昨年12月、京王プラザホテル(東京都新宿区)は、本館高層階を全面改装し、高級フロア「プレミアグラン」を設けた。対象は全1437室のうち111室。料金は1室4万5000円から。約25億円を投資し、国内外の富裕層を狙う。インバウンドは頭打ちだが、死角はないのか。京王プラザホテルの山本護社長に聞いた――。

インバウンドは団体から個人へ

――訪日外国人数は昨年2400万人を超え、いまも増え続けているが、一人当たりのインバウンド消費額は頭打ちになった。

【山本】流通系の消費に影響が出ているのかもしれないが、京王プラザホテルの宿泊に関ては大きな変化はない。外国人比率は前から高いほうだったが、ここ数年さらにアップし、2016年度は過去最高の77.7%になった。観光で訪れる外国人に最も人気のある街・新宿に立地していることも、有利に働いているのだろう。

内訳は客室数ベースで、欧米が4割、アジアが6割くらいだ。アジアでは中国が横ばい傾向、一方マレーシアやタイなどが伸びている。インドネシア、ベトナムなども含め、東南アジアの潜在需要はかなりある、とみている。

――外国人訪日客の旅のスタイルに変化はあるか?

【山本】中国本土からのお客様に顕著な傾向だが、団体から個人にシフトしている。個人のお客様はリピーターが多いと思われるが、旅慣れていて、定番以外の楽しみ方が目立つ。たとえば、おいしいラーメン店にいきたいという要望だ。コンシェルジュは、ラーメンマップを複数用意してご案内している。

――客室が多い大型ホテルとして、個人重要にどう対応するのか?

【山本】個人のお客様は、客室の料金とSNS上の評価、口コミをもとに決める傾向にある。客室の料金をどう設定するかが、一つの課題。もう一つが、SNSでいかに注目され、好評価を得るか、ということ。そのために、SNS上で影響力を持つ海外のインフルエンサーに体験宿泊を働きかけたり、現地メディアからの取材に積極的に対応している。SNSで拡散してもらうには、お客様が撮影したくなる「絵づくり」をすることも大事だ。日本文化をテーマにしたイベントを毎月開催、茶道体験プログラムなど複数の仕掛けも用意している。

スローガンは「笑顔日本一のホテル」

――昨年末、最上級クラブフロア「プレミアグラン」をオープン。狙いは?

【山本】東京のシティホテル競争が激しさを増すなかで、「プレミアグラン」によって、京王プラザホテルのプレステージを上げていきたい。客室単価アップという狙いもある。高層階を客室に充て、地上160メートルにある45階に専用のクラブラウンジを設けた。東京の大パノラマが展望できる、日本一のファシリティだと自負している。ここに常駐するコンシェルジュが、お客様が希望される「理想の東京滞在」をプロデュースする。その魅力を、これから浸透させていく。

――ほかの戦略は?

【山本】「プレミアグラン」に限らず、ホテル全体のホスピタリティの質を向上させていきたい。昨年6月に社長に就任したとき、「笑顔日本一のホテル」というスローガンを掲げた。笑顔でいれば、自然とお客様との会話が弾み、たとえば「こんなレストランにいきたい」「今日は娘の誕生日」といったお客様の情報・ニーズを聞き出すことができる。それをもとに万全の対応をする。「笑顔のおもてなし」によって、格式重視の一流シティホテルとの差別化を図っていく。

――2020年東京オリンピック後の反動にどう備えるか?

【山本】20年に一つの山を迎えるのは確かだろう。リーマンショック、東日本大震災を経験し、変化に弾力的に対応できる組織をつくってきた。それを基盤に、「プレミアグラン」による効果と、これまでやってきた施策をさらに積み上げることで、開業50周年を迎える21年以降も成長を持続したい。

京王プラザホテル社長 山本 護(やまもと・まもる)
1957年、東京都生まれ。79年慶應義塾大学卒業後、京王帝都電鉄(現・京王電鉄)入社。京王観光、京王百貨店などへの出向を経て、2010年京王電鉄取締役開発企画部長に就任、人事部長を経て、13年常務取締役。15年京王プラザホテル副社長。16年6月より現職。