預金口座に紐付いた「デビットカード」にお得なものが増えてきた。クレジットカードと違って原則審査が不要で、預金残高の範囲内しか使えないため家計管理もしやすい。また口座から即時に引き落とされるので、利用履歴がリアルタイムに通知される機能もある。一方、そうした機能を、「夫の不倫発見ツール」として使っている人もいる。その方法とは――。

米国ではクレジットカードより決済件数が多い

クレジットカードやプリペイドカード、電子マネーなど、現金以外の「キャッシュレス」による決済手段が多様化している。このうち、最近徐々に認知度が上がっているのが「デビットカード」だ。欧米では普及や利用が進んでおり、特にアメリカでの決済件数はデビットカードのほうがクレジットカードよりも多いという。

日本では、銀行のキャッシュカードを使う「J-Debit」があったが、キャッシュバックやポイント還元率などがなく、利用できる場所も限定的だった。だが、最近、クレジットカードの国際ブランドであるVISAやJCBが、銀行と提携して発行する「ブランドデビット」が登場し、広がりつつある。提携する国際ブランドの使える場所であれば、クレジットカードと同じように使うことができ、ポイントやキャッシュバック、各種の付帯保険、海外での利用などもクレジットカードと遜色がない。

またデビットカードには、決済した瞬間に「どこでいくらお金を使ったか」がわかるという特徴がある。クレジットカードの利用履歴は、反映されるまでに数日のラグがあることが普通だが、デビットカードではリアルタイムで確認ができるのだ。詳細は後述するが、家計相談に訪れた人のなかには、この仕組みを「夫の不倫発見ツール」として使っているケースもあった。

あらためてデビットカードのメリットとデメリットについて確認しよう。

▼デビットカードの基本とメリットをおさらい

「デビットカード」は、預金口座に付随する決済用カードである。金融機関が発行するこのカードで決済すると代金などが即時に口座から引き落とされる。日本では2000年3月に「J-Debit」としてサービスが始まった。

J-Debitの場合、わざわざ新しくカードを作る必要はない。使用している金融機関のキャッシュカードがそのまま利用でき、手数料や年会費などのコストもかからない。代金を支払う際に、キャッシュカードを提示して、本人が暗証番号を入力するだけで決済完了だ。

現在、ゆうちょ銀行や都市銀行、地方銀行など全国1076金融機関のキャッシュカードが使用可能となっている(2017年11月21日現在。日本デビットカード推進協議会調べ)。

リアルタイムでいつ、いくら利用したかわかる

デビットカードの最大のメリットは、「キャッシュレス」という点である。多額の決済であっても、現金を持ち歩く必要がなく、ATMで引き出す手間もない。

現在、メガバンクなど多くの銀行の普通預金金利は0.001%だ。仮に、普通預金口座に100万円預けたとしても1年間でつく利息はたった10円である。しかもここから約20%が所得税などで差し引かれるので手取りはさらに減る。

そうなると夜間・休日の預金引き出しで、手数料がかかってしまうことほど馬鹿らしいことはない。そう考えるとデビットカードのニーズは高い。

デビットカードは、クレジットカードに比べて、利用できる上限は預金残高の範囲内だから、使い過ぎも防止できる。また、基本的には審査が不要のため、クレジットカードを作りたくない、という人でも利用できる。

また、どこでいくら利用したのかという履歴が残るので、レシートをもらわなくても家計管理が可能だ。家計簿アプリと連動させれば、口座残高を簡単に管理することができる。

▼レジで自分の口座から現金を引き出せるサービス

2018年4月からは「キャッシュアウト」のサービスも始まる。キャッシュアウトとは、デビットカードで決済を行う際、レジで自分の口座から代金と一緒に現金を引き出せるサービスだ。

J-Debitの対応カードがあれば、店舗レジなどをATMの感覚で引き出すことができため、周辺にATMがないときや宅配サービスを利用する際に利用すれば、自宅にいながら現金を引き出すことができる。

キャッシュバックやポイント還元のいいデビットも登場

▼デビットカードのデメリットは?

一方、デメリットもある。基本的に一括払いが原則なので、預金残高が少なければ高額な買い物ができない。また、利用の度に暗証番号を入力しなければならず、カードによっては年会費などが必要になる。さらに、クレジットカードに比べて「オトク度」が低いことも多い。

ただ、オトク度については、「ブランドデビット」を中心に、キャッシュバックやポイント還元などが、クレジットカード並みのものが増えてきている。

例えば、楽天銀行の「JCBデビットカード」は、ポイント還元率1%(楽天市場での買い物は2%)とクレジットカード並みの水準で、ANAマイルとの相互交換も可能。年会費は無料となっている。

特定のコンビニやスーパーで買い物をすることが多い人ならセブン銀行の「デビット付キャッシュカード」やジャパンネット銀行の「Visaデビット付キャッシュカード(ファミマTカード)」、イオン銀行の「イオン銀行キャッシュ+デビット」などもお勧めだ。

▼キャッシュバックなどの特典がたくさんある

ポイント還元ではなく、キャッシュバックが受けられるものもある。

「三菱東京UFJ-VISAデビット」は、毎月の利用金額の0.2%が自動でキャッシュバック。年間利用額や誕生月に応じてキャッシュバック率がプラスとなる(最大0.4%)。その上、国内対応のショッピング保険も付帯されており、前年1年間の利用額が10万円以上などの条件をクリアすれ年会費も無料となる。

同じくキャッシュバックが受けられるものとしては、住信SBIネット銀行の「Visaデビット付キャッシュカード」がある。毎月の利用金額の0.6%が、1ポイント=1円としてキャッシュバックされる。ただし、自動キャッシャバックではないため、ポイント交換の手間や有効期限には注意したい。さらに同カードは、円米ドルの「2通貨決済」ができるという特徴もある。

海外での旅行や買い物が多いなら、ソニー銀行の「Sony Bank WALLET(Visaデビットカード)」も選択肢になるだろう。キャッシュバック率は0.5%だが、外貨預金優遇制度の適用ステージによって、最大2.0%までアップされる。同カードは日本円を含めた11通貨の決済に対応。例えば、子どもの海外留学の際など、現地で外貨口座を開設する前の事前準備などにすぐに利用できる。

デビットカードを「夫の不倫発見ツール」に

このようにさまざまなデビットカードが登場しているが、デビットカードのもうひとつの特徴は、使った日時や金額がリアルタイムで確認できる点だ。クレジットカードの場合、利用履歴を確認できるまで数字のラグがあることが一般的だ。一方、デビットカードは即座に口座から引き落とされるので、日時と金額はすぐにわかる。カードによっては利用のたびにメールで通知する機能もある(ただし、ブランドデビットの場合、クレジットカードの仕組みを使っているため、決済した店舗や明細がわかるまでにクレジットカードと同程度の日数がかかってしまう)。

この機能を「夫の不倫発見ツール」として使っている人がいる。家計相談にきた30代女性のAさんは声をひそめてこう話した。

「先月から夫への月の小遣い(6万5000円)のうち5万円分を、私名義で作ったデビットカードに入れて渡すようにしたんです。私のスマホには専用のアプリが入っているので、夫がデビットカードで決済するたびに、利用情報が即時に通知されます。こうすれば浮気もすぐ発見できるかなと思って(笑)」

▼ホテルに入る前に「カップル」はコンビニでモノを買う

離婚案件を主に扱う知人の弁護士によると、不倫をする男性は、クレジットカードではなく現金を使うことが多いという。利用明細にデート時に利用したと思われるレストランやホテルなどの店名が記載されていれば、不倫の「証拠」になってしまう。妻に気づかれるリスクを減らすために、現金を使うのだという。

「用心して小遣い(現金)を使えば、浮気はバレにくいですよね。でも、小遣いを現金からデビットカードに切り替えれば、利用履歴を確認できるので、いざというときの“動かぬ証拠”になると思ったんです」(Aさん)

妻がスマホにデビットカードのアプリを入れておけば、リアルタイムに利用履歴が通知される。クレジットカードであれば履歴が通知されるまで時間がかかるので、領収書やレシートなどの「証拠」を処分したり、言い訳を考えたりする余裕ができる。だが、デビットカードでは即時に通知されるので、夫の行動を監視するうえでは便利だということだろう。

前述の弁護士によると、不倫カップルの多くは、ホテルへ入る前に、コンビニに立ち寄るのだそうだ。恐らく、ちょっとした買い物がてらホテルの支払いのために、ATMで現金を引き出すのだろう。ブランドデビットでは、キャッシュカードとデビットカードは別々に発行されることが多い。この場合、デビットカードでATMから現金を引き出すことはできない。たしかに小遣いを現金で渡すよりも、デビットカードで渡したほうが、妻は安心かもしれない。

興味深いことに、デビットカードを使っているのは男性が多い。インフキュリオンが発表した「2017年版 決済動向調査」によると、デビットカードの利用者は66.0%が男性だ。クレジットカードの利用者は男性が49.2%で、女性が50.8%であるのとは対照的だ。

家計を預かる妻が、ある月から夫の小遣いをデビットカードで渡すようになったら、なにか思惑があるかもしれない。無用な疑いをかけらないように、あらかじめ仕組みを理解しておいたほうがいいだろう。