加害者である横綱・日馬富士の廃業など大問題に発展した「貴ノ岩暴行事件」。相撲界では以前から行き過ぎた体罰や暴行問題がたびたび発覚しては体質改善が叫ばれてきたが、いまも体質は変わっていないことが明らかになった。根本的な解決のためには、暴力を容認する雰囲気を変えなければならないと橋下徹氏は指摘する。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(12月26日配信)より、抜粋記事をお届けします――。

(略)

僕自身も子供の剣道の指導では体罰を当たり前だと思っていた

うちの長男(現在19歳)は小学校2年から剣道を習い始めた。地元の剣道道場に入れたんだ。指導者は地元の熱血漢。自営業の仕事があるのに、子供たちを預かって週4日や5日の剣道指導をやってくれていた。道場運営は指導者と保護者で行う。僕や妻は道場運営に十分協力できずに申し訳なかった。指導者等には報酬は一切出てない。まさに地域住民によるボランティア活動団体。その道場で習った子供が社会人になって今度は指導者になるという、今時珍しい循環ができていて、さらに試合には強く、大阪いや日本全国でもかなり有名な道場だった。指導者は自分の生活の大半をこの子供たちへの指導に充てて、保護者も付きっきり。うちの子供はこの道場で育ててもらったようなもので、感謝してもし尽せない。

10年前に僕が政治家になったとき、この指導者が僕の長男に「お前のお父さんはこれから大阪のために働くことになるからお前と接する時間がなくなるだろう。だから俺が父親代わりになってやる」と言ってくれた。涙が出たね。

(略)

当時も、そして今も、この指導者たちの指導には感謝している。ただね、暴力的指導も確かにあったんだ。

(略)

正すべきところは正していくと常に心掛けていた僕も、剣道の暴力的指導について、「まあこんなもの」という認識だったので声を上げなかった。白鵬さんに、あの暴行現場で「日馬富士の暴行を止めるべき」というのはちょっと酷過ぎるというのが僕の実感だ。日馬富士の暴行を止めるべき! と口で言うのは簡単。でも本当に白鵬さんにそれを求めることができる状況だったのかどうかをしっかりと検証しないと、白鵬さん個人に責任を負わせるだけで本件暴行事件は幕引きとなってしまい、相撲界の抜本的改革にはつながらない。

(略)

最近のテレビ番組での元力士の話を聞くと、相撲界の雰囲気は昔ながらだなーと感じた。そして日本相撲協会役員、評議員、横綱審議委員、そして相撲ファンまでもがそのような雰囲気を許してしまっている。元力士たちが相撲界を語るところを聞いていると、「もうそれは時代遅れで、今は通用しない」という認識は全くない。完全にずれてしまっている。ところが世間も相撲界のそのような雰囲気に対しては強烈な異議を唱えない。

(略)

このような雰囲気こそが相撲界の暴力問題が根本的に解決されない原因だ。テレビなどで発言している元力士たちだけでなく、現役の力士や相撲協会の役員などの関係者が、「これまでの相撲界のしきたり、風土・雰囲気はおかしい!」とどんどん言い始めるくらいに相撲界に今漂っている雰囲気を変えていかないと、相撲界の暴力問題は抜本的に解決されないね。

苦い思い出、市立桜宮高校の体罰自殺事件

これまでに相撲界だけではなくスポーツのさまざまな分野で体罰問題、暴力問題が発生している。そんな中、当時大きなニュースになってしまった大阪市立桜宮高校の体罰自殺事件(2012年)がある。この事件は当時市長だった僕にも大きな責任がある。今も思い出すと申し訳ない気持ちで一杯だ。

桜宮高校は公立高校だけどスポーツ、特にクラブ活動に力を入れていて、全国大会に出場する強豪クラブがいつくもある。そのうちの一つが事件が発生したバスケットボールクラブ。

ここではクラブ顧問の指導が度を過ぎ、完全な暴力になっていた。気合が抜けているということなどを理由に、顧問はキャプテンをかなりの程度で連発ビンタし、そのようなことが常態化していた。

そして取り返しのつかない悲劇が生じてしまった。そのキャプテンが顧問の指導に抗議の意を込めて自殺したんだ。

僕は自分の上の子供たちにしつけ名目で手を上げていたし、自分のクラブ活動の実体験からも多少の暴力的指導は必要だと思っていた。また自分が通っていた中学校も結構やんちゃな子供が多かった学校なので、暴力的指導の必要性を感じていた。

(略)

ただし、以上はあくまでも教室指導、生活指導の話。ここで問題にしているスポーツ指導においては、暴力的指導には何の合理性もない。教室現場においては他の生徒に迷惑をかけることを防ぐという理由には一定合理性があるが、スポーツにおいては勝つため、気合を入れるためということが理由だからだ。

チームスポーツで他のメンバーに迷惑がかかるというのであれば、試合に出さないか退部させればいいだけ。まさに教室指導における隔離措置と同じような対処方法がクラブ活動には保障されている。また個人スポーツの場合には、勝つか負けるかは結局は生徒個人の名誉にかかわることだから、気合が抜けていようが、試合に負けようが顧問が暴力的指導を使ってまでやっきになる必要はないはずだ。

(略)

遅まきながら決意した。「大阪のスポーツ現場から体罰をなくす!」

冒頭でうちの剣道道場の話をしたよね。桜宮高校でも当初は、「それくらいの暴力的指導は当然のことだ」という認識だった。教員や生徒だけではなく、保護者もそう考えていた。スポーツに力を入れている学校で、クラブで全国大会を目指し、そこで好成績を得てスポーツに強い大学に進学するという流れができていた。クラブは勝利至上主義のようになっていた。

その桜宮高校で保護者の意識調査をやったんだ。そしたら驚いたことに、仲間の生徒の一人が自殺しているにもかかわらず「早く試合のための練習を再開させて欲しい」「このままだと試合に負けてしまう」という保護者の声もあった。この学校は何かがおかしくなっていると感じたね。

僕は教育委員会幹部と自殺した生徒の両親のところに出向き、直接謝罪し、色々とお話を伺った。どういう理由であれ、学校の指導が一因となって生徒が自殺するということは絶対にあってはならないことだ。生徒が教室秩序を破壊的に乱し、学校側にやむに已まれぬ事情があったがゆえの暴力的指導ということであれば学校側に言い訳の余地も多少あるのかもしれないが、今回は生徒が教室秩序を乱したわけではない。ただ単にクラブ活動で気合が入っていないという理由だけだ。学校側に弁解の余地はない。

(略)

僕が大阪のスポーツ現場から暴力指導をなくすことに本気になったのは、この自殺事件で自殺した生徒の両親と面談してからだ。完全に遅すぎた。まだ18年しか生きておらず、これからまだまだ人生が残っている生徒の命が一つ奪われて、やっと気付いたという体たらく。

本当に僕は大馬鹿野郎だった。気付くのが遅かったのは事実だし、桜宮高校の暴力指導体質を改善できていなかったことが生徒の命を奪ったことに間違いはない。この点はいくら反省しても取り返しがつくことではないが、それでもできる限りのことをやって桜宮高校を抜本的に改革することと、さらには大阪のスポーツ現場から暴力的指導を排除することに全力を挙げようと決意した。

早速市長記者会見で大阪のスポーツ現場から暴力的指導を排除する宣言をすると同時に、市役所内にそのチーム体制を作り、まずはクラブ指導者への徹底研修を始めた。元プロ野球選手の桑田真澄さんに講師をお願いし、スポーツ指導での暴力がいかに効果がないのかを講演してもらった。

僕もスポーツ指導について遅まきながら勉強し始めたが、ほんとそれまでは勉強不足だった。勉強すればするほどスポーツ指導の暴力に何の意味もないことが分かってきた。チームに悪影響を与えるメンバーは外せばいいだけ。そちらの方がよほどやる気を奮起させるには効果があるという、今考えれば当たり前のことにやっと気付いた。暴力をふるうのは指導者が勝利ファーストになっているからだという、これまた単純なことにもやっと気付いた。

(略)

相撲界は、かつての市立桜宮高校と同じような状況だ。相撲ファンを含めて関係者全員が、相撲界とはそいうものだという雰囲気に縛られてしまっている。暴行事件の事実解明は大事だが、それより大事なのは相撲界の体質・風土変更、「雰囲気変革」。それは理事長や白鵬の処分だけでは実現できない。

ポイントはいくつかある。それは外部人材の登用、特に事務方改革。そして本場所の一時停止である。(次号へつづく)(ここまで約3300字、メルマガ全文は約1万2300字です)

※本稿は、公式メールマガジン《橋下徹の「問題解決の授業」》vol.85(12月26日配信)を一部抜粋し簡略にまとめ直したものです。もっと読みたい方は、メールマガジンで! 今号は《【待ったなし大相撲改革(1)】雰囲気を変えられるのは「桜宮高校改革」のやり方だけだ!》特集です!!