時代を読むためには頭を使った読書をするべきだ

日本のビジネスマンは、よく勉強している人でも、実は業務に関係する情報を拾い読みしているだけになっていることが多い。私もNHKに勤務しているときはそうだった。しかしそれでは、日常の疑問を解決する程度の、いわばフローの情報しか身につかない。物事の本質を理解し、将来を予測するには、普段から多少学問的で、いわば自らのストックとなる本を意識して読むべきだ。

サブプライム危機直前に原著が発売された『ブラック・スワン』は、昨今の金融危機を予告していた稀有な本だ。経済危機を引き起こすのはヘッジ不可能な不確実性であり、それを回避する難しさと金融工学の限界を示唆している。多少難解なところもあるが、金融危機を理解するためには、最低でもこれくらい歯応えのある本を読む必要がある。『10万年の世界経済史』は、数量経済史を扱った本だ。人口動態で、10万年という大きなスケールで歴史を分析しようと試みている。人口ですべてが説明できる、という結論には賛成できないが、試みは非常に興味深い。『個人主義と経済秩序』は市場の本質を突いた本だ。最近は、米国型の市場主義経済の功罪に関する議論が盛んである。市場万能主義からの「転向」を表明する経済学者まで現れている。しかしこの本を読めば、そういった議論のほとんどが、フローの情報に基づく浅い議論にすぎないということがわかるだろう。

農協、保険、政治……本質を見つめ直して先読み力を

考える力の基本は正しい知識や経験によって現状を正確に認識することです。たとえば、最近、誰もが「100年に一度」というフレーズを使っていますが、これはグリーンスパン米連邦準備制度理事会前議長が金融市場について語った言葉で、それが世界経済全体の代名詞のように使われている。そんな事実を理解している人はどのくらいいるでしょうか。

知っているようで本質を理解していなかったということは多々あるのです。たとえば、事実が巧妙に覆い隠された社会の現状を見つめ直す本を手に取ることから始めてほしい。『世襲政治家がなぜ生まれるのか?』は日本の民主主義の根幹について問題提起をしています。『生命保険はだれのものか』は、深い知識と経験で日本の生命保険の実態を解明しています。

現実を把握しつつ、経済学の基礎や大枠を学ぶとよいでしょう。『コア・テキスト経済史』は、経済史をはじめて学ぶ学生向けのテキストですが、歴史上存在した経済的制度・組織が担ってきた役割がわかりやすく書かれています。

問題の全体像をまずつかみ、そして課題を把握したら、なぜそれが起こっているのか、その結果どうなるのか、考えてみる。「なぜ」を5回繰り返すのもよいでしょう。そうするうちに世界や日本の現実、課題は何か、その解決策は、と考える力がついてくる。目の前の仕事や情報をただ処理するのではなく、先を見据えて思考を深めることが最も大切に思われます。

池田信夫が薦める21冊一覧

■『アニマルスピリット』 ジョージ・A・アカロフ/ロバート・J・シラー著 東洋経済新報社
…天才アカロフが、平易な表現で「信頼」形成の重要性を説く。市場が的確に理解できる。
■『市場の変相』 モハメド・エラリアン著 プレジデント社
…世界中の金融当局者が読んだであろう、世界経済と金融危機を理解するための必読書。
■『コルナイ・ヤーノシュ自伝』 コルナイ・ヤーノシュ著 日本評論社
…ハンガリーにおける社会主義政府の中枢で計画経済を動かしていた著者の自伝。
■『ブラック・スワン』(上・下) ナシーム・ニコラス・タレブ著 ダイヤモンド社
■『10万年の世界経済史』(上・下) グレゴリー・クラーク著 日経BP社
■『最底辺の10億人』 ポール・コリアー著 日経BP社
…途上国における開発政策の矛盾を明らかにし、貧困問題の真相に迫る。
■『テロと救済の原理主義』 小川 忠著 新潮選書
■『クラウド化する世界』 ニコラス・G・カー著 翔泳社
■『秘密の国 オフショア市場』 ウィリアム・ブリティン・キャトリン著 東洋経済新報社
■『禁断の市場』 ベノワ・B・マンデルブロ/リチャード・L・ハドソン著 東洋経済新報社
■『まぐれ』 ナシーム・ニコラス・タレブ著 ダイヤモンド社
■『資本主義と自由』 ミルトン・フリードマン著 日経BP社
…古典だが、その指摘は今も全く色あせない。今後を見通すためにも必読の書。
■『現代の金融政策』 白川方明著 日本経済新聞出版社
■『市場リスク:暴落は必然か』 リチャード・ブックステーバー著 日経BP社
■『紛争の戦略』 トーマス・シェリング著 勁草書房
■『個人主義と経済秩序』 F・A・ハイエク著 春秋社
■『戦後日本経済史』 野口悠紀雄著 新潮選書
■『オークションの人間行動学』 ケン・スティグリッツ著 日経BP社
…実験経済学の成果を踏まえて、ゲーム理論の最新の成果を面白く伝えている。
■『暴走する資本主義』 ロバート・B・ライシュ著 東洋経済新報社
…米国の元労働長官が資本主義変質の影響を説く。米国 の未来が予測できる一冊。
■『スティーブ・ジョブズの流儀』 リーアンダー・ケイニー著 ランダムハウス講談社
■『さらば財務省!』 高橋洋一著 講談社 

川本裕子が薦める23冊一覧

■『世襲政治家がなぜ生まれるのか?』 福田 博著 日経BP社
…元最高裁判事が、1票の格差合憲論とニッポン民主主義を斬る。
■『生命保険はだれのものか』 出口治明著 ダイヤモンド社
…日本の生命保険が抱える問題を、ネット生保会社社長が暴く。
■『コア・テキスト経済史』 岡崎哲二著 新世社
…制度と組織から経済史を解説する。経済初心者向けのテキスト。
■『農協の大罪』 山下一仁著 宝島社新書
■『電波利権』 池田信夫著 新潮新書
■『ランチタイムの経済学』 スティーヴン・ランズバーグ著 日経ビジネス人文庫
■『ヤバい経済学』 スティーヴン・D・レヴィット/ステファン・J・ダブナー著 東洋経済新報社
…米国の若手経済学者が、日常的な通念をユニークな分析でひっくり返す。
■『アメリカの高校生が学ぶ経済学』 ゲーリー・E・クレイトン・大和総研教育事業部著 WAVE出版
…全米ロングセラー。身近な話題をベースに、実践的な経済学を解説した本。
■『検証 格差拡大社会』 上村敏之・田中宏樹編 日本経済新聞出版社
■『「最後の社会主義国」日本の苦闘』 レナード・ショッパ著 毎日新聞社
■『日本マスコミ「臆病」の構造』 ベンジャミン・フルフォード著 宝島社
■『石橋湛山評論集』 石橋湛山著 岩波文庫
■『文明論之概略』 福沢諭吉著 岩波文庫
■『私の個人主義』 夏目漱石著 講談社学術文庫
…夏目漱石の機知に富む講演5本を取り上げた本。
■『現代政治の思想と行動』 丸山眞男著 未来社
■『Thatcher’s Britain』 Richard Vinen著 Simon and Shuster(※邦訳版は未出版)
■『敗北を抱きしめて』 ジョン・ダワー著 岩波書店
■『世界一やさしい問題解決の授業』 渡辺健介著 ダイヤモンド社
■『空へ』 ジョン・クラカワー著 文春文庫
■『稼ぐ妻・育てる夫』 治部れんげ著 勁草書房
■『隷属への道』 F・A・ハイエク著 春秋社
…自由に基づく思想を築いた思想家の代表作。
■『反古典の政治経済学要綱』 村上泰亮著 中央公論新社
■『ロジカル・シンキング』 照屋華子・岡田恵子著 東洋経済新報社刊