小池百合子都知事率いる都民ファーストの会が中心になって、都議会が可決した禁煙条例。完全に人気が地に堕ちた小池知事は、今後、藁をもつかむ思いで、ますます愛煙家への攻撃を強めてくることだろう。

なぜ、タバコ撲滅がただの人気取りだと断じることができるかというと、他にもっと取り締まるべきものがあるからだ。

前回でも述べたが、認知症の高齢者の29%は大量飲酒が原因であり、深刻なDVの32%は飲酒時に起きており、刑事処分を受けたDV事例の67.2%が、犯行時に飲酒しているという報告がある。DV以外にも、アルコールはさまざまな犯罪の背景となる。犯罪白書によると、50代男性の窃盗の23%、万引きの再犯の26%が過度の飲酒を背景としている。飲酒の強要・酩酊しての暴言暴力やセクハラなどの被害者数は、3000万人を超える(出所:アル法ネット)。

タバコの悪い面を並べれば、いくらでもでてくるのだろう。しかし、お酒の悪い面を並べても、いくらでもでてくるのだ。巨悪のお酒についてはダンマリを決め込んで、タバコの悪い部分ばかりを強調する。これが禁煙ファシストの卑怯な手口だ。

ネット上で得体の知れない人たちが、タバコの危険性についての研究についての調査結果やニュースを片っ端から広めるものだから、「なるほど、タバコは悪だ」と思ってしまうのだろう。そういう人に限ってツイッターで「ビール持ってこい」とか「痛風一直線」などとつぶやいている。中には保育園グループを経営しながら知識人らしく振る舞おうとしている人もいるが、家庭内における重大問題は、飲酒によるDVであることは明白だ。私なら暴力的傾向のある人には「お酒をやめて、タバコでも吸って落ち着けよ」とアドバイスしてあげたいところだが、彼にとってみたら、やはりタバコは吸うなというのだろうか。もし自称作家、自称社会起業家が目立ちたがりのトンチンカンでないのなら、今日から「飲酒も禁止」か「喫煙オッケー」のどちらかの主張をしなければ論理的ではない。多数派に迎合しているか、ポジショントークか、単純に自分がお酒を飲むからという自己肯定の疑いが濃厚だ。

今回は、そんな藁をもつかむ思いで、禁煙ファシズム一直線に走るしかなくなった小池都知事が、どうしてこんなことになってしまったのか。これを考えてみたい。

私が予言したことがいよいよ現実味

小池百合子東京都知事率いる希望の党の大失速によって、いよいよ私の予言「小池百合子は、東京都知事1期4年を全うできない」が現実味を帯びてきた。

現在、都議会において小池率いる都民ファーストの会と公明党が連立与党を組んでいるが、これほど都民の心が離れてしまった都知事に、このまますんなり公明党がついていくとは思えない。127人が定数の都議会において、過半数は、64人だ。自民22人と公明23人と共産19人を足せば、過半数に達する計算だ。今後、厳しい都政運営となろう。

本当であれば、小池には、3期12年間は、都知事を担ってほしかった。少なくとも昨年の都知事選挙ではそう考えていたし、まわりの人間にも私は小池支持を明言していた。

小池には、私が首相首席秘書官を務めていた小泉純一郎内閣で環境大臣を務めてもらった。第1次安倍晋三内閣では防衛大臣、その後、自民党党3役の総務会長を担うなど、経験と実績から見て、都知事として申し分のない人物だと信じた。

当時、自民党が応援した増田寛也は、岩手県での知事経験があったものの、総務大臣就任当時に東京都の税収を地方に分配する法案を手掛けたことがあった。東京以外の知事であれば適格だと思うが、さすがに東京都知事は違うと思ったものだ。

もう一人のライバルは、当時の民進や共産が応援した鳥越俊太郎。公示日直前に突然出馬を表明し、派手な演出で選挙序盤は優勢だった。ところが、あまりの人物の薄っぺらさに東京都民が気づき、支持率は急降下していった。

今振り返れば、公示日直前の、つまり、マスコミが中立報道という縛りによってなかなか厳しいツッコミを入れられないようなタイミングでの派手な演出、薄っぺらい政策という意味では、今回の小池の希望の党との類似点が見つけられる。

都議会では、小池支持勢力を圧勝させ、3カ月しか経っていない今回の衆院選では惨敗させた都民の気持ちが、私にはよくわからない部分もあるが、きちんと見ているところは見ているということなのだろう。

少なくとも希望の党の公約である「12のゼロ」について、実現可能だと思っている有権者はいないだろう。政府に思いつきの“希望”を届けるのが公党の役割ではないはずだ。希望を言うだけなら誰にだってできる。

希望という党名を揶揄して「希望の党は、失望、絶望の党だ」などと言葉遊びがネット上では盛んであるけれど、日本国語大辞典によれば、「希望」の意味の第一が「こいねがうこと。あることが実現することを待ち望むこと。また、その気持。のぞみ。願望」とあるのだから、特に言葉遊びやひねりも必要なく、その言葉の意味通りに受け止めるのがいいと思う。消費税増税凍結の公約にも表れているように、将来のことや社会全体のことなど関係なく、税金はおさめたくないし、我慢はしたくない、不満だけは政府にぶつける政党だということだ。自分が何かをつくり上げるようなことはなく、人のつくったものに文句をつけるという万年野党の体質そのものだ。

そのことは都政運営にも色濃く表れている。それはどこか。

もしも、今の東京都が小池百合子はほとんど何もしておらず、舛添要一がつくったものだけでほぼ運営されているとしたら驚くだろうか。

しかし、実際、今、東京の行政を動かしている予算は、まだ舛添要一がつくったものだ。これは来年の3月まで続く。どういうことか。

日本の予算スケジュールは、以下のようになっている。

6月末までに知事査定を行い、霞が関の官庁に結果を送る。7月末までに政府は来年度予算の基本方針を決定する。8月中旬に、その基本方針に沿って全省庁が概算要求を実施。さまざまな折衝を経て、12月に官房長官が打ち止めを宣言。出来あがったものを1月に通常国会に提出し、審議を経て可決され、執行される。

小池は、2016年7月の都知事選挙当選後、すぐに小池カラーを打ち出した予算の組み替えを実施したいと要望していれば、どこまで結果に反映されるかはわからないが、少なくとも8月中旬の概算要求の前に、霞が関に声を届けることは可能だった。直近の圧倒的な民意を得た都知事の要望にゼロ回答ということはないと考えるのが自然であるから、小池カラーを打ち出すことができたはずなのだ。しかし、小池はそれをしなかった。前都知事・舛添がつくった予算ほぼそのままに執行されることになった。つまり、来年の3月まで、東京で行政が回しているのはほぼ舛添ということになる。

このことは、舛添を批判し、与党を批判してきて都知事に当選したにもかかわらず、実際は何もしないで、舛添予算に乗っかっているだけという“小池体質”を物語るエピソードではないだろうか。

音喜多駿都議と小池百合子知事

築地と豊洲の問題も、メチャクチャになってしまった。アスベスト被害や原爆マグロ、ネズミと、あらゆる衛生・安全の観点から「NO」としかいいようがない築地を再整備するというが、まともな有識者の中で、東京都が主導する「食のテーマパーク」がうまくいくと思っている人などいないだろう。そもそも、これまで小池を支えてきた公明党議員からも「再開発の開始に、10年以上かかる」と指摘される始末。歴史的経緯を調べるにつけ、どんな危険物が飛び出してくるかわからない築地の地下とどう向き合う気なのか。とはいえ、もう軌道修正できないところまで小池は進めてしまったし、小池が1期4年持たないのではと私が予言した根拠の一つがここにある。

やはり「都政ほっぽりだし」という恥を忍んででも今回の衆院選に出馬をするべきであった。後始末は、自分のあとの都知事に押し付けてしまえばよかったのだ。次の都知事は絶対にできない事業についてどこかの時点で「できません」と白旗をあげるだろうが、それに対し小池は「非常に遺憾だ」ぐらいにコメントしておけばなんとか収まった可能性もあっただろう。

いつもなら、一番に組織を飛び出して命運を保ってきた小池が、なぜ今回出馬しなかったのか本当に不思議だ。もし、先にあげた築地再開発を、実現可能だと今なお考えているとしたら、それはそれで不思議なことである……。

小池の行動の主な特徴としては、防衛大臣のときも、自民党を飛び出して都知事選に出馬したときもそうだったが、小池だけは傷がつかず、飛び出した組織がギッタギタに混乱し、収拾不可能と思われるぐらいのどん底まで叩き落とされることだろう。その意味で、公示日直前に都民ファーストの会を飛び出し、その後、小池の悪口を公然と撒き散らす音喜多駿都議は、小池から多くのことを学んだということなのだ。

東京都民よ、もう一度都知事選挙をしたほうがいいと、私は思うのだが、どうだろうか。

(文中敬称略)