恋愛、結婚、離婚、再婚、婚活、不倫……。世は変われども、男と女のいさかいが尽きることはありません。行政書士で男女問題研究家の露木幸彦氏のもとには、そんな泥沼状態を抜け出そうと、毎日多くの相談者がやってきます。その痛切なトラブルエピソードを、ぜひ他山の石としてもらえればと思います。
第3回のテーマは、4歳の息子の親権を巡る42歳の夫(会社員)、39歳の妻(専業主婦)の駆け引き。育児放棄の妻と離婚し子供を引き取ろうと四苦八苦する夫の話です。前後編の後編をお届けします。

前編のあらすじ:「早く食べないと殺すぞ」。子供にたびたび怒号を発する専業主婦の妻。子供の身の回りの世話や教育も半ば放棄。夫に注意されると、すぐに逆ギレし、泣きわめき、家出する。夫は息子を身体的精神的な虐待から守るため離婚することを妻に通告。承諾したかに見えた妻はとんでもない「見返り」を要求する――。

離婚には承諾するも「私が子供を連れて出ていく!」

離婚した元夫婦がその後も一緒に住み続けることはあり得ません。夫婦いずれかが「転居」することになります。相談者である夫の右原誠司さん(仮名・42歳・会社員、以下夫)の場合、現在の住居は賃貸物件で、契約者は誠司さんになっています。よって誠司さんは妻の凛子さん(仮名・39歳・専業主婦、以下妻)にこう切り出しました。

「悪いけど僕はこの家を出ていくつもりはないよ。離婚したら出て行ってほしい」

そもそも妻の息子(誠也、仮名・4歳)への言動がしつけの域を超え、虐待に当たるのなら、夫が警察へ被害届を提出した上で裁判所に接近禁止命令(保護命令)の申し立てをすることが可能です(DV防止法10条)。それを受けて、裁判所が妻に対して命令を発すれば、妻は自宅に住むことは許されません。

「遅かれ早かれ『奥さんが退去する』という結果は、裁判による強制退去にせよ、示談による自主退去にせよ変わらないのだから、わざわざ裁判沙汰、警察沙汰に発展させた揚げ句、“前科者”扱いされるよりは自主的に退去したほうが奥さんのためでしょうね」

夫は、男女問題研究家・行政書士である私がアドバイスしたとおりに妻に伝えたわけですが、なんと相手は「それなら誠也を連れて出ていく!」と言い出したというのです。

▼育児放棄の妻「私が立派に育ててみせるわ!」

あくまでも仮の話として、もし妻が子供を引き取り妻の実家や別のアパートで暮らし、他の学校に転校させた場合、子供はどうなるでしょうか? 離婚という両親の都合で子供の生活・住居・教育環境をころころと変更すれば、人格形成や学力向上などさまざまな面で悪影響を与えることは容易に想像できます。

逆に、夫が息子を引き取れば、現在の住居で暮らし、自分の部屋や今の学校、友達や地域生活は何も変わりません。

今回の夫婦の場合、育児の多くを夫が担っていました。客観的に判断して、子供の前から母親がいなくなるより父親がいなくなるほうが息子にとって影響が大きいことは明らかです。これらの事実を踏まえた上で、夫は「僕が引き取ったほうが誠也のためだろう」と妻に伝えたのですが、「私が立派に育ててみせるわ!」と食い下がり、引き下がる様子は見せなかったといいます。

「私が稼いだ金よ。私の自由に使って何が悪いの!」

仮に妻が息子を引き取ったとして本当に母子家庭の生活は成り立つのでしょうか?

5年間の結婚生活の大部分で妻は専業主婦だったのですが、息子が保育園に通い始めるタイミングで2カ月だけパートに出た期間がありました。法律上、子に対して扶養義務を負っているのは夫だけでなく、妻も同じです(民法877条)。そのため、夫は妻がパートの収入を家計に入れてくれると見込んだのですが……。

「私が稼いだ金よ。私の自由に使って何が悪いの!」

そんなふうに妻は「握った金は離さない」という態度をとったのですが、結局、わずか2カ月でパートタイマーを辞め、また専業主婦に逆戻り。2カ月分の給料は妻のへそくりに回ったのか、遊ぶお金に消えたのかはやぶの中です。

▼夫は妻に思い切って“直球”を投げ込んだ

もちろん、離婚後、妻は嫌々ながらも働き始めるかもしれません。しかし、夫から見て、妻には「自分の稼ぎを子供にささげる」という利他的な精神が欠落しているように映りました。

離婚したからといってひとりの人間の本質はそう簡単には変わりません。残念ながら離婚後も結婚中と同じことを繰り返すケースが多いのです。それに、今回の場合、お金の使い道について子供より自分(妻)を優先するのは親権者としてあまりにも致命的です。

誠司さんの心は決まりました。妻が子供を引き取っても金銭的に困窮し、子供が幸せにはなれないのは目に見えている。いつまでも、息子を引き取ると言い張り続ける妻に、夫は思い切って“直球”を投げ込んだのです。

「本心のところでは自分さえ良ければ、(息子のことは)どうなってもいいんじゃないのか?」

急所をついたでしょうか。妻は無言で聞き流したといいます。

夫婦の亀裂の原因は「実家間の経済格差」にあり

毎月の定期的な収入だけでなく、「経済的ゆとり」に焦点を当てた場合も、妻より夫のほうが圧倒的に恵まれていました。夫の実家は3代にわたって工務店を営んでおり、地元出身の議員との太いパイプもあります。

しかも、今まで築き上げた資産のなかには20棟を超えるアパートも含まれており、地主としても同地区で5本の指に入る資産家です。夫は長男で、誠也くんは1人息子。実家の跡取りですから、いずれ実家の資産、地元の基盤、そして工務店社長の地位……すべてを受け継ぐことができるのです。

一方で妻の実家はサラリーマン家庭でこれといった資産はなく、現在も2000万円近い住宅ローンを抱えていました。妻の父親は現在64歳で、母親もパートをしていましたが、年齢のわりには借金が多い状態です。両家の「実家間格差」が明白で、息子がどちらの家を継いだほうがいいかも一目瞭然です。

今回のように夫の実家の家柄が良く(会社の経営者、寺院の住職、地元の名士など)、夫が長男なら(もしくは長男でなくても実家を継ぐ約束をしているのなら)、その「実家間格差」でどちらが子供を引き取るかが決まることも多いのです。それにもかかわらず、妻はちょっとありえない案を出してきました。

▼息子を夫の戸籍に入れたまま、「私が引き取る」

「それなら誠也はそっちの戸籍に入れておくから!」

法律上、未成年の子を非親権者から親権者の戸籍へ移動させることができるのは親権者だけです。婚姻期間中は妻子ともに夫の戸籍に入っていますが、離婚と同時に妻は夫の戸籍から抜けます。そして妻が子供の親権を持った場合、現在、夫の戸籍に入っている子供を離婚後、妻の戸籍に移動させることも可能ですが、妻は「移動させない」と言うのです。

そもそも戸籍の所在と親子の関係は直接結びつきません。離婚して妻が親権を持ち、子供を監護養育しても、夫と息子が親子であることに変わりはありません。子供がどちらの戸籍に入っていても息子が夫の跡取りに据えても問題ないはず、というのが妻の言い分です。

「戸籍は夫、親権は妻」という妻の苦肉の策は……

しかし、そうは問屋が卸しません。夫の実家のような旧家の場合、旧態依然とした考え方が根強く残っているため特に世間体を気にすることがあります。「戸籍」も世間体のひとつです。

「向こうの籍に入ったら向こうの孫。もう、うちの孫じゃないわ!」

夫の母親が激怒するのは目に見えています。それもそのはず、妻のところで立派に育った息子が成人した途端、どんな面を下げて夫のところへ戻ってくるのでしょうか。客観的に見れば、それは「金目当て」であり、そんな行為は到底許されないでしょう。

「誠也はうちの跡取りなんだから親権を譲るわけにはいかない。うちの孫のままが誠也のためだろう」

夫は最後に念押しをしました。

どんなに強がっても実家間の「経済格差」がひっくり返ることはないことは妻も承知しています。よって妻は「私のほうがいいに決まっている!」と虚言を吐き続けるものの、次第に自分の旗色が悪くなり、もう限界だと感じたのでしょう。

最終的にはただ黙りこむしかありませんでした。それは、「戸籍は夫、親権は妻」という折衷案が完全に消え、「戸籍も親権も夫」という結論で合意に至ったということを意味しました。

▼妻の母親は、料理嫌いで冷凍食品ばかりだった

家庭の環境、両親の性格、実家の財力……妻の生まれ育った家と夫のそれがほぼ同じなら、離婚後の子どものしつけや教育、進路などについて夫婦で意見が食い違うことはないでしょうし、安心して妻に任せることもできるでしょう。

しかし、今回の場合はどうでしょうか?

誠司さん夫婦を見てお分かりの通り、お互いが生まれ育った下地は大きく異なっており、妻にとっての「当たり前」が夫にとって「当たり前ではない」……そんなギャップがそこかしこに見受けられるのです。

それは前述した教育方針だけでなく、小さな行き違いもあります。例えば、夫は一汁三菜を中心に栄養バランスに気を配った料理を食べて育ってきたそうですが、妻は母親が料理嫌いで冷凍食品ばかり。少しでも苦手なら無理に食べなくてもいい。

そんなふうに「偏食上等」な家庭環境で育てられたので、妻は息子にも手作りの料理を食べさせようとしなかったそうです。そうしたバックグラウンドの相違によって、夫婦の間でたびたび「食育」をめぐるバトルも始まったのでした。

実家間の格差は「子育ての仕方の違い」に現れる

夫は夫婦(両親)が円満で平和な家庭で育てられました。母親はいつも遊び相手をしてくれて、十分な愛情を注いでくれました。一方、妻の母親はどうでしょうか?

「そういえば子供の頃は母にほったかしにされ、寂しかったと言っていました」

夫はそんなふうに回顧しますが、妻の家庭は共働きなので妻は「鍵っ子」。母親が帰ってくるまで1人で留守番をさせられることも多かったそうです。

「愛情を込めた料理を食べさせてあげなよ」
「子供から目を離さないので、もう少しちゃんと親らしく見守ってくれ」
「誠也が見ているのにけんかをふっかけてくるのはやめてくれ」

そんなふうに夫は何度も妻のことを叱ったり、注意したり、諭したりしたのですが、夫婦の間には「埋められない出自の壁」が立ちはだかっているので、妻はいつも「何のこと?」という反応だったといいます。「また、おかしなことを言っているわ」と一笑に付されてしまい、ほとんど効果はなかったのです。

▼正反対の2人がなぜ結婚することになったのか?

祖父母から父母へ。父母から自分へ。そして、自分から我が子へ。血のつながった「一族」の遺伝子はよくも悪くも継承されるということなのか。代を重ねても、根本的に同じような性格、価値観、考え方の持ち主になってしまうのでしょうか。

それとも親が親なら子も子だから、妻(息子)は母から受けたしつけ方や教え方、怒り方が正しいと思い込み、わが子を従わせるのでしょうか。もしくは「三つ子の魂百まで」という通り、幼少期に教え込まれた思考回路や行動パターンは「刷り込み」が効いて大人になっても抜けきらず、自分の子にも同じように教え込んでいるのでしょうか。

ご相談を受けるなかで、夫に妻とのなれ初めをお聞きしました。

すると、裕福な家庭に生まれたのんびり屋である自分が、「僕と全く違うタイプ」である妻に惹かれ、惚れて、結婚にいたったと話してくれました。平成の世で「家柄」という言葉を使うのは時代錯誤かもしれません。しかし、実家間の格差は「子育ての仕方の違い」に現れることが多く、思わぬ形で夫婦関係にヒビが入り、最終的に離婚せざるを得ない状況に追い込まれることは少なくありません。いや、正直に言えばそうした相談はもう聞き飽きるくらい山ほどあります。今回ご紹介したケースは、そんな数多ある中のひとつ。氷山の一角です。