前原氏批判は筋違い。勝つ可能性に賭けるのはリーダーとしての役割だ

(略)

希望の党を立ち上げた小池百合子代表や前原誠司民進党代表の行動の凄さは、僕も二大政党制に向けて実際に色々やったから分かるんだ。ところが口だけ連中はそんな苦労を知らないから文句ばかり言う。

前原さんは、民進党解党に反対の元民進党議員や候補予定者、それに未だ民進党に所属したままの地方議員や党員には相当恨まれることになっただろう。特に希望の党に入ろうとしたけど拒まれた元民進党議員は烈火のごとく怒っている。

笑っちゃうのが、当初希望の党に入ろうとしていた辻元清美さんや阿部知子さん。自分たちも希望の党に行けると思っていたのか、「考え方が全く違う小池さんと一緒にやっていけるのか?」という質問には「小池さんとはやっていける、合いそうだ」なんて趣旨の答えをしていた。ところが希望の党への入党が拒絶されたとたん「小池さんは独裁者だ! 私は信念を曲げることはできない!」だって。

民進党の仲間にどれだけ恨まれようとも、怒られようとも、あの民進党のまま選挙に突入したら民進党の敗北は明らかだったんだから、何らかの手を打たざるを得ない。そして絶対に勝てることが保証された勝負なんて世の中には存在しない。勝ち負けが分からないから勝負なんで、ある種の博打である。

前原さんの行動が最終的に勝ちにつながるのかどうかは分からない。しかしあの決断当時は勝つ「可能性」があった。そして何もしなければジリ貧であったことは確かだ。このようなときに勝つ「可能性」に賭けることこそがリーダーの役割だ。

(略)

ポンコツガラクタ議員を織田信長ばりに切り捨てることも必要だった

そして何と言ってもメンバーだ。政権交代を目指してしまえば、過半数を獲得できるように候補者数を集めなければならない。ここが一番問題だ。数が目標になり、そうなるとポンコツガラクタメンバーが大量に集まってしまう。

二大政党制への第一歩が目標であれば、過半数の候補者数にこだわる必要はない。当選のためだけに希望の党の看板を利用しようとする者は全て排除できる。

小池さんは織田信長になるべきだった。これまで野党が弱かったのはメンバーがよくなかったから。イデオロギーに囚われ過ぎて現実的な判断ができない議員は困りものだが、それでも政党内に考え方の幅がある程度存在するのは当然だ。ゆえにメンバー間の考えに多少のずれがあっても問題ない。むしろ厳格に一致を求めると野党の膨らみや柔軟性に欠けることになることは前号で述べた。自民党なんてメンバー間の考え方にかなり幅がある集団だよ。

一番やっかいなのは、当選するためだけにウロチョロする、チョロネズミ連中だ。政治家が大きな仕事をするためには、自分の議員の身分と引き換えにしなければならない状況も出てくる。自分の身分を捨ててでも最後まで仕事をやり切る、という覚悟のある者でないと、政治なんてできない。

もちろん自民党や公明党のメンバーだって、当選を目標としている。有権者から批判を受けるようなことは避けることだって多い。それでも、当選のためだけに政党をコロコロ変えるチョロネズミは圧倒的に少ない。チョロネズミ連中よりも、一つの政党の中で落選後に再び当選してくる政治家の方がまだ信用ができる。

考え方がどうしても合わなくなったから、その政党から離れるとか、政党自体が分党するというのならまだ理解できる。でも当選しそうな政党が「できそうだから」「できたから」そちらに移るというのは、ほんと信用できない。

今回の民進党から希望の党へ移籍した者の多くは、明らかに後者だろう。小選挙区で当選してきたメンバーや、負けたとしてもあとほんの少しで当選できたメンバーを除いて、民進党から希望の党への移籍は一切拒否すべきだった。その小池さんの織田信長ばりのバッサリ斬りの方が、有権者に支持されたのではないかと思う。

そうなると希望の党の候補者数はそれほど多くの数にならなかったかもしれないが、二大政党制の第一歩として考えれば、それで十分だった。

そして民進党から希望の党に合流できなかった者、民進党の責任者としてあえて合流しなかった者は無所属候補として選挙戦を戦い、見事勝ち上がってきたメンバーが、さらに希望の党に合流する。

小池さんの看板だけで当選した、根っからの新人議員だけでは強い野党にはならない。民進党の責任者として一定の責任を取らなければならない立場でありながらも、無所属候補として自力で勝ち上がってきたメンバーの力が、強い野党には必要である。この2つのメンバーが合わさって、初めて強い野党になり得る。

当選するためだけに希望の党に来たチョロネズミが、小選挙区では落選しながら比例復活したらややこしい。こういう連中は自分に実力がないにもかかわらず、議員バッジを付けたとたん、偉そうないっぱしのことをほざく。おそらくこういう連中が党の結束を乱し、希望の党の勢いが弱いと見れば、まずは小池さんの看板のすげ替え、代表の交代を目論む。それでもダメなら、どこの党にいるのが一番当選しやすいかを考えて、党の移籍を目論む。比例復活議員は簡単に移籍はできないので、残存民進党参議院議員や立憲民主党と合わさる新党結成を考えるのか。ここまで来たらもう茶番だけど、これがチョロネズミ議員の実態で、こういう連中が野党にいる限り強い野党は誕生しない。

こういう連中を小池さんにはズバッと斬って欲しかった。

(略)

安倍政権与党の実績評価のためには「前回の」公約を吟味すべき!

(略)

今回の一回の選挙で強い野党などできるわけがない。自民党に対抗できる強い野党を作るには10年スパンで考えなければならない。そのような意味で、今回は二大政党制に向けて強い野党を誕生させるために、野党を整理する選挙だ。

これからの強い野党は、「希望・維新」の枠組みか、「共産・立憲民主」の枠組みか。どちらの方が野党としてよりましか、の選択だ。このときに公約の詳細比較をやっても仕方がない。野党なんて、そもそも公約を実現できる立場にない。実現できない公約を詳細に検証しても意味がない。政党の大括りの色、政党の政治の方向性を掴めればそれで十分だ。

この点、政権与党の今回の公約を検証することは、後に公約をきちんと実行したかどうかの検証に役立つから必要だと、付け焼刃の知識をもって語る者がいる。しかし、こういう連中はPDCA(PLAN→DO→CHECK→ACTION)サイクルというものを分かっていない。実行力の検証は次の選挙における検証だ。つまり今回の公約は、次回の選挙において「どれだけ実行されたか」を検証することになる。今回の選挙において政権与党の公約の実行力を検証するためには、「前回の」選挙において出された公約が検証の対象であり、今回の公約は検証する対象ではない。これがPDCAサイクルとういもの。前回のPLAN(公約)を今回CHECK(検証)する。今回のPLAN(公約)は次回の選挙でCHECK(検証)する。この理屈分かります?

まずは安倍政権のこれまでの実績評価をしっかり行う。そのためには今回の公約ではなく、「前回の」選挙で打ち出した公約をどれだけ実行したかをしっかりと検証する。そのことによって政権与党の実行力を測ることができる。このような理屈を理解していないから、メディアや自称インテリは、自民党が「今回」打ち出した公約を吟味しちゃうんだよね。

安倍政権与党が前回の選挙で打ち出した公約を覚えています? 忘れちゃってるでしょ? だからこそメディアは政権与党の「前回の」公約をしっかりと報じるべきなんだ。そんなメディは皆無。メディアや自称インテリは口を開けば、政党間の「今回の」公約の比較、検証しか言わないからね。

もうこんなバカげた意味のない政策議論は止めなきゃいけない。まずは政権与党の実績評価。そのために前回の公約がどれだけ実行されたかきちんと評価する。その上で野党はどちらの枠組みでいくべきか。その際も野党の公約比較というよりも、政党の色、政治の方向性、端的に言えば政権与党との違いの「程度」で判断せざるを得ない。安倍政権与党と「違う」野党(希望・維新)か、「全然」違う野党(共産・立憲民主)か。この判断で十分だ。その野党の整理の際に、自民党・公明党のポンコツガラクタ議員もふるい落とされることを期待する。(ここまで約3400字、メルマガ本文は約1万4800字です)

※本稿は、公式メールマガジン《橋下徹の「問題解決の授業」》vol.76(10月17日配信)を一部抜粋し簡略にまとめ直したものです。もっと読みたい方はメールマガジンで。今号は総選挙特集《【2017総選挙(4)直前号】今回の選挙は二大政党制への第一歩!公約なんかで選ぶな=後編》です!!