「人に何かを伝える時、筋道を立ててうまく話すことができない……」。そんな悩みを持つ人に、「超整理」シリーズなどで知られる野口悠紀雄氏は、「音声入力で思考の訓練を」と提唱します。今やほとんどの原稿を音声入力で書いているという野口氏が、この方法をすすめる理由とは――。

「とにかく書き始める」に最適

私は数年前から、スマートフォンの音声入力機能を用いて原稿を書いています。

音声入力を用いる大きな理由は、思いついたことを発声すれば、瞬時に、文字列に変換してくれるところにあります。人間の記憶力は弱いので、いい考えを思いついたとしても、すぐに忘れてしまいます。それを記録できるという意味で、音声入力は極めて強力なアシスタントです。

思いついたことを口に出すのは、いちばん自然で、いちばん簡単な方法ですから、PCのキーボードを用いるよりも、文章にするのが速い。短時間の音声入力でも、PCのテキストエディタに移すと、意外なほど分量が多い文章になっています。

もっとも、音声入力による文章を原稿にするためにはかなりの編集をしなければなりませんし、事実をチェックするために資料を調べたり、データを分析したりする必要もあります。そうした作業に時間を費やすことになるため、原稿が出来上がるまでに要する時間はそれほど短縮できるわけではありません。

キーボード入力よりもアイデアが逃げない

キーボードによる入力と音声入力の大きな違いは、音声入力を使うと文章を書く作業が楽になるところにあります。以前から私は、「文章を書く際に最も重要なのは、とにかくスタートすることだ」と考えており、「全体の構想がまとまらなくても、とにかく書き始める」ことを心がけてきました。しかし、PCに向かってキーボードを打つのでは、書き始めることが決して容易なことではなかったのです。この部分が音声入力によって、楽にできるようになりました。

メモを簡単に取れるようになったことも重要なポイントです。私は原稿のアイデアが浮かぶとメモ用紙に書いていたのですが、音声入力を使うようになって、メモの効率が飛躍的に向上しました。アイデアが逃げないうちにメモを取れることは大きなメリットで、紙にメモすることはほとんどなくなりました。

音声入力を用いているうちに気づいたのは、これは思考の訓練になるということです。まだ使ったことがない方は試みに、考えていることを音声入力してみてください。テキスト化されたものを読むと、理路整然とした文章にはなっていないと思います。考えていることを、順序立てて、すらすらと言える人はほとんどいません。

テキスト化された音声入力が、しっかりとした文章として成立することを意識して話してみましょう。非常に有効な思考の訓練になります。難しいことですが、話すときに文章を意識することが大事なのです。

文章のように話すことができるようになると、まとまった考えを、ほかの人に正確に伝えられるようになります。それはプレゼンテーションの能力が高まるということです。

音声入力を用いて、構造をつくる訓練をする

多くの人は、口頭でも文章でも、150字程度のメッセージは頻繁に発信しています。しかし、1500字程度以上のメッセージを発信する機会はあまりありません。また、日本の学校教育では、そのレベルのメッセージを順序立てて述べるという訓練をほとんど行っていません。150字と1500字の間には、「構造をつくる必要があるかどうか」という点で、決定的な差があります。

ビジネスの場はもちろんのこと、社会生活において、大きなアドバンテージとなるプレゼンテーション能力は、音声入力を用いて、「構造をつくる」訓練をすることで高めることができるのです。学校では行っていないこの訓練を、音声入力を用いれば自分で行うことができます。1日に5分でも10分でも構いませんから、スマートフォンに向かって話す習慣をつけましょう。

文章は一覧性のあるiPadと同期させる

数年前に音声入力が登場したときは、性能の高さに驚嘆しました。最初はグーグルの検索で使いましたが、検索の単語でできるなら文章でも可能だろうと試みてみると、想像以上に優秀だったのです。かなり長い文章を話しても、いくら早口で話してもテキストに変換しました。

以来、原稿を書くときには、グーグルドキュメントに音声で入力する方式で行っています。クラウドで同期していて、デバイスに依存しないので便利です。スマートフォンで音声入力したものを、瞬時にPCでテキストで見ることができます。

Googleドキュメントを使うと、iPadと同期できるのも大きなメリットです。以前、私は原稿を書いていて、ある程度の量がまとまったら、紙にプリントしていました。一覧性がほしいからです。全体を見ることによって、文章の位置を入れ替えるなどの編集が的確にできるようになります。

iPadには一覧性があり、しかもPCやノートPCと違い、縦にしても一覧できるので、原稿を見るのに紙より便利です。iPadを使うようになってから紙にプリントしなくなりました。驚くべき変化です。

スケジュール管理のために、私は一覧性のある『「超」整理手帳』を考案しましたが、何を、どのように見るかという視点は重要です。音声入力によって、思ったこと、考えたことを、簡単に「見る」ことができるようになりました。

スマートフォンの小さい画面では一部しか見ることのできないテキストも、一覧性のあるiPadなら全体を把握することができます。新しい技術や機器を上手に組み合わせ、使いこなすことが、仕事の質を高め、効率化を進める鍵を握るのです。

 
野口悠紀雄(のぐち・ゆきお)
早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問
1940年東京生まれ。1963年、東京大学工学部卒業。1964年、大蔵省入省。1972年、エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授(先端経済工学研究センター長)、スタンフォード大学客員教授などを経て、2005年4月より早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授。2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問。一橋大学名誉教授。2017年9月より現職。