南北朝時代の「観応の擾乱(かんのうのじょうらん)」。室町幕府の内紛のことだが、その実態は奇怪で複雑なことで知られている。中公新書の『観応の擾乱』(亀田俊和著)は、この史実をわかりやすく1冊にまとめたものだ。中公新書では同じ狙いの歴史解説書『応仁の乱』(呉座勇一著)が大ヒット中。現在2冊は事実上のシリーズとして書店に並んでいる。いまなぜか注目が集まっている「奇怪な内乱」の概要を、抜粋して紹介しよう――。

※以下は亀田俊和『観応の擾乱』(中公新書)の「終章 観応の擾乱とは何だったのか?」からの抜粋です。

「応仁の乱」よりダイナミック

ここまで観応の擾乱(かんのうのじょうらん)を中心に、その前後の戦乱の様相をできる限り詳しく紹介してきた。改めて見て、実に奇怪な内乱である。

四条畷の戦いで難敵楠木正行(くすのきまさつら)に勝利し、室町幕府の覇権確立に絶大な貢献を果たした執事高師直(こうのもろなお)が、わずか1年半後に執事を罷免されて失脚する。だがその直後に数万騎の軍勢を率いて主君の将軍足利尊氏邸を包囲し、逆に政敵の三条殿足利直義(あしかがただよし)を引退に追い込む。

ところがその1年あまり後に、直義が宿敵の南朝と手を結ぶという奇策に出る。今度は尊氏―師直を裏切って直義に寝返る武将が続出し、尊氏軍は敗北して高一族は誅殺される。

だがそのわずか5ヵ月後には何もしていないのに直義が失脚して北陸から関東へ没落し、今度は直義に造反して尊氏に帰参する武将が相次いで、尊氏が勝利する。そして、その後も南朝(主力は旧直義派)との激戦がしばらくはほぼ毎年繰り返されるのである。

短期間で形勢が極端に変動し、地滑り的な離合集散が続く印象である。このような戦乱は、日本史上でも類を見ないのではないか。たとえば応仁の乱も長期にわたって戦われたが、優劣不明の接戦が延々と続く感じで、観応の擾乱のようなダイナミックな攻守転換はそれほど見られないと思う。

なぜ「乱」ではなく「擾乱」なのか

そもそも観応の擾乱は、なぜ観応の擾乱というのであろうか。応仁の乱などのように、「観応の乱」とはなぜ言われないのだろうか。

観応年間の戦乱を「擾乱」と表現すること自体は、当該期から見られる現象である。たとえば、『園太暦』観応2年(1351)正月14日条には、「世上擾乱」と記されている。観応3年7月24日制定室町幕府追加法第56条には「諸国擾乱」、延文2年(1357)9月10日制定同追加法第79条には「観応以来、追年擾乱」と出てくる。『師守記』貞治6年(1367)5月4日条には、「観応擾乱」とそのままの表現が登場する。

ただし、「擾乱」という言葉は本来は一般名詞で、観応の内乱以外の戦乱も「擾乱」と表現する事例が多数存在する。歴史用語としての「観応(の)擾乱」が登場するのは、いつ頃からなのであろうか。

明治時代以降、『大日本史料』の編纂事業が続けられているが、同史料集が観応の戦乱を「擾乱」と称したのは、観応2年3月30日条の注記で「京都擾乱」とあるのみである。それどころか、同史料集が他の戦乱を「擾乱」と称した事例が比較的多数存在し、擾乱が観応限定の固有名詞でなかったことをうかがわせる。

近代実証主義的歴史学の祖とされる久米邦武の『南北朝時代史』(1907年)にも、擾乱の語は登場しない。単に「幕府の内紛」と記されるだけである。田中義成『南北朝時代史』(1922年)にも、「足利氏の内訌」とあるのみである。黒板勝美『国史の研究 各説下』(1936年)にもこの語は出てこない。

考えてみれば、戦前は南朝が正統とされ、歴史書も南朝年号で記述されていた。北朝年号を冠した「観応の擾乱」なる歴史用語が存在しなかったのも当然である。ただし、今までの幕府対南朝の戦争とは異質の、新たな局面に戦乱が移行したとの意識は漠然ではあるが出てきているようである。

筆者が調べた限りで、歴史学の用語としての「観応の擾乱」は、林屋辰三郎『南北朝』(1957年)まで遡る。しかし、その定義は「後村上天皇側から見た「正平の一統」の過程は、武家側からは「観応の擾乱」といわれる」とあり、足利氏の内紛とみなす現代の解釈とはかなり趣が異なる。またこの見解には、南朝を正統とするため、南朝の歴史を中心に据えて論じる戦前の歴史学の影響が残存している。

比較的新しい歴史用語

しかも戦後の南北朝史研究の金字塔となり、現代も同分野の必読文献となっている佐藤進一『南北朝の動乱』(1965年)は、林屋著書から8年後に刊行された著書であるが、「観応の擾乱」の語は登場しない。5ヵ月の講和期をはさみ、「第一次の分裂」「第二次の分裂」と表現されている。この段階では、「観応の擾乱」は歴史用語としての確固たる地位を占めていなかった模様である。

しかし、その翌年小川信「守護大名細川氏の興起――その三」(1966年)が公表された。この論文の第三節が「観応擾乱と細川顕氏」と題され、本文にも「観応の擾乱」という表現が登場する。

小川信は、細川・斯波・畠山の室町幕府三管領家に関する重厚な研究で知られる、佐藤進一氏と並ぶ南北朝時代政治史研究の第一人者であった。こうした研究者が「観応の擾乱」を使用したことにより、この言葉が徐々に歴史用語として普及していったとおぼしい。定義も、足利氏の内訌という現代的な解釈が一般的となった。

すなわち「観応の擾乱」は、約半世紀前に確立した比較的新しい歴史用語なのである。本章では、観応の擾乱の原因を考察し、擾乱が室町幕府にいかなる変化をもたらし、鎌倉幕府の模倣から足利氏独自の政権へどのように改造したのかを論じたい。

成り上がり者が強力な軍団を形成

まず、足利直義と高師直の対立に関する佐藤進一氏の定説的見解は以下のとおりである。

名門御家人出身である足利直義の政策は、基本的に鎌倉幕府的秩序を尊重し、維持することであった。そのため直義は寺社・公家層をはじめとして、地方の有力な御家人(特に惣領)や足利一門、幕府奉行人層に支持された。地域で言えば、東国の地頭層に支持される傾向があった。

高師直の志向は、直義の目標とは正反対である。彼は朝廷や寺社といった伝統的な権威を軽視し、武士の権益を拡大することを目指した。そのため師直は畿内の新興武士層や地頭御家人の中でも庶子に属した武士たち、足利一門でも家格の低い譜代層に支持され、強力な軍団を形成した。むろん、師直自身も成り上がり者であった。

要するに、直義は保守的で秩序の維持者、師直は急進的で秩序の破壊者、これが対立の原因になったとするのが佐藤説である。しかし近年は、この説に対する疑問も徐々に呈されている。

とにかく支持関係が入り組んでいる

第一に、両者の支持層はそこまで明確に区別できるのであろうか。

たとえば石塔頼房(いしどうよりふさ)。彼は直義の熱烈な支持者であり、直義軍の中核として活躍し、直義の死後も反尊氏を貫く。だが石塔氏は鎌倉期には朝廷の官職に任命された形跡もなく、足利一門内における家格は低かったと思われる。勢力基盤も伊勢・志摩両国で、直義死後も摂津や丹波で活動しており、むしろ近畿地方周辺の新興武士層の多くを配下に組織していたと思われる。

また観応の擾乱第二幕で最終的に尊氏の勝利を決定づけたのは、宇都宮氏綱(うつのみやうじつな)など東国の外様の武士たちであった。彼らはその後も尊氏に従い続け、武蔵野合戦や対足利直冬(あしかがただふゆ)戦争に多大な貢献を果たした。これも、東国が直義の地盤であったとする見解と矛盾する。

加えて幕府で訴訟などの実務を担った奉行人はほぼすべて直義派とされてきたが、粟飯原清胤(あいひらきよたね)や安威資脩(あいすけなが)といった、尊氏―師直派に所属した奉行人も知られる。また、直義の敗北後に幕府に帰参した奉行人もかなりいるらしい。

さらに足利直義自身が妾腹の子で、戦乱が起きなければ足利氏庶流になる運命だった要素も看過できない。その影響であろうか、彼は幕府の人事で実力主義を貫き、家柄を誇ることを戒めたと後に九州探題を務めた今川了俊(いまがわりょうしゅん)が著書『難太平記』で証言している。単に鎌倉以来の伝統的な武士というだけでは直義に重用されなかったことは、高師秋を見ても首肯できる。

なお、高師直も新興武士層の代表格のようにみなされてきたが、近年の研究では北条氏や足利氏の譜代の家人(「御内人」「御内」)の多くが幕府御家人も兼ねていたことが解明されてきている。師直もまた、というより彼こそが東国の伝統的な御家人階層出身の保守的な武士だったのである。

「守護」の役割とは

第二に、師直の軍団についても過大評価はできない。師直の軍事的権限は、基本的に他の守護たちと同格であった。高師泰(こうのもろやす)が侍所頭人を務めたことが軍団形成に大きく寄与したともされてきたが、彼が侍所だったのは幕府草創のごく一時期にすぎない。高一族では、かろうじて南宗継(みなみむねつぐ)が暦応元年(1338)から翌2年にかけて侍所頭人となったにすぎず、直義派の有力者であった細川顕氏(ほそかわあきうじ)の就任期間の方がはるかに長かったほどである。

そもそも軍事指揮権も侍所も、当時は三条殿足利直義が掌握していた。師直や師泰は直義からその権限を委任されて、現地の指揮官として北畠顕家(きたばたけあきいえ)や楠木正行と戦ったのである。

また高一族の守護分国についても別の機会に詳しく検討したことがあるが(『高一族と南北朝内乱』)、彼らの分国は主君足利氏が鎌倉期に守護を相伝した三河および武家政権の聖地である武蔵を除いて、全国に散在し、在任期間もごく短かった。

足利直義が制定に深く関与した『建武式目』の第七条は、守護職は軍忠に対する恩賞であるとする考えを明確に否定し、守護は古代律令国家の国司に相当する役職で、家柄や世襲ではなく能力で守護の人選を行う方針を謳っている。国は守護の私物ではないとするいわゆる「守護吏務観」であるが、この守護吏務観にもっとも忠実だったのが高一族なのである。

そして実際、たとえば和泉国の田代氏・淡輪氏・日根野氏といった国人は、細川顕氏(直義派)→高師泰(師直派)→畠山国清(直義派)と守護が交代するたびに所属を変えており、師直派は畿内国人を完全には掌握しきれていない。

党派対立がない戦 

第三に、最大の問題は、この説では擾乱の急激な展開をうまく説明できないことである。いくら当時の武士たちがたやすく勝ち馬に乗る存在だったとしても極端すぎる。両派の政策志向や支持基盤が明確に異なっているのであれば、これほど頻繁には武士たちの離合集散は起こらないと考える。

また、伝統的な武士層や寺社勢力と新興武士層の対立は、擾乱の後はどうなったのだろうか。この問題についても、先行研究は「将軍権力の一元化」と抽象的に表現するのみだ。両者の対立は具体的にどう解決されたのか。これは南北朝時代の政治史最大の問題である。

要するに、直義と師直の支持層に明確な相違があったとする佐藤説は、例外が多すぎるのである。そもそも擾乱第一幕で直義派に所属した守護たちは、桃井直常(もものいただつね)・石塔頼房・上杉憲顕(うえすぎのりあき)などを除いて、大半が直義優勢が明確になってからその旗幟を鮮明にした者ばかりである。山名時氏(やまなときうじ)・佐々木六角氏頼(ろっかくうじより)・上杉朝定(うえすぎともさだ)・同朝房(ともふさ)といった直義派の中核とみなされることが多い武将でさえ、八幡の直義の許へ奔った時期は相当遅い。

明確な支持層の違いなど存在せず、両派は基本的に同質であった。否、そんな党派対立など存在しなかった。明確な派閥が形成されはじめるのは、どんなに早く見積もっても貞和4年(1348)正月の四条畷の戦い以降であった。そして一部の武将を除いて、その構成も最後まで流動的であったとするのが筆者の意見である。

亀田俊和(かめだ・としたか)
国立台湾大学日本語文学系助理教授
1973年、秋田県生まれ。97年、京都大学文学部史学科国史学専攻卒業。2003年、京都大学大学院文学研究科博士後期課程歴史文化学専攻(日本史学)研究指導認定退学。2006年、京都大学博士(文学)。現在、京都大学文学部非常勤講師。17年8月より国立台湾大学日本語文学系助理教授