日本国憲法最大の問題は「国民投票を経ていないこと」

現在の日本国憲法には、大日本帝国憲法改正手続き無効論やGHQ押し付け憲法論、貴族院審議介入不適切論といった批判が向けられている。だがその中では語られていない、重大かつ決定的な成立過程の欠陥が日本国憲法にはある。それは「国民投票を経ていない」という成立過程の欠陥だ。

終戦からサンフランシスコ講和条約による主権回復というあのバタバタした時代に国民投票をやれといっても難しかったに違いない。主権回復後の高度成長時代を含む日本復興期間に国民投票をやることも難しかっただろう。しかしどこかでやっぱり国民投票を1回は入れないと、国民主権を標榜する日本国憲法の正統性は担保できないね。国民投票はそもそも日本国憲法を「誕生させる」ために必要不可欠なんだ。

世界的に見れば国民投票を経ないで成立した憲法があるのも事実だが、日本においては憲法誕生に際して国民投票は絶対に必要だ。それは日本国憲法の改正手続きを定める憲法96条が根拠の1つになる。憲法96条を見ると、日本国憲法の改正には衆参それぞれで3分の2の議員による発議と国民投票での過半数が必要となっている。つまり、憲法をちょっといじる「改正」だけでも国民投票のプロセスを踏みましょうというのが日本国憲法の価値観。であれば、憲法誕生という大本の最初の部分で国民投票のプロセスを踏むことが法理論として理にかなっているし、実際国民投票を経れば、押し付け憲法論などその他の手続き的な不備は言われなくなるだろう。

だからこそ、一度は憲法について国民投票のプロセスを踏む必要がある。これは憲法誕生の過程で忘れてしまった国民投票を今やるという位置付けなので、憲法を改正するにせよ、改正せずに今の憲法を維持するにせよ、どちらであっても国民投票を行う必要がある。

つまり今多くなされている議論は、憲法改正派からの国民投票をやるべきだ! という主張だが、実は護憲派であっても国民投票から逃げるわけにはいかないということだ。

もちろん憲法改正にともなう国民投票では改正するところのみが対象になるから、それ以外の憲法の条文は国民投票を踏んだことにはならない。護憲の場合には、変えるところがないので国民投票はできない。

しかしここは国民全体で憲法を議論して1票を投じるという国民投票のプロセスに意義を見出すのだから、改正案についてだけの国民投票でも十分だし、護憲派も憲法の中身自体には全く影響のない1文字だけの変更案を示してでも国民投票の洗礼を受けるべきだ。

今は、護憲派は憲法改正の国民投票に反対するのみだ。国民投票では有権者がその時の風に流されて憲法改正が決定されるリスクが高いと言う。しかし護憲派が今の日本国憲法は国民の支持を受けているという根拠は何なのか? 護憲派は自分たちの考えが絶対に正しいと信じ切っているがそれは傲慢過ぎないか。護憲であっても国民投票を1回は踏むべきである。

このまま憲法を変えなければ非常事態に何が起きるか!?

憲法の力の根源について憲法学者は小難しいことを言うが、本質的なところは「憲法を守らなければならない」という社会の雰囲気と、そのような社会の雰囲気を背景とした憲法の文字・文言である。それらが強烈な力を発揮する。ゆえに立憲主義国家を成立させるためには憲法の字句の解釈にこだわらざるを得ない。

ところが安全保障の領域において「憲法を守って国家が滅んでいいのか」「憲法の字句解釈に囚われるべきではなく、現状の安全保障環境を基に国家がやるべきことを考えるべきだ」という問題提起がある。しかし憲法を守らなければならないという社会の雰囲気がちょっとでも壊れれば安全保障の分野に限らず、あらゆる社会領域で権力の暴走が始まる危険が高まるんだよね。

権力の暴走を止めている憲法の力の根源は、「憲法を守らなければならないという社会の雰囲気」と「紙に書かれた文字」という何とも脆弱なもの。したがって「憲法を守らなくてもいい」というような雰囲気は少しのものであっても徹底して排除しなければならない。

以上から、社会の実態に合わないからと言って憲法の文字・文言を軽く扱ったり、無視したりすることは絶対に許されない。つまり立憲主義国家を維持するためにはどうしても憲法の字句解釈にこだわらざるを得ない。それはたとえ国家の命運の分岐点にもなる安全保障の領域においてもだ。もちろん国民の生命財産を守るために権力者が最後の最後に憲法に抵触する行為をする場合もあるだろう。ただそれは普段は字句解釈にこだわり続け、最後には権力者が全責任を負った上で憲法に抵触する行為をするという非常事態であって、字句解釈を軽んじる話ではない。また別の機会で論じるけど、こういう考えの下、僕は非常事態をあらかじめ想定して内閣に強大な権限を事前に与える非常事態条項を憲法に入れることには反対だ。権力者にはギリギリまで憲法解釈を意識させ、最後の最後のところでは憲法に抵触することがあったとしてもそれは仕方がないというのが持論。あくまでも権力者にはとことん憲法の文言・文字を意識させる。

他方、社会の実態からかけ離れた憲法の文字・文言はその都度変えていくべきだ。なぜなら変えることが大変だからと言って憲法の文字・文言をそのままにしておくと、社会の実態に合わない文字・文言は結局のところ無視されるか、軽く扱われることになるからね。憲法が軽く扱われてしまう雰囲気が少しでも生じると憲法の力があっという間に弱まってしまう。それくらい憲法の力の根源は脆弱。今の日本国憲法9条はそのような危機的状況になっている。

憲法というのは最高権力者の権力を縛るという強烈な力があるにもかかわらず、その力の根源は非常に脆弱だというのが憲法の本質。憲法学者をはじめとする自称インテリたちはこういう切り口では憲法を語れない。これは権力を実際に預かり、憲法も学問的に追求してきた僕の専売特許だね(笑)

※本稿は、公式メールマガジン《橋下徹の「問題解決の授業」》vol.69(8月29日配信)からの引用・再編集版です。もっと読みたい方は、メールマガジンで!! 今号は《守らなければならない。だから変えるべき――僕が考える憲法改正》特集です。