自分の会社の後輩だけでなく、他社の若手社員も呼び捨てにする人がいる。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏は「基本的には『オレのほうがお前よりエラい』というマウンティングの表れ。威圧的な口調は、周囲に『クソ野郎』と誤解されるリスクがある。誰に対しても『敬語』『さん付け』を徹底しておけば、大きな間違いは起こらない」とアドバイスする――。

人間関係のキモは「言葉づかい」にあり

なんの努力をすることもなく、簡単に他人から「人格者」扱いされる技がある。別にビジネス書を読む必要もないし、一念発起して留学する必要もない。リスクを取って起業したり、寄付したことをSNSで報告したりすることでもない。長期にわたる厳しい修行も不要である。

その技とは「身内に対して丁寧にしゃべる」こと、そして外部の人間に対しては相手が年下であろうとも敬語を使い、「さん付け」をするということだ。

これらを励行するだけで、どれだけトクをするか! 自身のステップアップのために、と分厚いビジネス書を読みあさったり、受験者数のやたらと多い資格を取ったりするより、はるかにお手軽で、即効性も高い。日本で仕事をしつづけるのであれば、「敬語」「さん付け」だけで、想像以上に他のビジネスマンと差別化ができる。

人間の感情は相対評価

私はビジネス書なんて自発的に読んだこともなければ、資格取得の勉強をすることもなければ、営業をすることもないまま、フリーランスとしての仕事を順調に獲得しつづけてきた。なぜ、そうしたラッキーな状況にあるのかといえば、基本的には「あの人には仕事を頼みやすい」と周囲に思ってもらえているからだろう。その基礎にあるのが「敬語」と「さん付け」なのだ。

誰しも若いころは、オッサン、オバサンから命令口調で業務を指示される。「山田、次の会議で使うエクセル、さっさと作っとけよ!」といった形で、高圧的な命令を受ける。だが、これを「山田さん、次の会議で使うエクセル、作ってください。何日の何時までに仕上げてくれたら、とても助かります」といった調子で依頼されたら、若手はどう感じるだろう。

基本的に、人間の感情というものは相対評価になりがちである。荒々しい命令口調の先輩と丁寧な口調の先輩がいた場合、立場が下の人間は丁寧な先輩のことを人格者と捉える。人格者と捉えられた人間は、その評判が周囲にも伝わり、会ったこともない人からも人格者扱いをされることとなる。

上下の関係性のみで相手を値踏みする愚かさ

立場が下の人間は、上の人間から理不尽な物言いをされたり、無理難題を押し付けられたりしがちである。それは上司と部下の関係、発注主と下請けの関係においてもしかりだ。いわゆる“上下関係”というヤツである。

しかし世間には、「相手の都合を最優先にし、大金を払ってでも仕事を頼みたい」という人物も存在している。それは業界の大御所だったり、芸能人や著名なスポーツ選手だったり、「先生」的な人だったりする。こうした人に対しては、自分のほうが年上であるとか、お金を払っている側だとしても「お仕事をお願いさせていただいた」的に、丁寧に接しがちだ。つまり、無意識のうちに相手が自分より「上」だとラベルを貼るのである。

そして、こうした実力者が自分に対して「敬語」「さん付け」「丁寧な口調」で接してくれたりすると、勝手に「○○さんは実力があるのに(有名人なのに、大金持ちなのに……)いい人!」と、自分のなかでの好感度を爆上げする。

このような現象から透けて見えるのは、人間関係を「自分より上か、下か」で判断し、態度を使い分けるような、性根のさもしさだ。

無意味なマウンティング

威圧的な口調や、呼び捨てというものは、基本的には「オレのほうがお前よりエラい」というマウンティングの表れだ。戦国時代じゃないのだから、いちいち誰かを屈服させる必要もないというのに、無駄に自分のほうがエラいと見せようとする人が多過ぎる。あるいは、若者に対して丁寧な言葉づかいや敬称を使うことを屈辱だと捉えるような、奇妙な信仰でもあるのだろうか。

「自分のほうがエラい」とアピールしたからといって、仕事がうまく進むわけでもない。たしかに下請けは発注主に対して、カネをもらう身として時にペコペコすることもある。だからといって、カネを渡す側が「自分のほうが上」だとエラそうに接するのは大間違いだ。

発注側はより大きな利益を得るために、下請けの力を「お借り」して商品やサービスを完成させるのである。本来の考え方としては「一緒に価値を生み出すパートナー」なのだ。こうした原則をきちんと理解していれば、どちらの立場が上か下かなどと考えるまでもなく、誰に対しても「敬語」「さん付け」が自然に実践できることだろう。

誰に対しても「敬語」「さん付け」をすべし

相手に対して、いちいち横柄な口調だったり、命令調だったりするのは、おのれの自信のなさを示している。また、どうでもいい自尊心とプライドを持っていることの表れでもある。

そんな余計なプライドを持つことにより、「イヤなヤツ」「横柄なヤツ」「言葉づかいがなってないヤツ」「高圧的なヤツ」→「つまりクソ野郎」と周囲に思われてしまうのは大損である。人格や仕事の能力が、たかが言葉づかいだけで誤解されてしまう場合もあるのだから。そう思われたくないならば、丁寧にしゃべることだ。

さすがに私も大学時代の後輩と、会社員時代(4年間しかないが)を一緒に過ごした後輩に対しては呼び捨て、タメ語だが、退職後に入社してきた若手と接するにあたっては「敬語」「さん付け」を徹底している。もはや彼らは身内ではないのだから。同じ会社に属する身内だけでなく、社外の相手であっても、自分より年下であれば「○○君」などと呼ぶ人もいるが、私にはできない。

丁寧な言葉づかいを心がけるだけで、「あの人は腰が低い」「付き合いやすい人」という評価が得られる。出入り業者として接点のある会社に20歳年下の新入社員が入ってきても、この姿勢は変えない。ビジネスや人間関係を円滑にしたいのなら、まずは誰に対しても「敬語」「さん付け」を徹底しよう。それさえ押さえておけば、大きな間違いは起こらない。しかも、努力は不要であり、効果は望外に大きいので、おすすめである。

【まとめ】今回の「俺がもっとも言いたいこと」
・誰に対しても「敬語」「さん付け」を実践するだけで、ビジネスや人間関係は格段に円滑になる。
・つまらない自尊心やプライドのせいで、相手を値踏みしたり、マウンティングしたりするのは実に愚かだ。
中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう)
1973年東京都生まれ。ネットニュース編集者/PRプランナー。1997年一橋大学商学部卒業後、博報堂入社。博報堂ではCC局(現PR戦略局)に配属され、企業のPR業務に携わる。2001年に退社後、雑誌ライター、「TVブロス」編集者などを経て現在に至る。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ネットのバカ』『ウェブでメシを食うということ』『バカざんまい』など多数。