大きな仕事をこなし、ほっと一息。エグゼクティブの休息には、本物の癒しが必要だ。そこで提案したいのが、海外への長旅だ。そんなことをしては、かえって疲れてしまうのでは? と心配の向きもあるかもしれないが、さにあらず。遠くて近い、非日常体験を案内しよう。

日本から最も近いヨーロッパ 憧れの地・北欧へ

つかの間の休日、ぜひ訪れてほしいのが、北欧フィンランドである。北欧は遠いというイメージを持っている人も多いかもしれないが、フィンエアーのヘルシンキ経由便なら、成田からたった9時間でヘルシンキにつく。さらに、乗り換え1回でラップランドに到達できる。そこには、特等の非日常が待っているのだ。

「いつか自分の目でオーロラを見てみたい」と思ったことはないだろうか。フィンランド北部のラップランド地方は、北緯約65~70度に沿った「オーロラベルト」と呼ばれるエリアにすっぽり収まるため、多くの街でオーロラを観測することができる。

今回は手軽な旅をしようと、防寒対策の重装備が必要な真冬のシーズンを避け、秋に2泊4日のオーロラハンティング旅行を計画した。もっともラップランド地方では近年、ガラス張りの「イグルー」という宿泊施設の整備が各地で進んでいるので、極寒の季節でも問題ない。屋外でこごえながら何時間も過ごすのではなく、ベッドに寝そべってのんびり「大空の奇跡」の出現を待つ。そんな優雅でぜいたくな鑑賞スタイルも可能になっている。

日本でも今年9月の初旬に、太陽フレアが大爆発して普段より活発なオーロラが観測されたというニュースが新聞やテレビで報じられた。オーロラ発生に関わりの深い太陽活動が活発化していることで、NASA(アメリカ航空宇宙局)は「これからの何年間かはオーロラ出現率の高い時期が続く」、つまりオーロラのハイシーズンが来るとの予測を発表した。

今回宿泊したのは、キッティラ空港からクルマで1時間、スウェーデンとの国境に近いトラシエッピ湖のほとりにあるコテージだ。一部がビニール張りになったドームテント型の宿泊施設もある。ラップランド地方は9月初旬に森の木々が紅葉し、毎年10月には初雪を観測。11月も終わりになると一面が雪で覆われはじめる。私が訪ねたときは、雪はまだ降っていなかったものの、日没後は気温が一気に低下。地元の人たちとキャンプファイヤーで暖をとりながら三脚にカメラ機材をセットして待つことにした。

夜の10時を回ったときだった。オーロラを撮り続けている地元の写真家、アンティ・ピエッティカイネンさんが「始まったよ」と対岸の空を指さす。月明かりの影響で周囲はまだ明るく、私にはただの白い雲のようにしか見えない。「写真を撮ってみて」と言われて、シャッターを数回押した。ISO感度を上げて、絞り値は開放に。シャッタースピードを何段階かに分けて撮ってみると、彼の指さしたあたりが淡い緑色のカーテンのように写った。周囲の暗さが増すにつれてしだいに肉眼でも確認できるようになり、神秘の天体ショーは午前2時過ぎまで繰り広げられた。

長旅で疲れを感じさせないために。航空会社を選ぶコツとは?

さて、地球儀を回して指でたどってみると、かなり上のほうにヘルシンキはある。世界の国々の首都でこれ以上北に位置するのは、アイスランドのレイキャヴィクしかない。しかし丸い地球儀上に糸を伸ばして直線距離を比べてみると、ヘルシンキは日本から最も近いヨーロッパであることがわかる。

成田からの飛行時間はわずか9時間とちょっと。私が利用したAY074便は成田を昼前に発ち、ヘルシンキでラップランドのキッティラ行きに乗り継いだ。うまくいけば、出発したその日のうちにオーロラに出会える可能性もある。

フィンエアーの成田線(AY74便)には、今年6月からエアバスの最新鋭機A350XWBが導入されているのも嬉しい。同機種の注目すべきポイントは、その環境性能と快適性だ。

エアバスが世界最大のオール2階建て機A380用に開発した新素材をA350の機体構造へも多用し、エンジンはノイズを抑えたロールスロイス製の新型エンジンを搭載。空力特性を改善させるため稼働翼(フラップなど)の作動法を見直して鳥の羽に近い形状を取り入れた成果もあり、とても静かな飛行機が完成した。

キャビン空間が広々しているのもA350の特徴だ。機種名にある「XWB」は「エキストラ・ワイド・ボディ」の略で、初めて乗る人たちは「ゆったりしているね」「天井もずいぶん高い感じがする」などと感想を口にする。フィンエアーはビジネス46席、エコノミーコンフォート43席、エコノミー208席の計298席でA350のキャビンを設計。ゾディアック社製のビジネスクラスシートは前方キャビンに「全席通路側」となる“1-2-1”でレイアウトした。エコノミークラスは“3-3-3”の配列だが、両端席のひじ掛けからひじ掛けまでの幅(5.58メートル)はこのクラスで最大だ。ヨーロッパへの移動がますます快適さを増した。

水温は4度! 本場サウナは湖での冷水浴もセットで愉しむ

旅の話に戻ろう。翌日は、コテージの敷地内にあるサウナ施設に向かった。サウナはフィンランドが発祥であり、長いあいだ同国文化の中心的存在となってきた。「森と湖の国」と呼ばれるフィンランドには19万弱の湖沼と数百万カ所のサウナがあり、この2つの関係は切っても切り離せない。フィンランド流サウナの体験には、熱した身体を冷たい湖でクールダウンさせるのが不可欠だ。11月も終わりになると湖の表面は凍ってしまうが、冬場でも氷に穴を開けて飛び込む。氷水に浸かるなんて考えただけでゾッとする、と思う人もいるだろう。しかし、これが健康にいい。古くから研究を続けてきたオウル大学では「血流の循環が改善して代謝が上がり、血圧も下がる」などの成果を発表した。

サウナの中でも最もポピュラーなのが、白樺の薪を燃料にして石を焼き、そこに水をかけて煙(水蒸気)を発生させ身体を熱気で包み込む「スモークサウナ」だ。汗が噴き出した身体の血行をさらによくするため、同じ空間に居合わせた人同士で白樺の小枝でバサバサ叩き合う。サウナは地域の人々の憩いの場であり、社交場でもある。スイムウェアに着替え、あらかじめ薪をたいて温度を高めておいてくれたサウナの中へ入ると、香ばしく燻された煙が鼻をついた。向かい側にいた地元の若者が焼け石に水をかけると、熱気がものすごい勢いで部屋中に充満した。

熱い。我慢できない。立ち上がって出ようとすると、別の一人から「もう無理という状態になってから、もう20秒か30秒辛抱するといいよ」とアドバイスされ、座り直した。そうして限界まで身体を熱したあとで、夜の闇の向こうにたたずむ湖へ歩き、天然の冷水風呂へ飛び込んだ。水温計の数値は「4度」。冷たいというより、痛い! 3秒もじっとしていられず、走って再びサウナ室へ。同じことを繰り返すと、2回目は冷水が少しは我慢できるようになり、3回目はまったく平気になった。寒気を寄せつけない膜が身体にできるのだそうだ。新陳代謝が活発化するのを実感できる。

離陸後、飛行機の窓からもオーロラに出合うチャンスあり!

オーロラを観賞し、本場のサウナを体験する。この地方ならではの楽しい時間を満喫した。旅を終えてクルマでキッティラ空港へ向かう途中、運転手が何度かブレーキを踏む。窓を開けてみると、放牧されたトナカイの群れが目の前を横切っていくのどかな光景に遭遇した。12月に入った今、現地はもう、雪に覆われはじめているはずだ。

冬のラップランド地方も、また格別の味わいがある。「極夜(夏の白夜の反対)」の季節は、夜が長い。そのぶん、オーロラ観賞にはもってこいだ。サウナも、本来は一面の雪景色の中でこそ体験してほしい。日本でいう「かんじき」のようなスノーシューズを履いてプロのガイドとともに雪深い森の中へ分け入っていく、そんなユニークなアクティビティもある。太陽がかろうじて頭上に居座ってくれる3時間ほどを利用してのわくわくするような冒険だ。全身をゴム製の防水スーツで覆い隠して極寒の川にぷかぷか浮かぶ「フローティング・リバー」を体験してみるのもいい。自然の中で川の流れに身をゆだねていると、人生観が変わってしまう。

キッティラからは約1時間のフライトで、ヘルシンキ空港に到着した。「あと2日か3日、オーロラハンティングの時間が欲しかった」と後ろ髪を引かれる思いもあったが、旅の最後にはもうひとつ楽しみが残っている。ヘルシンキから成田へ帰るフィンエアー便は夕方の出発で、離陸して間もなく夜になる。進行方向左側の席(A席)を確保すれば、機窓からオーロラに出会えるチャンスがあるのだ。

離陸して3時間。ゆっくりワインと食事を楽しんだあと、私は窓のシェードを上げて暗闇に目を凝らした。