恋愛、結婚、離婚、再婚、婚活、不倫……。世は変われども、男と女のいさかいが尽きることはありません。行政書士で男女問題研究家の露木幸彦氏のもとには、そんな泥沼状態を抜け出そうと、毎日多くの相談者がやってきます。その痛切なトラブルエピソードを、ぜひ他山の石としてもらえればと思います。
第3回のテーマは、4歳の息子の親権を巡る42歳の夫(会社員)、39歳の妻(専業主婦)の駆け引き。育児放棄する妻と離婚し子供を引き取ろうと四苦八苦する夫の話です。前後編の前編をお届けします。

育児放棄しているのに、子供を引き取ろうとする妻

夫婦が離婚するためには、父親・母親のどちらが子供を引き取るのかを決め、その結論を離婚届に記入しなければなりません。

父親(夫)と母親(妻)、どちらが引き取るのが良いのでしょうか? それは各家庭の事情によって異なります。どちらが子供の面倒をみる親権者にふさわしいのか比較検討しなければなりません。

2つのパターンを客観的に「可視化」をしないと、離婚の場合、夫婦が互いにいがみ合い、憎しみ合い、ののしり合っているので、一向に落としどころが見つかりません。

ところで男性にとっては、なかなか厳しい統計があります。

【厚生労働省「離婚に関する統計」(2009(平成21)年)】
未成年の子がいる家庭の離婚件数13万8632件の親権者
(複数の子がおり、親権を夫と妻が分け合った場合を除く)

・妻が親権者 11万8037件(85.1%)
・夫が親権者 2万595件(14.9%)

このように父親の8割以上が子供と離れ離れになるというのが現状なのです。

▼年収600万 42歳会社員を悩ます39歳専業主婦の妻

父親が親権獲得をしようとしてもその実現は難しいですが、私が男女問題研究家・行政書士として多くの離婚相談を受けてきたなかで、母親が親権をあきらめ、父親が親権を持つことになったケースは少なくありません。

ある家庭のケースを見ていきましょう。

<相談者の属性(すべて仮名)>
夫:右原誠司(42歳・会社員・年収600万円)
妻:右原凛子(39歳・専業主婦・年収0万円)
子:右原誠也(4歳。誠司さん凛子さん夫婦の息子)

「殺すぞ!」と包丁を……しつけという名の虐待

ある日の朝、息子が朝食をなかなか食べ終わらずに保育園に行く時間が迫っていました。まだ4歳なので食べるのに時間がかかるのでしょう。しかし、相談者の誠司さん(以下、夫)によると、妻の凛子さん(以下、妻)はその時、こう言ったそうです。

「早くご飯食え! これじゃ、みんなと一緒に学校行けないよ! 保育園やめるか? ご飯食べないなら、帰ってこなくていい。誠也! どこかへ捨ててこようか?」

夫は「そんな言い方は……」と妻をいさめ、息子をかばおうとしたところ、誤って手が滑り、料理の盛られた皿を落としてしまいました。その瞬間、妻の怒りは頂点に達しました。火に油を注ぐとは、まさにこのこと。「早く食べないと殺すぞ!」。妻の怒号が食卓に鳴り響いたのです。

実際、妻は包丁を取り出し、手に持ったままダイニングテーブルに突き刺そうとしたのです。当然、息子はおびえ、激しく泣き出しました。妻は怒りで感情の制御ができないといった様子で、右手はわなわなと震えていました。そして、われに返ったのでしょうか。玄関から飛び出してしまったのです。

▼「2度と同じことはしません。信用してください」

男女問題研究家・行政書士の私が相談を受けた案件には、夫が妻にDVをするケースもかなり多いですが、その逆も少なくありません。誠司さんの妻のように自宅で暴れたり、子供に手を上げて身体的・精神的な虐待をしたり、家財を壊した挙げ句に勝手に家を出ていったりする家庭は一定数存在します。

妻に非がある場合、どのように対処するのが正解なのでしょうか?

経緯はともかく妻を追い出すことに成功したのだから「かんしゃく持ちの暴力妻」と縁を切るのなら、今が絶好機と前向きに考え、ここで別れ話を切り出すのも一考です。考えようによっては妻の家出は「渡りに船」なのだから。

家出から3日後。実家に身を寄せていた妻から夫宛てにメールが届きました。「2度と同じことはしません。今回は信用してください」。懇願してきたわけですが、夫は悩みました。妻のことを許し、自宅に戻し、夫婦としてやり直すか否か……人生の岐路に立った夫は、なかなか決断ができずに私のところへ相談しに来たのでした。

包丁事件の「伏線」……繰り返される妻の家出

聞けば、妻の家出は初めてではありませんでした。実はさかのぼること2年前。包丁事件の「伏線」となる出来事が起こっていたのです。

「公園の遊具にはバイ菌がいっぱいでしょ? 怖くて誠也は遊ばせられない」

夫は、妻や息子と一緒に公園で遊ぶというほほ笑ましい光景に憧れていました。もちろん、息子も楽しみにしており、夫は「公園に行こうよ」と妻を誘ったのですが、むげに断られてしまいました。夫は思わず「俺たちが子供の頃は大丈夫だっただろう」と言い返したのですが、これが裏目に出てしまったのです。

「どうして、そうやって平気な顔で私のことを責めるようなことを言えるの。結局、私のことを何も理解してくれようとしないじゃない!」

妻はそんなふうに怒声をあげ、そのまま家を飛び出してしまったのですが、2時間もたたないうちに、何食わぬ顔で戻ってきたそうです。焼きたてのパンが有名な喫茶店でテイクアウトした数個のパンを手に抱えて……。

▼とにかく何もしない妻の育児放棄の実態

では、今回の“家出”にはどう対処したらいいか。

「情に流されて奥さんを家に招き入れることで、円満な時間がやってくるかもしれません。しかし、その一方、もっと悪い時間になる可能性もあります。奥さんがまた同じことを繰り返さないとは言い切れません。ちなみに、これまで奥さんに関してほかに困ったことはありませんか?」

私はそんなふうに相談者の誠司さんに投げかけました。すると「そういえば……」と語り始めました

「嫁は人任せで自分では何も息子には教えようとしないんです。息子はまだ4歳なので、性格も素直で教えられたことは吸収しやすい年齢だから、教えるのなら今がいいのに……」

一体、何があったのでしょうか? どうやら妻は息子に物事を教えるのを面倒臭いと感じているらしく、最低限のことすら教えようとせず、結局、夫がすべて代わりにやらざるを得なくなったそうなのです。

例えば、トイレの使い方、衣服の脱ぎ方、箸や茶碗の持ち方、洗顔、歯磨き……。

夫も業を煮やして妻に「少しは自分でやってみたら?」と詰問したのですが、妻は意に介さずに「そんなことは保育園で教えてもらったらいい!」と一喝したそうです。

夫は私を前にして、ひとり言のように「あれは育児放棄だと思うんです。保育園や学校よりも、まずは家で親が基本的なことを教えるべきですよね……」とため息をつきました。

離婚を渋々承諾した妻の「ありえない要求」

なお、読者の皆さんの家庭において「育児の仕方について夫が注意しても妻は聞こうとしない」といった場面に遭遇した場合には、その都度、日時と内容をメモしておくことが大事です。回数と中身を記録しておけば、妻との直談判の場でも役立ちます。

今回の相談者の場合、いずれにしても妻の虐待や育児放棄によって、息子さんの成長への悪影響が懸念されます。私は誠司さんへこう伝えました。

「残念ながら世の中に100%はありません。今までのことを振り返って、再発の可能性が0%ではないのなら、息子さんを虐待の被害から守るのが何より大事でしょうね」

誠司さんは自分の胸に手を当てて「今の惨状を招いたものは何だったのか」と改めて問いかけたと言います。答えはひとつでした。ファーストプライオリティは息子を守ること。ならば、やはり妻と離婚せざるを得ない……。

▼「離婚は、子供を最優先に考えた結果だ」

もし、再び同居すれば、息子は妻がいつ包丁を持ち出して暴れるのかとビクビクおびえる日々を過ごすに違いありません。だから夫は妻に対して「離婚は、子供のことを最優先に考えた結果だ」「誠也にとって、今の家庭環境はとてもいいものではないよね。そうした状況から救ってあげないといけないと思う」と訴えたのです。

当初、妻は首を縦に振ろうとしなかったのですが、「何を言おうと離婚は撤回できないよ。他の選択肢はない」と夫が強調すると、妻は渋々ながら離婚届に署名したのです。ところが、これで一件落着かと思いきや、さにあらず。どちらが息子を引き取って親権者となるのかという詰めの段階になると、いったんはおとなしくなったかに見えた妻は再び牙をむき出したのです。(以下、後編に続く)