仕事の質とスピードはメモで決まる──。サントリー「伊右衛門」ほか、数々の名作CM・ヒット商品を生み出してきたクリエーティブ・ディレクター、小西利行さんの仕事の秘訣は、独自の「メモ術」にある。そのノウハウを誌上で大公開。

未来の自分に指示を与える

メモの取り方を変えるだけで、仕事のスピードも質も格段に高まる。私の人生はメモで変わった、と断言してもいい。そもそもメモとは何か。多くの人は会議の議事録のような、情報を記録するメモを思い浮かべると思う。だが、それは入り口にすぎない。当たり前のことだが、メモ自体は何も考えてくれない。考えるのは自分の頭だ。メモの本当の役割は、アイデアを考えたり思考を深めたりするきっかけをつくることにある。

私は自分のメモ術を総称して「未来メモ」と呼んでいる。なぜ「未来」なのか。例えば今日の会議内容をメモしたとして、実際にそのメモを使うのはいつだろう。おそらく会議が終わった直後から「よし、さっそく課題について考えよう」という人は少ない。3日後とか10日後とかにメモを見返して、課題を整理することになるはずだ。そのときになって「何を考えればいいんだろう」と困らないように、「大事なのはこれとこれ。ここから考え始めるといい」という内容をメモしておいて、未来の自分に指示を与えるのだ。

具体的なメモの取り方に移ろう。情報を記録する際に、必ず習慣づけたいことが3つある。

まず、すべてのメモに日付とテーマをつけること。会議のメモであれば、出席者も忘れずに記しておこう。それさえあれば、時間が経ってからでもお目当てのページを探しやすい。デジタルデータにタグづけするのと同じく、紙のメモにも検索しやすい工夫が必要だ。

次に、その日のメモの中で、1番重要だと思うものを3つだけ選んで目立つ印をつけること。私はグルグルと二重丸をつけることにしている。さらに、「→(関連性)」「○×(よい・悪い)」「VS(対立概念)」など、自分がわかりやすい簡単な記号をつけると、メモされた言葉の位置づけや重要度を整理できる。

もう1つ、マンガのような吹き出しを使って、誰かの意見や雑多な思いつきもメモしておこう。こうして様々な痕跡を残すことで、メモしていたときの気分や空気感まで後から思い出すことができる。

ここで、具体例をもとにメモの取り方を解説しよう。

「スケートボードを大人に売りたい」という会議に出ていると想定する。私なら図版の上のようなメモを取る。まず話の糸口として、どんな大人ならスケボーに乗るだろうかと考えた。そのために、今実際にスケボーに乗っている子供の特徴を挙げてみる。また、大流行中の「ポケモンGO」の話題が出たかと思うと、海外でのスケボーの話から、「1人で乗るのとグループで楽しむのはどちらがいいか」といった話題も挙がったとしよう。

先ほど大事な3つに二重丸をつけると言ったが、ここでは「スケボー好きな人のエッセンス抽出」「ポケモンGO大流行の理由」「集団で楽しむために必要なこと」という3つを選んだ。ここが、次の会議までに考えを深めておきたいと思ったポイントだ。

さらに細かく見てもらうと、1枚目の右上に「音楽好き?」などとある。私が末尾に「?」をつけるのは、調べてみようという意味だ。その過程で、二重丸をつけた「エッセンス抽出」のヒントが得られるかもしれないと仮説を立てている。

ほかにも矢印を使って話の流れを整理したり、対になりそうな概念を「VS」で結んだりしている。最重要ポイントを3つ選ぶのに慣れたら、こうして自分なりの記号を使ってみると、頭の中がスッキリ整理できる。

また、吹き出しの使い方にも注目してほしい。吹き出しのいいところは、会議の本筋とは少しずれた発言や自分の思いつきでも、「余談」として表現しやすいことだ。2枚目左下には、「OLもありだね」というセリフに発言者のイラストも添えてある。下手な絵でも一向にかまわない。こうしておくと、後から見直したときに会議のライブ感が鮮明によみがえってくる。

メモさえあれば誰でもクリエーティブに

こうした工夫をして記録メモを取れれば、次にメモを生かして新しいアイデアを練るのも難しいことではない。

この段階で効果絶大なのが「ハードルメモ」と呼んでいる手法だ。「なんでもいいから自由にアイデアを出して」と言われると、かえって考えが浮かばないのが人間というもの。私自身もそうだ。考える目的をはっきりさせて、あえて超えるべき「ハードル」を課すことで、無意識にそれを超えようとするため、アイデアの質がグンと高まる。

忙しいビジネスパーソンにも便利な、3秒で書けるハードルメモがある。それは目の前の課題を「それは本当に~か?」に当てはめるだけでいい。例えば先ほどのスケボーの話でいえば、単に「大人にスケボーを売るには?」ではなく、「それは本当に40代のおじさんがスケボーに乗る企画か?」と最初にメモする。このほうが、がぜんアイデアが湧いてくるのだ。

自分が会議を主導する立場であれば、会議名自体をこの形式にするのがお勧めだ。私は必ずそうしている。課題設定が明確になり、「~だから絶対乗りますよ」とか「~だから無理なんじゃない?」など、具体的で建設的な意見が出やすくなる。

自分が会議名を決める立場にはなく、単に「スケボー企画会議」といったタイトルで招集されているとしても、自分の中では「それは本当に~?」という課題設定に落としこむことを習慣づけるといい。そうすれば、同僚が凡庸な意見しか言えないなか、自分だけ本質をつくアイデアを次々に出せるようになる。

新しいアイデアが求められているのは、広告業界、企画開発やマーケティングなど、いかにも「クリエーティブ」な業種や職種だけではない。総務部なら、「それは本当に育休取得向上につながるのか?」「それは本当に経費を15%削減できるのか?」といった課題設定ができるだろう。

コピーライター、クリエーティブ・ディレクター 小西 利行(こにし・としゆき)
1968年生まれ。大阪大学卒業後、93年に博報堂入社。2006年に独立しPOOL inc.を設立し代表就任。主な仕事に、サントリー「伊右衛門」「ザ・プレミアム・モルツ」、TOYOTA「もっとよくしよう」、ライザップなど。著書に『すごいメモ。』ほか。