「速読術」を名乗るメソッドはいくつかあるが、本当に効果はあるのだろうか。立命館大学大学院の久保田崇教授は、そのひとつである「フォトリーディング」を実践している。久保田教授は「魔法でも超能力でもない。『スマホにアプリを入れる』ぐらいの気分で、やってみてほしい」という。その効果とは――。

毎秒1ページを超える短期大量インプット

「フォトリーディングは魔法でも超能力でもありません。エクセルで単に表を作るだけでなく、関数やグラフを扱えれば、作業が圧倒的に効率化しますよね。同じようにフォトリーディングを習得すれば、読書スピードが倍以上速くなり、その分、必要な知識が効率的に得られ、人生の時間を有効活用できるのです」

そう話すのは、立命館大学大学院公務研究科の久保田崇教授だ。久保田教授は京都大学を卒業後、内閣府の官僚としてキャリアを積み、数々の政策や立法業務に携わった。2011年から4年間は、東日本大震災の被災地である岩手県陸前高田市の副市長を務め、復興に尽力した。仕事にプライベートに超多忙な毎日を送りながら、年間数百冊の本を読むフォトリーダーである。

フォトリーディングとは、潜在能力を引き出す神経言語プログラミング(NLP)と加速学習のエキスパートとして知られる、米国のポール・R・シーリィ博士が生み出した速読術だ。熟練者は毎秒1ページを超えるスピードでページをめくって、写真を撮るように本の情報を脳に送り込む。

政策や新しい法律を立案する官僚は、何よりも知識量の蓄積が求められる。そのためほとんどの官僚は読書家で、短期間で大量のインプットをする術に長けているという。久保田教授も官僚になった当初から、月に20~30冊程度の本を読んでいた。

本も雑誌と同じで「飛ばし読み」OK

本格的に速読術の必要性を感じたのは、英国への留学時代だ。レポートを書くため大量の英語文献を読むことになり、クラスメートから飛ばし読みでキーワードを拾って内容を把握する「スキミング」という読書法を教わった。そこから速読術に関心を抱き、英語の解説書で独習したが自己流では習得が難しく、日本に帰国後、フォトリーディングの国内第一人者として知られる山口佐貴子氏が主催する2日間の講座を受講した。

「山口先生の講座では、自己流ではうまくいかなかった『みかん集中法』や、視点をダブらせて映像的にキーワードを拾う方法を、ていねいに指導していただきました。現在は、そこで学んだ技術のエッセンスを使って、概ね1日1冊のペースで読書を続けています」

世間の多くの人は、「本は一字一句飛ばさず、頭からきちんと読むもの」と考えている。「その思い込みを外すことが、フォトリーディングの第一歩です」と久保田教授。

「私も当初は、本の飛ばし読みに抵抗感や罪悪感を覚えていました(笑)。しかし新聞や雑誌は、自分の興味がある記事だけを、飛ばし読みしますよね。ストーリーを楽しむ小説は別として、自分にとって必要な情報収集が目的なら、本も飛ばし読みしていいんです」

筋トレやスポーツと同じ

フォトリーディングとは、その「自分にとって必要な情報」を見つける方法を、飛躍的にスピードアップする技術だと久保田教授は語る。具体的な方法としては、まず本の目次に目を通し、面白そうな章や見出しをチェックする。どこを重点的に読むか優先順位が決まれば、いきなりそこから読み始めても構わない。だいたい2秒に1回のペースでページをめくり、自分が欲している情報を「ダウンロードするように」インプットしていく。「筋トレやスポーツと同じで、速読も慣れです。ふつうのビジネス書であれば、誰でも概ね1時間で1冊読めるようになります」。

久保田教授はフォトリーディングについて「とっつきにくい難解な本や、仕事で仕方なく読まねばならない本ほど、その効果が高い」と言う。そして「少し前の調査ですが、日本人の20代、30代のビジネスパーソンが1年間に読んだビジネス書は、平均3.1冊だったそうです。ということは、1年に4冊読むだけで、平均を上回る自己啓発ができることになるのです」。

仕事のアウトプットの量にも直結

本を読むことの意義は、その情報の「質」にある。新聞やテレビ、ネットが扱う情報の多くは一時的な「フロー情報」だが、書籍に記載されているのは、扱う対象の歴史や過去、分析を含めた「ストック情報」だからだ。

「情報化がますます進む現在、ネットニュースなどのフロー情報にたくさん触れていても、物事の『本質』をつかむ力は育まれませんし、他人と差別化もできません。昨今の国際情勢や経済問題を理解し、これから伸びるビジネスを見通すうえでも、読書によって培った自分の中の情報選択の基準とモノサシが役立つのです」

フォトリーディングで得たインプットは、仕事のアウトプットの量にも直結する。久保田教授にとってアウトプットとは、端的に言うと執筆量だ。

「完璧な書評」を2日で書き上げた!

久保田教授は、先日プレジデント編集部から書評執筆の打診を受けた。締め切りまでわずか2日という、滅多にない急ぎの案件だ。それでも、「あれとあれなら書評してみたいなという本が職場の本棚にあったので、『お受けします。どの本がいいですか?』と返事しました」。

といっても、その時点ではまだ目次をざっと確かめてあっただけ。しかし久保田教授の場合、フォトリーディングを使えば1時間で読了できる。すぐに読み終え、要点を整理し、翌日午前中には1時間ほどで「完璧な書評」(担当編集者M氏)を書き上げてしまった。そのスピードには、ライターとして舌を巻くしかない。

陸前高田時代には、地元事情に通じているわけではないのに、被災地を訪れる大臣や報道関係者を案内する機会が多かった。その際も、事前に多くの地元に関する資料をフォトリーディングを使って短時間で読み込むことで、的確に対応することができたという。

「フォトリーディングとは、単に本を速く読む技術であるだけでなく、応用すれば『物事の本質を圧倒的に速くつかむ力』を育むことができます。その力は、仕事に役立つのはもちろん、語学などの勉強や、趣味の向上などにも生かせるはずです。気負わずに『スマホにすごく便利なアプリを入れる』ぐらいの気分で、ぜひ取り組んでみてください」

▼速読の前の「みかん集中法」とは
●架空のみかんを思い浮かべる
●架空のみかんを食べてみる
●新しい架空のみかんをイメージする
●新しいみかんを後頭部の斜め上15~20cmへ置く
●みかんの場所へ意識を集中し、リラックスする

山口佐貴子『才能が目覚めるフォトリーディング速読術』から再編集

久保田 崇(くぼた・たかし)
1976年、静岡県生まれ。京都大学を卒業後、内閣府入り。英ケンブリッジ大学経営学修士、英ヨーク大学政治学修士。2011年から15年まで岩手県陸前高田市副市長を務める。16年4月から現職。著書に『官僚に学ぶ読書術』など。