは1度まで。出走前後で、根岸の心境にも変化が生じていた。

「保科コーチが来て、箱根駅伝プロジェクトが立ち上がった時は、自分が出られればいいという個人としての感情でした。ただ、来年以降“個人”として選抜に選ばれる可能性が僕にはないので、それが失われたら何が残るのかと思ってもいたんです。今回の箱根が終わったらやる気が続かないんじゃないか、と。でも走り終わって『あっ、チームで出られる可能性があるんだ』とあらためて気づいた。部員には、可能性が0.1%でも、目指さないともったいない舞台だと伝えました。21km走って、感覚を変えられましたね」

保科コーチは言う。

「箱根前はチームに対して熱い気持ちを言ってくれることはなかったので、それだけ走った人を変えてくれる大会なんだなと。根岸がしっかりと経験を持ち帰ってくれた。意識がワンランク上に行きましたね」

これが4年生であれば、箱根駅伝を走ってから卒業まで2カ月しかない。3年生の根岸は、唯一の経験者として来年も主軸を担うことになる。“1年”と“2カ月”の差がもたらすチームへの影響は小さくないだろう。

熱を帯びつつある「K」の集団

慶大がチームとしての箱根駅伝出場を目指す上で、大きなハードルは1つ。選手のスカウトである。スポーツ推薦がないため、付属校からの進学を除けば、高校生ランナーはAO入試か一般入試で門をたたくしかない。まもなく初年度が終わりつつあるなかで、プロジェクト発足後1期生とも言うべき入試のシーズンを迎えている。

慶大の場合、スカウトと言っても、インターハイ、地区高校総体の視察や、全国の競走部OBから送られる情報をベースに選手の元へ出向き、一対一で話をして、受験を勧めるというスタイル。競走部発信のプロジェクトのため、入試制度への働きかけはできない。駅伝強豪校のように、声が掛かればほぼ入学が保証されることはないわけだ。一般入試はこれからだが、I期、II期あるAO入試を終えた段階では、競走部にとっては厳しい状況ではあるようだ。しかし、保科コーチは前を向く。

「AOに関してはよく偏差値が高い高校から、とも言われるのですが、そうではありません。慶應で何がしたいか、どのように社会貢献がしたいかというビジョンが大学側に伝わるかが重要です。今年は、インターハイ入賞経験のある選手も入試を突破して入部予定です。ウチは選手の勧誘合戦には加わることができないけれど、逆にいえばどうしても慶應に行きたいという学生しかこないし、そもそもそうでないと受験してくれないので、個々人のパワーが強いチームができるはず。それを現役選手にも派生させて、良いチームを作っていきたい」

OBの1人に話を聞くと「こういう取り組みは、1年目はなかなか加速しないものですが、すごい加速力で立ち上がったなと実感しています。保科さんが来てから、現役部員たちも目つきが変わってきた」という。選手として十分な実績を持つ、手だれのコーチ就任を機に、チームの雰囲気は大きく好転しようとしている。

慶應らしさは競技外にも

慶大の箱根駅伝プロジェクトには、もう1つのポイントがある。研究分野との提携だ。今季のスカウトでは準備もあり、対外的なアピールポイントとすることができなかったが、1年の間に幾つかのシステムが整いつつある。

具体的には、慶大が持つノウハウの活用や、研究会の実施などだ。前者は、慶大大学院システムデザイン・マネジメント研究科(SDM)の教員と協力し、昨秋から競走部内でチームビルディングのワークショップを実施している。また、大手メーカーから機材提供を受け、選手間のコミュニケーション頻度や量を測定し、データをワークショップにも活用していく。いずれも保科コーチとランニングデザイン・ラボがハブとなって各所にアプローチし、連携にこぎつけた。ワークショップには、保科コーチ自身が加わる時もあるという。

「競技力向上よりもまず、チーム力の向上から始めたいので、いろいろな方々にご協力いただいています。私自身が選手時代にあったらいいなと思っていた取り組みです。他大学はわかりませんが、学生を見ていて、自分の考えをうまく発信できていないと感じました。間違いや、他人から認められないことへの恐れがあるのかもしれません。それで発言できないのももったいない。自分の発言に責任を持ったり、考えを整理したりする場にしてほしいという思いで始めてみました」(保科コーチ)

後者は、保科コーチが中心となり「ランニング」を軸にしたゼミナール形式の授業を計画しているという。まだ準備段階だが、箱根駅伝プロジェクトに協力する企業による寄付講座の形式をとり、競走部員にとどまらず、慶大の学生に対してオープンな授業とする予定だ。

「ランニングは全ての運動の基本動作ですから、1つの学問として学生に学びの場を提供したい」と保科コーチは言う。

「“考えて走る”。競技中はもちろん夢中で走るけれど、走らない時間の方が多いわけで、その間は走ることの科学を考えるとかね。だからそういうことに興味のある学生に来てほしい。4年間で習得したことを他の分野にも生かしていけるような人を輩出できたらカッコいいな」とは前述の蟹江氏の言葉だ。

学生アスリートの競技レベルが向上し、過熱する昨今の大学駅伝界において、慶大はある種“一歩引いた”独自路線をゆく。スポーツを大学のPRとするのではなく、あくまで教育、研究の一環という姿勢である。

クレバーなイメージが浸透した名門大学と、一貫してシビアな競技の世界に身を置いてきた新任コーチ。双方の組み合わせは、ひょっとするとこれまでの学生スポーツにはなかった化学変化を生み出すのかもしれない。

(文中一部敬称略)